ただあるがままに       姫野 修一郎

アクセスカウンタ

zoom RSS う〜ん、はて人生に何を望むか?

<<   作成日時 : 2017/09/11 16:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 9・11(月)


    う〜ん、はて人生に何を望むか    
     

 姫野です。
 今のところ京都はくもりのお天気です。
 まだ動くと暑いのですが風は確実に涼しくなっています。 

 ど〜もいかがお過ごしでしょうか。
 僕は珍しく月曜日休みで、
 今珍しく昼にこれを書いています。


 人の運命の面白さの話です。
 ロサンジェルスでは都ホテルに宿泊しました。
 その1階の売店で今年68歳という日本人
 女性とちょっとお話をしました。

 その方は、日曜日のみ、ここの売店でパートで
 働いているとのことです。


 「ロサンゼルスで暮らすなんて全く思っても
  いなかった」という
 その女性のお話が面白いと感じました。


 その方は兵庫の生まれで、大学を出て
 東京のポーラ化粧品の本社に勤めてらした
 のですが、結婚したご主人がロサンゼルス勤務
 になりご主人についてきたそうです。

 家で何もしないのもつまらないので
 どこかで働こうかと思い、新聞で知って
 海苔の工場の会社に面接に行きました。

 面接して、「とても私には勤まりそうもない」
 と感じたので断ったところ

 「まあいいから2・3時間でもいいから
  ちょっと働いてみて」と言われて
 教わりながらなんとか働いていたそうです。

 そうしたら
 ご主人の知り合いの山本山の海苔の工場の会社
 から電話があり
 「海苔を扱っているならぜひウチで働いて
  くれないか」ということで山本山で働くこと
 になり、以来、平日は山本山の工場の事務で働き、
 日曜日は頼まれて都ホテルの売店でパートを
 している。のだそうです。

 ご主人は数年前に亡くなられて、今は息子や孫に
 会うのが楽しみだとおっしゃいます。


 「へ〜、山本山の海苔の工場なんて、ロサンゼルスで
 商売になるんですか」と僕。

 ところが、これが日本食のすしのお店がアメリカで
 増えて「生産が追い付かない」くらいなのだそうです。

 工場では今英語の分からないメキシコ人が8割で
 スペイン語が必要になってきている。

 「だから私も自然にスペイン語を少し覚えたの。
  もう今はアメリカの工場で働くなら、英語だけじゃ
  なくスペイン語も必要になってきてるのよ」

 息子さんと娘さんは共に州外で働いていて
 はじめ金融の会社に勤めていたのですが辞めて、
 今は在宅でインターネットでファイナンスを
 して暮らしているとのことです。

 「時代は変わったわね〜。もう会社勤めではなく
  在宅でインターネットで仕事して暮らせる時代に
  なっているなんて」

  なんとなく
  アメリカ西海岸の今の一端が垣間見れるお話です。
 

 「人生ってどう展開するか本当にわからないわ。
  私もアメリカで暮らすなんて若いときには
  全く思っていなかったのに…」

 
 とても感じのよい方でした。
 女性ならではの人生の展開の面白さがありますね。 
  
 
 
 さて
 幸せのために宗教は必要かという話を
 していました。まあその話の延長です。

 人は人生に、宗教に何を望むか
 という話をさせてください。

 どうでしょう。

 あなたは宗教に何を望みますか?

 無宗教なら
 人生に何を望みますか?


 僕は人により
 大きく3つのタイプがあると思います。

 1 とにかく現世利益
   自分の望みを叶えて欲しい
   そのために神様仏さまに祈る


 2 善をなしたい
   真面目な方で、人として正しく生きたい。
   人に迷惑をかけず、善人として人生を暮らしたい。

   そのために宗教を学び祈る

 3 さとりを得たい
   さとりを得て人生でなにがあっても
   揺らぐことのない深いこころの平安を求める人
   そのために修行をいとわない人


 宗教に対する態度で、
 その人が人生をどう捉え、どう過ごしたいのか
 この3つのどのタイプかでも少しわかります。

 宗教団体もこれに応じて
 自分の宗派、団体、お寺や神社の宣伝をします。


 どのタイプがよいのか悪いのかということは
 ないと思います。

 ただ僕は思うのですが
 1から2へ2から3へと進む人も
 多いだろうと考えます。

 でもそれでも多くの人は
 少し宗教を学んでも
 まだ自分の今の人生がよく分かりません


 真の宗教と呼べるには
 まだ先がある

 真の宗教の教えは
 現世利益・善と悪・さとりへの欲求を
 超えたところにある


 自分の自我の働き、こざかしい思慮分別
 を超えて「ただあるがままにある」

 大いなる働きのなかに身をゆだねる
 いわば大いなる愛の流れに身をゆだねる
 その中にしかない


 この混沌とした、ある意味、でたらめがまかり通り
 矛盾だらけの面白くもない世間のただ中で
 そう言っている自分もどうしようもないなまけ者で
 愚か者のただ中で


 今、ここ、自己の直下に極楽浄土を観る
 今、ここ、自己の直下に深いしあわせと歓びを観る


 それを教えて下さるのが
 真の宗教、真の僧侶だと僕は思います。

 今の日本で
 こうしたごく初歩的な宗教理解
 宗教教育がなされてなくて
 信頼してよい、よい語り手も少ない
 「それは幸せのためには残念なことだな〜」
 
 そう感じて僕は「誰かのお役に立てれば」と
 こんなことを書いているわけです。

 道歌に曰く


  わけ登る ふもとの道は 多けれど

    同じ高嶺の  月を見るかな


 さて
 あなたはいかがでしょうか


 まあ、変な宗教や教祖に引っかからずに
 人生を考え、宗教を考えるときの
 ひとつの参考にしていただけると
 ありがたいと思います。 
 


 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
う〜ん、はて人生に何を望むか? ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる