アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ただあるがままに       姫野 修一郎
ブログ紹介
zoom RSS

あなたの反応のクセは?

2019/03/19 23:47
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・19(火)


   あなたの反応のクセは?

   
 姫野です。
 今日京都は、晴れのまだ少し寒い
 春先の一日でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。


  忘れては うちなげかるる 夕べかな

   我のみ知りて  過ぐる月日を
    
           式子内親王

 (意)  
  「忘れては」という言葉は、
  後半の「我のみ知りて…」にかかります。

  あなたへの想いを、誰にも告げてないし
  お付き合いもしていないのを
  つい忘れては、夕べにあなたが通ってきて
  下さらないのをつい嘆いてしまうのです。

  繊細で内省的な式子内親王らしい
  上手な歌です。


 私たちは、育った環境・文化・家庭・教育
 等により、知らず知らず、つい決まった反応
 決まった認知の仕方のクセを身につけています。

 たとえば、あるタイプの人の、態度や食べ方
 などにしても、反射的に「嫌・苦手!」
 などと反応したりします。

 それは、自分が客観的に絶対的に正しいとか
 いうものでなくても、自動的に反応してしまいます。
 それが変だと、その人を不幸にすることの
 ひとつとなります。

 自分の認知のクセを知って
 「それにいちいち反応して騒がない」というのも
 快適に人生を過ごすためには大切です。
 

 さて
 それに関連して、仏教の教えで
 今日は2つのクセを憶えておくと
 幸せに生きられるというお話です。

 1 「できるだろうか」と思ったとき。

 人生では知らないこと、未経験で不確かなこと
 にも必ず遭遇します。

 「あれ、私にできるだろうか」
 「私に乗り越えられるだろうか」
 という不安に襲われます。
 

 ブッダは弟子たちに繰り返し教えています。
 
 「私にさとれるだろうか」
  そんな疑問が起こったとき

 その答えは、必ず
 「できる」でなければならない。


 そう、今すぐではないかもしれないけれど
 反応は「できる」です。
 


 2 思い通りにならなくて嫌になったとき

  「思い通りにならない」
  「思い」それは自分の頭で考えた分別です。
 
   執着・分別を捨てる。

  この世には分別を超えた世界がある
  大いなる働きの世界がある
  (いわば仏の世界といってよいでしょう)

  自分の小さい経験・狭い知識で生まれた
  「自分の分別」

  それを超えた世界があり
  その大いなる働きに
  「委ねる」「おまかせする」
  
  自己の分別を捨てる、離れる
  おまかせして生きる

  というクセをつける。

 この2つの反応のクセを心がけると
 人生が楽になります。

 「できるだろうか」 
 「できる」

 「面白くない」 
 「分別を捨ておまかせする」 
 
 さて 
 あなたの反応クセは
 普段いかがでしょうか?


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


浮世をすねて哲学の道

2019/03/15 21:07
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・15(金)


    浮世をすねて哲学の道
 
  
 姫野です。
 今日京都は、晴れの穏やかな一日でした。
 でも、これから下り坂で雨になるとのことです。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 今日も浮世をすねて、気ままに生きてる
 僕ですが、あなたもきっとそうでしょう。
 (コラ!勝手に決めるな)

 いや、僕については、まあ半分本当です。
 もちろん、今の世を楽しく過ごされている
 方も多いでしょう。

 しかし、世の在り方を見ていると
 本質をしっかり議論せずに、
 どうでもいいようなことを空騒ぎしている。
 そして本質を上手に避けて、ごまかしている。
 そんなことが多い。

 特に政治家の議論・マスコミを見ていても
 また仕事をしていてもよくそう感じます。
 

 もう嫌になるのです。

 「悪いが僕は、はずれさしてもらう」
 僕個人は、もう30歳を過ぎてきから
 そんな感じで人生を過ごしている気がします。

 しかし
 そうはいっても、この世に生きて
 他の方に迷惑をかけないように
 自分の暮らしはたてていかなければなりませぬ。

 まあそこらあたりが
 悩ましいところです。


 さて
 そこで、今日はいつもと違って
 くだけた僕の歩きのリハビリの話です。

 3月末から仕事に復帰するのに
 僕は今、まだ歩くのがとてもきついのです。

 少しだけ坂の道を100メートルくらい歩いても
 「ふうふう」言ってしまいます。
 少し休むとすぐ回復するのですが
 脚や息がきついのです。
 

 これではいけないと
 今日は、歩きのリハビリで「哲学の道」を
 歩きに行きました。

 京都市営地下鉄の「石田」駅から「蹴上」駅
 で降りて、南禅寺に向かいます。

 国際交流会館の前に、レストランの案内があり
 「鯛のお茶づけ」のメニューが出てました。

 「おお、丁度、昼餉どき、ひとついただいてくれよう」
 と2Fの眺めの良いレストランに入り、いただきました。

 鯛の刺身と玄米ご飯に、土瓶のだしをかけて
 お茶漬けをいただきました。(1200円)

 もう、その美味しいの美味しくないの
 (どっちだ!)
 いや美味しくいただきました。

 皆さんも何かの折には、
 南禅寺近くの国際交流会館2Fのレストランを
 ご利用してみて下さい。
 まあでも、南禅寺は湯豆腐も捨てがたいです。

 それから、南禅寺を抜けて、永観堂の前を通り
 哲学の道を歩きました。

 哲学の道は春の桜の頃は
 もう嘘のようにきれいです。
 一度、あなたにも桜の頃におとづれていただきたい。
 とお薦めのスポットです。
 
 もう、休み休みで、銀閣寺前までやっと到着。
 銀閣寺参道を登り、山門前のお店で
 「抹茶ソフト」(300円)をいただきました。

 拝観料ももったいないので銀閣寺には入らず
 しばらく休んで
 また、哲学の道を折り返します。
 帰りも、途中の石のベンチで休み休みです。
 
 小川の水の流れと、緑に癒されます。

 永観堂の門前におそば屋さんがありました。
 おトイレを借りるのと、小腹もすいたので
 入りました。
 「しっぽくそば」(650円)をお願いしました。
 「う〜ん、まずまず」と美味しくいただきました。

 それから
 また南禅寺を抜けて
 疎水沿いに平安神宮の大きな朱の鳥居前の
 セブンイレブンで100円のコーヒーをいただいて
 鳥居を眺めながら一休み。

 そして、市営地下鉄の「東山駅」から乗って
 「石田」駅まで戻りました。

 今日の浮世すねものの僕の
 歩きのリハビリの1日でした。


  ながめつる けふは昔に なりぬとも

    軒端の梅は  われを忘るな
 
             式子内親王
 
 本当に
 今日もすぐ昔になってしまいます。
 

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたの究極の根源は何か?

2019/03/12 20:47
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・12(火)


    あなたの究極の根源は何か
 
  
 姫野です。
 今日京都は、晴れの少し風の強い一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 先日の土曜日、もう10年以上も
 僕のメルマガをお読み下さっている
 女性の方から、
  京都に行くついでに、リハビリ中で悪いが
 2・3時間程度お会いできないかというメールを
 いただきました。

  僕も、リハビリにはむしろ丁度よいので
 真言宗智山派総本山 智積院に一緒にお参りして
 お庭を眺めながらお話しました。
 (拝観料 500円)

 智積院は今、いろんな梅が咲いていて
 とても素敵です。

 また、ここの名勝庭園は一度見ておいて損はない
 と保証できる、とてもよいお庭です。
 (いやまあ、僕の好みなのです)


 彼女は、僕が以前東京でセミナーをやっていたときに
 来てくださっているので、初対面ではありません。

 それで、かなり突っ込んだスピリチュアルな
 話が、いきなりできます。
 

 さて
 そこで、自己の本質・根源は何か
 という話になりました。

 あなたは、自分の究極の根源は何か?
 自分というのは結局何だと思いますか?


 不滅の幸せをつかむには
 ぜひ、しっかりと考えておくとよい問いです。


 「意識」と「愛」ではないか。

 人は意識と愛を根源的基礎として創られている

 ここをしっかり身体でつかむと
 このいろいろと面白くないことも多い人生を
 幸せに生きていける。

 という話になりました。

 どうでしよう。
 あなたの感覚ではいかがでしょうか?

 普通の方には「姫野さん、あやしい〜〜〜」
 などと感じられる話かもしれません。

 まあでも、僕はそう感じるのです。

 楽しくお話して
 ぶらぶら歩いて京都駅まで戻り
 お別れしました。


  うぐいすの 声遠き日も 暮れにけり

              蕪村

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


学生の就職先

2019/03/08 08:33
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・8(金)


   学生の就職先
  
   
 姫野です。
 京都は、昨日は雨でした。
 今朝は、薄日がさす雲が多めのお天気です。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 金曜日の朝に書いています。
 おととい、リハビリで少し無理して歩き回って
 昨日はその疲れからか、一日寝てました。
 それで、今日は朝早くから起きてるわけです。

 今、時間が取れるので
 仏教の教えだけでなく、いろんな面白そうな
 ものも追いかけています。

 私の仕事が現役大学生対象なので
 学生との話の相談の話題のひとつとして
 就職先も話題になります。

 それで、今復職までに、
 少しいろんな企業の動きもみています。

 学生の就職先の人気も大きく変化しています。
 特に多くの学生を吸収していた
 銀行・保険が先行きがみえなくなりました。
 地銀・信用金庫などの業務は、
 「もうどうなるか分からない」という状況です。

 今のままの業務であれば、
 もう店舗閉鎖・縮小しかないと思います。

 しかし
 今ある仕事の6割は、10年前には
 存在していなかった。
 と言われるほど、変化が激しい時代です。

 次々に新しい仕事もまた
 誕生してきます。
 また、海外にも活躍の場は多いです。
 学生の方には、
 変化を活用して、人生を楽しんで欲しい。
 そう願います。
 
 そう、また
 それに関連して、ドイツ銀行の破綻
 中国バブルの崩壊による、世界不況が
 どうなるかも、気になるところです。

 ドイツ銀行の破綻・中国バブルの崩壊も
 ほぼ避けられなくて、後はいつ来るかだけ。
 そう言われて、もう数年たちますが
 本当に、「いつ頃になるだろうかな〜」
 などと、破綻があってもほとんど影響の
 ない僕などは、のんきに考えています。

 経済などは、破綻しても
 自然の大災害と異なり
 直接命にはかかわりません。

 人が創ったシステムですから
 上手に世界の経済システムを動かし
 変化させていけば
 乗り切れる問題です。
 そこのところが、世界の指導者の
 力量が問われる問題となることだと思います。

 僕は、もう古い資本主義の考え方
 今の経済システムは変えないと、
 人々を幸せにはしないと思います。
 

 さて
 幸せに生きるための教えの言葉
 ウダ―ナバルガより

 徳行をそなえ、法に従って生き、
 恥を知り、真実を語り、自分のなすべきことを
 行う人を、他人は好ましいとみなす。

 他人に愛される人は
 自分のためにも良いことをするのである。
  
          ブッダ(感興の言葉より)

 僕も
 なかなかできませんが、
 その通りだと思います。

 
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人はいさ 心も知らず

2019/03/02 10:04
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・2(土)


  人はいさ 心も知らず

   
 姫野です。
 今日京都は、薄日のさす、くもが多めのお天気です。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 今日は珍しく土曜日の朝に書いています。

 なんと、はや3月です。

   人はいさ 心も知らず ふるさとは

    はなぞ昔の  香ににほひける

               紀貫之
 
  (意)
   あの人の心は変わってないかどうか、それは
   わからないが、昔なじんだ土地に咲く
   梅の花の香は、昔と同じままなことだよ


 僕は、3月末の仕事復帰を目指して
 リハビリに取り組み始めたところです。

 昨日は、久しぶりに地下鉄に乗り、
 三条大橋のたもとの中華屋「眠眠」で、
 焼きそばと餃子のお昼をいただき(780円)
 ぶらぶら、散歩し、河原町の「丸善」で
 本をゆっくり眺めてすごしました。
 
 しかし、見てるとつい買いたくなり、2冊
 買ってしましました。

 僕も
 本は今はアマゾンで買うことが多くなりました。
 昔ながらの書店では、もうやっていけない
 時代が来ています。

 ホント、時代の流れは
 ぼんやりと商売している人にとっては、
 怖い、非情といえる面があります。

 新京極のドトールで、コーヒーとレタスドッグ
 (480円)をいただきながら、買った本を
 読み、4時半ごろ地下鉄で「醍醐」に戻り、
 スーパー平和堂で
 買い物をして帰りました。

 久しぶりに出歩いて
 とても疲れて、戻るとバタン・キューと寝て
 今日土曜日は、今ゆっくりと朝を過ごしている
 ところでありまする。


 さて
 幸せのための心の在り方として
 いつもながらではありますが、今日も

 慈しみのこころで
 徳をあがめ、お互いを尊重し
 相手の自由を害さないようにして
 譲り合い、こころから相手の幸せを願って
 内心で手を合わせて暮らしましょう。


 特に何宗というのではなくても
 素朴な宗教心というのは 
 人を幸せにしてくれます


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


みなさんありがとうございます。 なぜ生きる? う〜ん、わからない。

2019/02/23 01:44
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
2・22(金)


  みなさんありがとうございます。
  なぜ生きる? 
  う〜ん、わからない。
  
   
 姫野です。
 今日京都は雲が多めの冬の晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや〜、多くの励ましのお言葉を頂戴して
 ありがとうございます。
 個別にお返事するのも面倒なので(コラ!なまけ者め)
 まとめて、お礼を申し上げまする。

 幸せに生きたいと誰もが願い
 誰もがそんなに幸せでもないこの現実の世界

 「それはおかしい!」
 
 それが僕の素朴なこの世の疑問の
 出発点です。
 
 でも、何年悩んでも
 僕にはわかりません。

 でも、何年も悩んで、やっと
 よくわかっていることもあります。


 それは、僕の小賢しい頭の働きを超えた
 「大いなる働きの世界がある」

 自分の愚かしさを正直に見つめ
 「大いなる働きに感謝し、委ねる」という
 面が幸せにはとても大切だ

 その想いです。

 誰の中にもある
 素朴な宗教心と言ってよいと思います。
 

 楽しさ、華やかさの陰に、
 この世には悲しみも、苦しみにも満ちています。
 その中で、人は生きなければなりません。
 
 僕は、もう世界は、新しい経済構造
 新しい考え方、こころの在り方
 をする時代が来ている。

 今の世界の国会議員・地方政治家・官僚・マスコミ
 みんな言っていること、考えていることが
 もう古いです。ワンパターンです。
 安倍さん・トランプさんなどの
 そんな古い資本主義経済政策で
 格差の是正なども無理です。

 新しいお金の配分、経済システム・構造を考えるべきです。
 みんなが、飢えずに、よい教育をも受けられる
 夢のような世界は、実はもうそこに来ている!

 特に日本では今すぐにも可能になっている。

 後はみんなで意識を変えていき、
 新システムをつくる必要があるだけだ。
 (ただこれが難しい!)

 僕にはそう想えます。
 まあそんな想いから、生きているうちは
 こんなことも書いておいて
 少しでも幸せのお役に立てれば
 などと願うのでありまする。


 人は心愚かにかたくなで、正しい教えを
 信じようとしない。
 我がちに目前の快楽のみを追っている。
 愛欲に惑い、道徳をわきまえず、怒りに狂い
 財と色とをむさぼることは、
 まるで狼のようである。

 なぜ道を求めないのだろうか。
 何を期待して生きているのだろうか。
 一体どういう楽しみを
 欲しているのであろうか。
     
            仏説無量寿経より


 さて、
 あなたは人生に一体どういう楽しみを
 欲しているのでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都医療センターに入院していました。 慈悲のこころ

2019/02/21 00:58
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
2・20(水)


   入院してました。
   慈しみのこころ
  
   
 姫野です。
 今日京都は晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや〜、お久しぶりです。
 先月1月14日深夜
 僕は「解離性大動脈瘤」(かいりせい だいどうみゃくりゅう)
 という、心臓のすぐそばにある、動脈が裂ける
 という、症状に突然襲われ

 救急車で藤森にある国立京都医療センターに運ばれ
 集中治療室に即入院、3週間はそのままの姿勢で
 絶対安静という状況でした。

 全く予期もしていない病気で
 もう「その痛いの痛くないの」(どっちだ!)
 とても痛く、息もできないのです。

 「即入院、すぐ親族に連絡して呼んで」
 と医者の声

 「う〜ん、これで死ぬかもしれないのか?」
 「まあ、それならそれで、しょうがないよな〜」
 「こんな人生で良しとしないといけないのだろう」
 などと妙に冷静に思いました。
 
 しかし
 不幸中の幸いで
 解離性大動脈りゅうは生死に直結する
 重い病気なのですが、僕は症状が最も軽くて済む
 方向に裂けて、ながれた血も、心臓や脳への出血
 にならずに済み。
 手術は不要で、自然治癒力にまかせ回復をまつ。
 ということで済みました。
 
 本当は2月いっぱいは入院ということでしたが
 一人部屋の別料金が高く、もったいないので
 自宅療養をお願いして、先日退院、今自宅療養
 しなから、久しぶりにこれを書いている。という
 ところなのでありまする。


 いや〜、しかし大変でしたが
 とてもよい経験をしました。
 人生がまた一段と深く理解できた気がします。

 また、ブッダの慈しみの教え
 というのは本当に素晴らしいという思いがしました。


 たといどこにあっても
 他人を軽んじてはならない

 互いに他人に苦痛を与えることを
 望んではならない

 この慈しみの心づかいを
 生涯しっかりと保て

        ブッダ


 慈しみの心があって
 はじめて人間と呼べる人になれる
 そんな想いを味わいました。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分を変えるには? 仏教の教えは誰のためにあるのか

2019/01/11 00:08
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
1・10(木)


   自分を変えるには?

   仏教の教えは誰のためにあるか
  
   
 姫野です。
 今日京都は寒く雲が多めの晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都はよい具合に冷えています。
 ビールなら、飲み頃です。(なんじゃそりゃ)

  春立や 伏見は朱(あか)の 光かな

               修一郎

 初詣は、伏見稲荷にしました。
 伏見稲荷は初詣に限らず、よくお参りします。
 鳥居の朱の色が鮮やかで好きです。

 今年も好きで学んでいる仏教の教えを中心に
 少しでも幸せな人生の参考になることを
 書いてくれよう。などと思っております。

 このまま科学技術が進歩すれば、
 それでみんなが幸せになり
 もう宗教は古くていらないのではないか。

 変な教祖の言いなりになるような
 あやしくも、いかがわしい宗教はこわい。

 そんなイメージが、現代日本の多くの方の
 共通認識になっていると思います。
 僕もそうでした。

 ただ、人には心があります。
 科学的合理主義では心や感情の問題が
 解決できないのです。

 母の涙・子の涙
 悔し涙
 歓びの涙

 「涙」の成分を分析しても
 それをどう考えるかの答えは出てきません。
 
 人生の意味
 それを科学的に分析しようとしても
 満足できる答えは出てきません。


 2500年前にブッダはそれに苦しみ
 すでに、その解決方法を示されたわけです。

 賛成するか、しないかは別にして
 それを学んでおくに越したことはないと
 思うのです。

 今はいろんな宗派があり
 宗派ごとに、いろんな特殊な教理の体系があり
 かえって、仏教の本質が学べなくなっています。

 仏教の本質は
 この世の理法を知り
 人間の根底にある
 「よき性質を伸ばす」ことにあります。

 善い人でありなさい
 心の温かい人でありなさいと説きます。
 
 それを、仏性と呼んで
 すべての人が生まれながらに有している。
 そう教えます。

 しかし、人に善いことをもたらしうる知性は
 同時に悪いことおも、もたらしうる潜在力が
 あります。
  よく切れる包丁のようなものです。

 ですから
 私たちは、学びつつ自分の心を上手に制禦して
 人生を歩む必要があります。

 人は、善き性質を伸ばし、悪い部分は改めて
 変革することができます。

 仏教の教えは誰のためにあるか?

 それは、あるがままの自分の姿を照らす
 ためにあります。
 自分を照らすためにあるのです。

 他人を評価、批判するためにあるのでは
 ないのです。

 テレビのコメンテイターのように
 「あの人は挨拶ひとつできない、
  暗いよね、あれでは幸せになれないよね」

 と自分を脇に置き、他人を評価するために
 使っていては成長と学びはありません。

 そう言っている「自分はどうなのか」
 自分は、「心温かな人として今あるのか」
 「明るく笑顔で挨拶できる人として在るのか」
 
 仏の眼から(法・真理の眼)から
 今のあるがままの自分の姿を
 観るためにあるのです。
 
 そうすると
 多くの方が、「参りました」
 「私は人を批判できるような
  立派な人間ではありません」
 そう反省して、自分を内面から変えていける
 ようになります。


 自分を変えて、
 幸せに生き、死んでゆくためには
 善い教えに照らして自分を観る
 それが必要なのです。


 分かりやすいように
 真理を仮に人格化したものが
 いろんな仏です。

 私たちは、だれもが仏に幸せを願われている
 存在です。

 人生に不安になったとき
 行き詰ったときにも
 静かにお参りしましょう。
 
 案ずるな、必ず救うてやる!

 そう呼ぶ仏の声が届きます。


ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


姫野から新年のご挨拶

2019/01/01 16:35
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
1・1(火)


   姫野から
   新年のご挨拶

   
 姫野です。
 お正月元旦の今日京都は気持ちよく晴れています。

 いや〜、ど〜も、
 いかがお過ごしでしょうか。

 僕は本と格闘しながら、
 「ウンウン」唸って苦闘しています。
 1月に提出のレポートが待っているのです。

 待っているのは、美しい女性とお金だけに
 して欲しい〜〜〜。(そんなアホな!)

 今日は毎年元旦恒例の
 2019年度の目標を立てました。
 恥ずかしいので、内容は内緒です。

 あなたの今年の抱負はいかがでしょうか?


 そんなわけで
 本来なら皆様に年賀状を書きたいところ
 でありますが、今日やっと最小限の方に
 出し終えたところです。

 まあそれで
 WEBで失礼ではございまするが
 新年のご挨拶をさせていただこうと
 今日は作成した年賀状のWEB版といたします。
(年末の記事と似ていますが、忙しいので
 省エネ作戦です)


 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 おかげさまで、昨年も学ぶことの多い一年でした。
 また同時に、いくつになっても知らないことばかり、
 これまでの自分が恥ずかしく感じる毎日。

 「人生は死ぬまで学びの日々だな〜」と思いつつ
 今年も新年を迎えました。
 本年もご指導下さいますようお願いいたします。

  夢裏の有無は 有無同じく無なり

  迷中の是非は 是非ともに非なり

  有に非ず また無に非ず

  六大は 無碍にして 常に瑜伽なり
 (万物はさまたげなく溶けあって常にひとつである)

  まどいつつ 過ぎける方の 悔しさは

   法(のり)に逢う日の しるべとぞしる  

                2019元旦

あなたにたくさんの幸せが訪れますように!
愛を込めて!

〒601-1456 京都市伏見区小栗栖南後藤町6
小栗栖北団地18-303  姫野 修一郎
TEL. 075-741-6190
メール ana38655@nifty.com
  


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分を変える方法

2018/12/27 23:13
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
12・27(木)


   自分を変える方法

     
 姫野です。
 今日京都は晴れの一日でした。
 明日から大寒波が来るとのことですが
 大寒波はフトコロだけにして欲しい〜〜。 

 いや〜、ど〜も、
 いかがお過ごしでしょうか。

 僕は仕事は今日から冬季休暇に入りました。
 ただ、個人的な勉強があり、この正月休みは
 全く休みがありませぬ。トホホ…

 今日も朝4時に目が覚めて、本を読み
 始めました。
  まあしかし、こういうのが「好きなこと」
 と言えるのでしょう。特に苦痛とは
 感じないのです。万事こんな調子だと
 いいのですが、なかなかそうはいかないのが
 人生です。

  まどいつつ 過ぎける方の 悔しさは

   法(のり)に逢う日の しるべなりけり

               修一郎

  (意)
   僕も、恥ずかしいこと、後悔することが
   多い人生です。ただそれも、真理に出逢う
   ための欠かせない過程と言えるのだろう。
   あなたはいかがでしょうか。
   

 さて
 「幸せのために役に立つことを」という思いで
 僭越ながら、今年も書いてきました。

 今年を振り返り、
 自分の人生を、自分という人間を変えたい!
 もっと幸せに生きたい!

 そう願う方も、いらっしゃると思います。

 それが、なかなかできません。

 どうすれば自分を変えられるでしょう?

 今、世界はますます狭くなり、
 異文化、異なる宗教、異なる考えの方、
 付き合いたくない人とも
 付き合っていかざるを得ない時代です。
 
 そんな中で幸せに生きるには
 今も昔も、あなたが
 慈愛、愛情にあふれ、よい品行、よい行為
 よい振舞をすることが、
 人生を楽しく意味あるものにしていきます。

 それは、私たちひとりひとりの
 心の在り方にかかってきます。
 
 でも、怒り、恨み、妬み、悲しみ、劣等感、
 自己否定感なども、いやでも湧いてきます。
 自分を変えるなんて面倒なことはしたくない。
 それが普通の人間です。僕もそうです。

 私たちは、そうそう誰に対しても、愛情深く、
 かつ、楽しくは生きられません。

 お金や暮らし、健康の不安もついてまわります。
 
 お金がなくても、いつでもだれでもできる
 やさしい笑顔
 やさしい言葉
 をかけてあげられる自分になる。

 そんな簡単なことも
 とても難しいのです。

 人の幸せは非常に多くのものごとが
 実は自分の態度、行為、振舞にかかっています。

 他人ではなく
 あなた自身の行為、日頃の態度、言動を
 変えていくことが幸せには不可欠です。

 そのためには

 1 問題を直視する
   私たちは多く、つい問題を見ないようにする。
   自分とは関係ないものとする。
   ということで、問題を先送りします。

   でも、あなたの幸せは、あなたの責任で
   乗り超えていく必要がある問題なのです。

   自分の日頃の、心の在り方、考え方
   そして、日頃の振る舞いがどんなか
   それが、他の人を幸せにする行為かを
   自分の問題として直視する必要があります。   

 2 視点を複数持つ
   ものごとは、いろんな角度から見ることが
   できます。
   でも通常、自分一人の視点・都合からしか
   人は見ていません。   
 
   ・他人の視点から(日本人はこれはできる人が多いです)
   ・仏さま、神さまからの視点から

   少なくともこの3つの視点から
   自分の日頃の行為、振る舞いを見直す。

 3 智慧と判断力を磨く
   特に仏さまの視点から物事を見ていく
   そんな癖をつけ
   智慧と判断力を磨いていく。
   
  それが、自分を変えていきます。
  無理なくできそうなところから
  自分の振る舞いを変えてみることです。

  笑顔であいさつする。
  嫌いな人にあったら、笑顔は無理でも
  微笑んであいさつする。
  無視されてもいいんです。続けましょう。
  
  それだけでも変わります。

 幸せは、「すぐれて自分の問題です!」
 他人の態度が悪いから、社会や政治が悪いから
 あなたが不幸なのではありません。

 あなたが、
 知恵と判断力で築いていくものなのです。
 それは、時間がかかる継続的な営みです。

 よろしければ
 ちょっぴり、無理なくできる範囲で
 変えてゆきましょう。

 変えるコツはちょっぴりでも
 変えていこうとすることです。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!第15回(最終回)

2018/12/20 21:33
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
12・20(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第15回<最終回>

   
 姫野です。
 今日京都は寒く、
 くもりで雨もぱらつく一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都も冬らしくなってきました。
 ただ、僕の気のせいかもしれませんが
 なにか、年末特有のあわただしさ
 というのが、年々薄れている気がします。

 今日は西本願寺近くの道端に、
 とても美しく咲いてる可憐な花を見かけました。


  冬なれど 花むらさきの 契(ちぎ)りかな

                修一郎

 (意)
 「わ〜、美しい〜。でも、こんな寒い季節に
  咲かなくても」などと思ってしまいます。
 でも今が、この花にとっては
 一番なのでしょう。
 僕の浅い知恵の及ばない大きな摂理を感じます。
    
 
 さて
 人生を幸せに過ごすために
 生老病死の捉え方の第15回です。
 ひとまずシリーズ<最終回>としましょう。

 
 誰もが苦しむ老・病・死をどう捉えると
 幸せに生きられるのか。

 治るものなら、医者に行けば済みます。
 でも、それでもどうにもならないのが
 老・病・死です。

 それに貧困・生活苦が加わり
 人と付き合う気もせず、愛する人間関係もなし。
 となると、もう最高です。(何が最高だ!)

 しかし
 そもそも、仮に若くても
 生きていて楽しいのか
 生きている意味があるのか

 幸せとは何なのか

 をはっきりしておかないと
 どうにも人生は最終的に深いところで
 行き詰ってしまいます。

 不幸になるしかない人生になります。


 そうならないためには
 まず、この問題は誰であれ、人間の浅知恵、
 合理的理性・分別だけでは
 どうにも解決できない問題だと知ることです。


 <私たちは普段何によって行動しているのか>

 僕は折々、このメルマガ・ブログでも言っています。

 大きく3つの「ち」が私たちを動かしている。

 1 血 血縁 DNA(遺伝)・家庭環境に身体も
        パーソナリティも
        大きな影響を受けます。

 2 地 地縁 生まれた土地の文化の影響を
        しっかりと無意識にも受けています。

 3 知 知識 思考するとき、基礎となる知識が
        どの程度のものかで、結論の妥当性が
        異なってきます。
 

 誰もが、幸せに生きたい
 面白くもない人生だが「生きていたい」
 そう願います。

 なぜでしょう?

 なぜ、誰もが「幸せに生きていたい」
 と願うのでしょう。


 僕はそれは大いなる働きが
 それを望んでいるからだ

 そう感じるのです。
 

 このシリーズの題名を
 DNAの声を聴け!としました。

 私たちは、37億年のDNAの歴史の最先端で
 生かされています。

 地球が母であり
 宇宙が父と言えるでしょう

 狭く、浅く、愚かな自分の人知を超えた
 働きの中で生かされています。

 私たちの
 「命」そのものの中に
 すでに深い幸せと歓びとが本質的な属性として
 備わっていると僕は感じます。

 私たちは、大いなる働きから
 「誰もが幸せを願われている存在です」

 あなたの幸せはみんなの幸せです


 それを「神」と呼ぶか「仏」と呼ぶかに
 かかわらず、幸せはあなたの本質的属性です。

 それを、人は我欲で曇らせて
 自分たちの社会や暮らしを作ってしまうのです。
 
 ですから
 生きているのがときにつらいのは
 僕はあたり前だと感じます。

 私たちは
 慈悲深く、愛し合い助け合って暮らす
 社会を創らなければいけません。
 
 辛くても
 幸せは自分の本来の属性だとしっかりと感じ

 愚かではあっても
 慈愛を忘れず
 よい品行
 よい振舞、行動をとっていくことが
 人生を意味あるものにし
 よりよい社会、より平和な社会にする
 方法です。

 それは、他人ではなく、自分自身の態度
 心のありようにかかっています。

 僕の好きな、弘法大師の言葉です。

 六大は、無碍(むげ)にして、常に瑜伽(ゆが)なり

 (意)
 この人知の及ばない、大いなる宇宙は、
 さまたげなく溶け合って、常にひとつである
 
 生きとし生けるもの、万物は
 みなひとつの大いなる働きの現れです
 

 苦しいときも、大いなる声はいつも
 あなたに呼びかけます。

  案ずるな!必ず救うてやる!
  
 
 老・病・死の心配も
 おまかせして幸せに生きることです。

 あなたは、人として慈悲のこころを忘れずに
 ただ今日を生きれば、それで幸せなのです。

 
         終

 よろしければ、ごく簡単でかまいません。
 感想をお聞かせいただけると、僕は嬉しいです。 
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!第14回 人は何処から来て どこへ行くのか?

2018/12/14 01:21
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
12・13(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第14回

   人はどこからきて
   どこへ行くのか    
   
 姫野です。
 今日京都は寒い晴れの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都も冬らしくなってきました。
 鍋が恋しい季節です。

 あいにく独り者で、鍋を作る気にも
 なれなくて、いただけないのが残念な
 僕です。

 先日は祇園のカニ料理屋さんで会食を
 しました。忘年会の団体もいて、そうか
 「忘年会の季節だな〜」などと思います。

 靴を脱いで上がり、3Fのエレベーターが開くと
 廊下が畳敷きでした。
  エレベーターが開いて、廊下が畳というのも
 「なかなか乙だ」と感じました。

 今日は、精神科医の名越康文氏の講演会があり
 拝聴いたしました。

 「私はどこから来て、どこへ行くのか」
 という講演です。
 
 昔から繰り返された問です。

 ちょうど、今論じているのとピッタリなので
 そのお話をさせて下さい。
 

 さて
 人生を幸せに過ごすために
 生老病死の捉え方の第14回です。

 「私はどこから来て、どこへ行くのか」

 今都会では90%以上の方が
 自宅ではなく、病院で亡くなっています。

 子供を亡くした母親から
 「先生この子は死んだらどこへ行くのでしょう」

 と問われても
 医者も看護師もそのような問いに
 答える勉強は全くしていません。

 「今の日本の現代医療の大きな問題といえる」
 そう先生はおっしゃいます。

 高齢の老人が亡くなっても
 多くの方は、そうは哀しみません

 しかし、若くして亡くなる
 若くして妻や夫や子供を亡くすと
 人は心の整理がつかなくなります。

 いったいこの子は
 何のために生まれてきたのか

 死んでどこへ行くのか

 あなたはどうお考えでしょう。

 いろいろな考えがあります。
 死んでどこへ行くのかには
 世界では大きく3つの考えが主流です。

 1 死ねばおしまい
   何もなくなる

 2 生まれ変わる
   輪廻転生する

 3 直線的で、死ねば生前の行いにより
   天国か地獄へ行く
  

 唯一の答えの出る問題ではない
 僕はそう思います。

 どう考えれば
 自分の心の整理が最もつきやすいのか
 自分なりの考えを持っておくと
 取り乱さずに済みます。

 
 人はなぜ死ぬのか
 生まれたからです

 なぜ生まれたのか
 男女が性的行為をしたからです

 なぜ性的行為をしたのか
 人の本能だからです

 その本能は何処から来たのか

 
 人生は思うようにはなりません

 ですから
 人は生きて
 苦しむように初めから出来ています。

 どうすれば
 その苦しみの繰り返しから抜け出れるのか

 助けて欲しい
 救われたい 
 癒されたい

 ときに、そう願わざるを得ないのが
 普通の人間です。
 苦しむ人が、特に弱い人間、駄目な人間と
 いうわけではないのです。

 ここを救うのが宗教であり
 宗教は幸せに生きるためには必要だ
 僕はそう思うのです。
 
 自力で、深い瞑想の中で
 自我の執着を離れ、
 人としての普遍的ありかたの真理に目覚めるか

 他力で
 大いなる働きの力に自分を委ねて生きる
 おまかせしますと祈る

 そのどちらかの自分に合った道を
 歩むのが、幸せのためには必要だろう

 まあ僕はそう思うのです

 あなたはいかがでしょうか


 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第13回 法然・親鸞聖人の教えの限界

2018/12/06 23:20
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
12・6(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第13回
   法然・親鸞聖人の教えの限界
    
   
 姫野です。
 今日京都はくもり後雨の一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 はや、12月です。
 今週京都は暖かい日が続いています。
 いいような、悪いような…
 
 ただ週末からぐっと冷え込むとのことです。


  秋の夜も 名のみなりけり 逢うといえば

    ことぞともなく 明けぬるものを

              小野小町

 (意)
  秋の夜は長いと聞いていたのに
  あなたにお会いすると、あっと
  いうまに過ぎてしまいましたよ。
  ホント
  時間の感覚もいろいろですね。


 さて
 生老病死の捉え方 第13回
 絶対他力の教えの現代人にとっての難点
 についてです。

 人生を幸せに過ごすために
 法然・親鸞聖人の他力の教えは
 僕はとても優れていると感じます。

 しかし
 科学的合理的思考になれた現代人にとっては
 前回お話した<法の深信>
 阿弥陀如来の絶対救うという本願を信じること

 は、どうにも深くそう信じるには無理がある
 のではないかと感じます。

 僕自身がそうです。

 浄土真宗の方のご意見をお聞きすると
 「それは仏さまの世界、我々の分別の思考を
  超えた世界だから、理解できない世界です」

 確かに、その理屈は分かるのですが
 やはりどうしても引っ掛かります。

 もちろん、当時の人々に分かり易く教えるために
 個を超えた「大いなる働き」を
 阿弥陀如来の世界の物語として説かれたのだ
 と感じます。

 しかし、それを現代人に説くのは
 世界に通用する教えとしては
 もう無理があるのではないか

 何かそれに代わる教えが必要だ
 と僕は感じるのです。
 
 多くの現代の科学的合理的思考になれた
 人にとっては
 阿弥陀仏がいて、本願を立てられた
 浄土に救い取って下さる
 ただ南無阿弥陀仏とお念仏しなさい

 そういう話は
 その教えの深い趣旨を理解する前に
 入り口で拒否されてしまう

 そう感じるのです。

 しかし
 人の愚かしさは今も昔も変わっていません

 僕自身も「救いようのない愚か者」

 自分をそう感じます。

 そんな自分をも
 阿弥陀仏は必ず救って下さる
 すべてをその大悲に
 おまかせして生きなさい

 とする絶対他力の思想は
 とてもよい救いになると思います。

 またそれは

 ブッダの説かれた人の正しい在り方への
 ひとつの真理への道だと思います
 
 
 ですから
 それを阿弥陀仏や浄土などを持ち出さずに
 説明する教えが必要なのではないか
 そう思うのです。 

 
 それについてどう考えると
 現代人にも合っているのか
 納得してもらえるのか

 悟りとは何か
 逃れられない老いと死をはじめとする
 いろいろ不快な人生の苦痛をどう受け止めれば
 幸せに過ごせるのか

 あなたはいかがでしょう

 あなたにとって面白くない不快なことを
 どう受け止めれば幸せになれると
 感じますか
 
 僕の考えは次回に


 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第12回 親鸞聖人の他力の教えの全体構造2

2018/11/30 01:46
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
11・29(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第12回

   親鸞聖人の他力の教えの全体構造2
    
   
 姫野です。
 今日京都は晴れの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都の四条通はクリスマスムードの
 飾りつけになっています。
 なんと!もう残すところ1ケ月ですね。

  年月を いかでわが身に おくりけん

    昨日の人も  今日はなき世に

              西行

 まあほんとにその通りです。
 私は何をして過ごしてきたのだろう。

 私の人生は何か意味があるのだろうか。
 
 何も考えずに、
 人生を自分の分別だけで生きていると
 人は空しくなるようにできていると感じます。

 「命」というものは誰のものでしょう?

 僕は「命」というのは
 愛する人のものだと思います。

 あなたの命は
 あなたを愛する人のものです。

 はて
 あなたを
 誰が本当に愛しているでしょうか。


 ふと気がつくと
 誰も心から私を愛してくれる人がいない。
 それが、現代人の心の病を生んでいる原因の
 ひとつだろう。
 
 愛が、それが自分にとって損か得か
 利用価値があるか、利用価値がある間は
 愛してあげる。という分別のものだとすると
 すぐ変化します。
 
 そんな愛しか知らない人を
 仏教では「愚か者」といいます。

 そうしたり顔で言っている僕も
 充分愚か者です。

 でも、なんとかそんな愚かな自分から
 抜け出せないものだろうか。

 そう悩むのです。

 
 さて、
 そこで生きてくるのが
 法然・親鸞聖人の絶対他力の教えです。
 
 親鸞聖人の全体構造の教え2です。

 法然・親鸞聖人は
 どうあがいても愚か者を抜け出せない悪人が
 どうすれば、悟りを得ることができるのだろう。

 という悩みから出発されました。

 1 悟りを得たいという菩提心もなく
 2 厳しい修業はもとより、戒律すら守れない

 それが、我々凡夫の姿である。

 法蔵菩薩はそんな我々を深く愛し憐れんで
 我々に変わって、48の誓願を立て
 厳しい修業を自分が積み
 阿弥陀如来となられました。

 わが名を唱えよ
 ただ「南無阿弥陀仏」と呼びかけてくれ

 そうすれば
 必ず救うてやる!

 そうして、愚か者でも、悪人でも
 死ねば浄土に救い取り、

 浄土ですぐ悟りに導き、
 そして、如来となって、この世に戻り
 苦しむ人々を救う存在にしてくださる。

 こういう論理構成をして

 ブッダ・大乗の教えである
 1 菩提心を起こし
 2 修養して
 3 一日も早く悟りを得て
 4 人々に尽くせる人となりなさい

 という教えに
 浄土教は反しない。
 
 そう説かれたのです。

 すべては、阿弥陀如来の大悲である。
 阿弥陀如来のお力である。
 阿弥陀如来の大悲におまかせしなさい。
 

 そこで私たちが救われるためには
 2種の深信が必要になります。

 <法の深信>
 阿弥陀如来がすべての衆生を救う
 という本願を立てられた。と信じること

 <機の深信>
 仏教で「機」とは「人」のことです。

 自分はどんな修行もできず、戒律も守れない
 愚かな救いようのない人間であると
 深く自覚すること。

 自分が悪人とよくわかって
 はじめて往生できるのです。

 阿弥陀如来の無限の大悲はいつも私たちに
 届いている。

 ただ、わが名唱えよ
 そうすれば必ず救うてやる!

 その阿弥陀如来の大悲に感謝し
 「南無阿弥陀仏」とお念仏しなさい。
 人生を阿弥陀仏におまかせしなさい
 

 そうすれば必ず救われます。
 そして、仏となって、この世に戻り
 今度はあなたが苦しむ人々を
 救える存在となれます。
 
 そういう教えになります。

 
 どうでしょう。あなたはこの教えを
 いかが感じられるでしょう。

 僕はとても優れた教えと感じます。
 ただ
 現代人にとっての難点があると思います


 それについてはまた次回


 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け 生老病死の捉え方第11回  他力の教えの全体構造1

2018/11/23 00:27
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
11・22(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第11回

   親鸞聖人の他力の教えの全体構造1
    
   
 姫野です。
 今日京都は雨のちくもりの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや〜、僕はアホなのに見栄を張って
 風邪をひいてしまいました。
 (やや、自虐ネタからスタートです)

 「明日会社に行けるだろうか」
 とやや心配しながらこれを書いています。

 僕は今醍醐小栗栖のUR団地に住んでいます。
 古いURの団地ですので、建物の間隔が広く
 ゆったりとして庭に緑もたくさんあります。

 それがとても気に入って、ここにしました。
 
 うちの3Fのベランダから見える庭が、今一面
 紅葉が落ちて、見事な赤いじゅうたんの
 ようになっています。とてもきれいで毎日
 見とれています。

  過ぎ去りし 盛りの夏を 想ひ出に

   色あでやかな  もみじ葉の恋

              修一郎
 

 さて 
 題して DNAの声を聴け!第11回
 生老病死の捉え方です。

 今日は日本で生まれた浄土教・浄土真宗の
 絶対他力の捉え方です。

 親鸞聖人の絶対他力の教えの全体構造を
 ご存知ない方も多いと思いますので
 「ざっくりと語ってくれよう!」と
 大胆に簡略化してお話します。

 親鸞聖人は法然上人と丁度40歳違いの
 弟子です。自分は浄土真宗という
 法然上人とは別の教えを説くという意図は
 ありませんでした。

 ひとえに法然上人を信じ、敬愛し、その説かれた
 他力の教えで苦しむ民衆を救いたかったのです。
 
 しかし前回申しましたが、他力の教え、
 「南無阿弥陀仏」と唱えれば救われる。

 などということは、歴史的な事実としては
 お釈迦さまは、おっしゃってはいません。

 そこで、どこから出てきたのか
 まず法然上人の教えをみてみましょう。

 <法然上人の教え>

 法然上人は今の岡山に産まれます。(1133-1212)
 9歳で母方の叔父の僧のお寺に入ります。
 その才能に着目した叔父は、比叡山に法然を推薦します。
 比叡山でもその才能を高く評価されます。

 しかし、何年学んでも、これで民衆を救えると
 確信できる教えに出合いません。

 浄土教は中国で古く道綽・善導が伝えてました。
 その善導の「観無量寿経疏」(かんむりょうじゅきょうしょ)
 (無量寿経の注釈書)をよみ、「これだ!」と確信して
 比叡山を下り、民衆でもわかる、やさしい教え「浄土宗」
 を説き始めます。

 <他力の教えの概要>

 無量寿経に書かれている物語です。
 法蔵菩薩が民衆を救いたいという48の誓願を立て
 気の遠くなるような長い時間の修行の末
 阿弥陀如来となられました。

 阿弥陀如来は、どんな人間でも私を信じて
 「南無阿弥陀仏」と唱えさえずれば
 必ず救って下さる。浄土に迎え、救い取って
 仏の修行を完成させて下さるという仏です。
 
 <法然の従来の仏教への疑問点・問題点>

 普通の人間は、煩悩を捨てきれない、煩悩を
 抱えて生きざるを得ない。煩悩を抱えたままの
 人間を救う教えがあるはずだ。

  それは、幼少より一心に修行しても、なお煩悩を
 離れて、「さっとた」とは思えない法然上人自身の
 苦しみがありました。
 
  そこに、難しい修業や学問は必要ない、ただ
 「阿弥陀仏の大悲」を信じて「南阿弥陀仏」と
 唱えれば悪人でも救われる。
  という教えが法然上人の心を捉えたわけです。

 法然上人と全く同じ悩みと苦しみを感じていた
 親鸞聖人も、法然上人を信じて弟子となりました。
 

 <浄土宗の布教の禁止・流罪>

 この浄土宗の教えは、都で評判となり、民衆が
 押し寄せました。
 もちろん、それは南都六宗・天台・真言にとっても
 面白くありません。
  そして、宮中の女官が、後醍醐天皇の旅行中
 許可も得ずに、浄土教の尼僧になりました。
 
 これが、後醍醐天皇の怒りを買います。そして
 南都六宗・真言・天台の抗議を入れて
 「浄土宗の布教の禁止」を命令します。

 「従来の仏教の正しい教えを破壊する教えである」

 僧4名が死罪、7名が流罪になります。
 法然は讃岐に、親鸞は越後に僧籍をはく奪され
 流罪になりました。
 
 <親鸞聖人のその後>

 親鸞聖人(1173-1262)は越後から、配流から許された後
 関東茨木高田を中心に布教をします。
 そして、62歳ごろ京都へ戻り、「教行信証」を完成させ
 89歳で亡くなられます。

 僕は、親鸞聖人は浄土宗は正当な仏教ではない。
 という批判が悔しく、何としても法然上人の教えは
 仏教の教えに反しない。ということをきちんと反論
 したくて、教行信証を書かれたと思っています。

 法然上人は書物を残されませんでした。
 ですから、他力の教えを知るには
 親鸞聖人の教えが手掛かりになります。
 
 ここまでの前提を押さえ、次回は
 親鸞聖人の他力の教えの全体講像を
 もう少し具体的にお話ししましょう。

 阿弥陀如来の大悲は
 いつもあなたに届いている

 案ずるな、必ず救うてやる!
 
 どうでしょう、
 あなたはそう信じられるでしょうか
 
   
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第10回 他力の教え

2018/11/16 01:23
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
11・15(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第10回

   他力の教え
    
   
 姫野です。
 今日京都は秋晴れの一日でした。
 風が冷たくなりました。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 昨日は防災訓練で
 「ただいま地震が発生しました。机の下に
  潜って下さい」といわれましたが

  何か恥ずかしくてできませんでした。
  他の方もそうです。
 
  何が恥ずかしいのでしょうね。


 今、月がとてもきれいです。
 このところ夜の帰りに山科川の土手で、
 しばらく月を眺めてから家に帰ります。
 
 僕はこれを「秋は月」と呼ぼう。
 (何、もう昔からそう呼ばれている。)
 しまった、生まれてくるのが遅すぎた!


  昔より はなれがたきは うき世かな

   かたみにしのぶ なかならねども

              九条兼実
      

  
 さて 
 題して DNAの声を聴け!第10回
 生老病死の捉え方です。

 あなたが、この思うようにならない人生を
 もうそんなに未来に希望も持てず
 孤独感・疎外感・無力感にも悩み
 腹も立ち、嫌な人もいる苦しみも多い人生を

 幸せに過ごすにはどう考えて
 人生を送るとよいのかです。
 
 もちろん、それなりに楽しみもあり
 「自分はそこそこ幸せだ」
 と感じながら過ごしている方も
 多いでしょう。

 しかし誰もが、少なくとも
 老いにつかまり、死につかまります。
 「あれ、結局、私の人生って何だったのだろう」

 という思いにもなります。
 それでも、幸せに過ごすには
 ひとつ、しっかりとした捉え方があると有益です。
 

 前回
 ブッダが説かれた捉え方をお話しました。
 今日は
 日本で生まれた浄土教・浄土真宗の
 絶対他力の捉え方です。

 もちろん仏教ですから
 基本はブッダの捉え方になります。

 他力の教えを理解する前提として
 どうしても仏教の歴史の流れを
 理解しておく必要があります。

 特に上座部と大衆部に分裂したのが
 重要になります。

 ですから、まずごく「ざっくり」と
 仏教の歴史の話です。

 <仏教の流れ・歴史>

 今から約2500年前
 紀元前4・5世紀(争いがあるのです)に誕生した
 ゴータマシッダルタ、ブッダの教え。

 ブッダは奇跡や超能力を嫌いました。
 またもちろん、個人崇拝なども退けます。
 生前は「ゴータマさん」と呼ばれていたと
 伝わります。

 どこまでも、普通の人間として、
 現象の背後に宿る真理(法)を
 「あるがままに観る」智慧を説かれた
 わけです。

 その死に際して
 「私の死を悲しむ必要はない。
  自らをよりどころとし
  法(真理)をよりどころ
  としなさい」

 とおっしゃったのです。

 その死後
 これも歴史の流れの宿命とでもいうべき
 流れが起きます。

 (上座部と大衆部の分裂)

 上座部は
 ブッダを神格化し、自分たちがブッダになれる
 とは恐れ多い、せいぜい阿羅漢どまりだ。として
 原初の戒律を厳しく守ろうとする保守派です。

 これは、次第に戒律を守らない人々を
 軽蔑し、自分たちは戒律を守っているから
 偉いのだ。とやや上から目線で他の仏教徒を
 見てしまう集団と少し悪く見ればそうなります。

 大衆部は
 ブッダはすべての人を苦しみから解放する
 と教えられたではないか。
 僧院に閉じこもり、戒律を守っているから
 偉いというのはおかしい。
 とより大衆に広めていこうとする集団です。

 <大乗仏教の誕生>

 大衆部は紀元1世紀前後に、
 大乗独自の教えを説き始めます。
 
 しかし、ここでもまた歴史の必然と言ってよい
 現象が起きます。

 大衆・庶民は、頭の痛くなる勉強が必要な
 難しい教えなどは受け付けません。

 また、手っ取り早く現世での功徳を求めます。
 病気を治して欲しい。
 来世では地獄に行きたくない。
 お金がもうかり、暮らしが楽になりたい。
 今の精神的な苦しみから逃れたい。
 などなど、いつの世も変わらぬ
 煩悩まみれの生の欲求です。

 慈悲のこころで、教えを説きたい大衆の現実は
 大乗の僧侶にとっては、
 いざ伝道と意気込むには、とても難しい人たちなのです。


 <さまざまな大乗仏典の誕生>

 この大衆を前にして大乗の僧侶たちは
 目に見えて分かり易い、仏塔。仏像をたくさん
 造り始めます。

 また、教えもいわば
 「子供でも分かり、興味をもって聞いてくれそうな
  物語を作ります」

 現代人から見れば
 「そんなアホな!」と言いたくなる物語を
 「如是我聞」(私はブッダからこう聞いた)という
 形を取り、ブッダの教えを盛り込み、経典を書き、
 説き始めます。


 そんな物語にしないと
 当時の大衆には理解してもらえないのです。

 もちろん書いた方は
 大まじめです。瞑想の中で、夢の中で、釈迦と出逢い
 そう聞いた僧侶の方も多いです。

 上座部の仏教徒からすれば
 「大乗仏典はみな偽典だ!」と呼ばれます。

 それまでのいろんな庶民信仰をとりこみ
 護摩を焚き、マントラを唱え、いろんな仏像を創り
 いろんな物語を創って教えを広めることになります。

 中国・そして日本に伝わったのは
 この大乗仏教、大乗仏典になります。

 ですから
 本来のブッダの教えを含んではいますが
 ゴータマブッダが説かれたこととは
 だいぶ異なっているものも
 たくさん含まれています。

 今回お話しようとしている
 他力の教え、
 「南無阿弥陀仏」と唱えれば救われる

 などということは
 お釈迦さまは一言もおっしゃってはいません。

 また、もちろん他の
 南無遍照金剛
 南無妙法蓮華経
 などのお題目もそうです。

 国家鎮護の祈祷
 病気平癒や家内安全・安産祈願等の祈祷など
 もちろん、お釈迦さまはやりませんでした。


 でも、僕はそれはそれでよいと思います。
 大切なのは「法」(真理)を伝えることです。

 法を伝えるのに
 その当時の状況でそれがベストであるなら
 それは、それでとてもよいことだと思うのです。

 人々が救われて
 幸せに暮らせるのに越したことはありません。


 法然上人・親鸞聖人の専修念仏(せんじゅねんぶつ)
 「他力の教え」もこういう流れの中で
 日本に伝わりました。
 
 おっと、長くなりますね
 とりあえず、今日は「他力の教え」というのは
 お釈迦さまが直接説かれたものではない。

 しかしまた、必ずしもだからと言って
 否定するものでもない。

 その法の精神が十分に生きているなら
 それもありと言えると僕は思っています。
 というところで、残りは次回に…

  
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け! 生老病死の捉え方第9回 ブッダの教えの全体構造

2018/11/09 01:32
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
11・08(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第9回

   ブッダの教えの全体構造
    
   
 姫野です。
 今日京都は比較的あたたかな晴れの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都の紅葉も見頃になりました。
 修学旅行生も目立つけふこの頃です。

 学生服やセーラー服姿の制服を着た中学生を
 みると、それだけで微笑ましくなります。
 

  懲りもせず うき世の闇に まがふかな

   身を想わぬは  心なりけり

               西行

  (意)
  こりもしないで、あれこれ悩むことだな〜。
  自分の幸せを願っていないのは、私の心
  といえることだよ。
   確かに、そうも言えますね。

  
 さて 
 題して DNAの声を聴け!第9回
 生老病死の捉え方です。

 
 あなたがこの世に生きる意味、
 また死をどう迎えたらよいのか
 
 幸せに生老病死の人生を送るためには
 どんな心で生きればよいのか


 僕は2通りの捉え方がよいと思っています。

 ひとつはブッダが説かれた道
 もう一つは、日本で生まれた浄土教・浄土真宗の
 絶対他力の捉え方です。

 基本はブッダの捉え方になります。

 お釈迦様、ゴータマ・ブッダの仏教の教えの
 全体を簡単に分かり易くかいている本が
 まだありません。

 宗教団体の出す本は
 その教団の教えの部分に関連して
 部分的にしか書かれていないのです。

 あるのかもしれませんが
 僕は出会っていません。

 ですから、多くの日本人は、
 お釈迦さまが実際には、どんなことを全体として
 言いたかったのかを知りません。

 まあそこで
 僭越ながら、「僕が書いてくれよう」
 というわけです。

 当然ながら、とても深く参考になります。
 その教えは、一般のイメージとは異なり
 理知的で、哲学的です。
 病気治しの奇跡や予言。大日如来、阿弥陀仏など
 日本でお馴染みの諸仏などの話は出てきません。


 すべての人が幸せに生きるための
 <ブッダの教えの全体構造>

1 結論
 
  生きているうちに、修養して
  一日も早く、自我への執着を離れ、
  自己の生老病死の苦しみを脱却し
  深い安穏を得て
  すべての生きとし生けるものの幸せのために
  ごく自然に無理なく働ける人となりなさい。

  そういう教えです。

2 そのためにどう自己を修養すればよいのか。
  そのための前提として基本になるもの

 1 慈悲のこころをもて(情的な面)
 2 智慧(叡智)をもて(知的な面)
 3 自己の心を律せよ、制禦せよ
 4 社会において倫理的行動をとれ

3 修養方法

  修養の基本は<中道を歩め>です。
  さとりにいたるためには

  1 極端な快楽主義
  2 極端な禁欲主義

 はとらない。それで悟りは得られない。
 中道を歩みなさい。

 <中道による八正道>
 
 1 正見  ものごとをあるがままに観なさい
 2 正思  正しく思考しなさい
 3 正語  正しく言葉を使いなさい
 4 正業  正しい行いをしなさい
 5 正命  正しい生活をしなさい
 6 正精進 正しい努力をしなさい
 7 正念  正しく注意をしなさい
 8 正定  正しく精神統一をしなさい
  
4 これにより一日も早く悟りを完成させなさい
  
5 そして悟りを完成させたら、
  やすらかな心で、自己の利害損得、欲望などはなしに
  ごく自然に無理なく利他行をおこなえる人に
  なります。またそうならないと、すべての人が
  幸せになることはできません

  
 ごく簡単に言うと
 こう教えられているわけです。

 全員が出家して僧侶になりなさい
 とは言っていません。
 
 また、さとって人里離れた林の中で
 ひとり暮らして人生を心穏やかに送れ
 とは言ってはいません。

 悟って自分一人が苦しみから脱した
 と喜ぶのではありません。
 
 むしろさとったら、生きとし生けるものの
 幸せのために社会で役立てる人となりなさい
 自然に行動して人の役に立てる人となりなさい
 と教えています。

 <難しい点>
 ブッダの教えは、とても素人にも分かりやすく
 そのとおりだと感じ、思います。

 ただ
 八正道を実践し悟りを完成させる。

 煩悩に執着せず 
 生きて、すでに生死を離れる
 
 というところが、私のような凡人には
 とても難しいところです。トホホ…

 あなたも多分そうだと思います。
 
 無我・空・縁起の理解のうえに
 その境地は禅の教えの言葉にあるように
 「不立文字」  言葉ではいい表せない
 「教外別伝」  経典の外でしか伝えられない
 「直指人心」  直接自分の心をつかめ
 「見性成仏」  そして本来の自分になる。自分が本来仏と知る
   
 という境地で
 自分でつかむしかありません。

 ぜひ子供にも早くから教え
 これに励むべきだとは感じます。
 
 ただそれにしても
 個人の理解能力差や、その方の生来の性質
 などもあり
 これは万人向けとは言えない 
 という面があると僕は思います。

 そこでもうひとつの
 「他力の教え」というのもとてもよい
 僕はそう思うのです。

 長くなります
 他力の教えについてはまた次回に…

  
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第8回 健康な日が3日あったら…

2018/11/02 01:00
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
11・01(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第8回

   健康な日が3日あったら何をしますか?
    
   
 姫野です。
 今日も京都は晴れの一日でした。
 ここのところ京都は朝晩は冷え込んできました。
 もうコートを着ている方もいます。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 
 僕は今日も一日を終えて、
 「今日もよい学びの1日だったな〜」
 などと、一息ついて、
 気がかりなことはまた明日のことにしよう。
 などと思ってこれを書いておりまする。

 明日は仕事先にお詫びしなければなりませぬ。
 トホホ…。

 あなたはいかがでしょうか?
 
  
 さて 
 題して DNAの声を聴け!第8回
 生老病死の捉え方です。

 今日は大島みち子さんのお話から。
 これは以前にも紹介したことがありますが
 「生きる」「幸せ」ということを考えるのに
 とてもよいと感じます。

 大島みち子さんは、軟骨肉腫という不治の病に
 かかり、同志社大学に入学しますが、学校へは
 ほとんど行けず21歳で亡くなられました。

 阪大病院に高校の時最初の入院をします。
 このとき浪人中で耳の手術で入院中の河野実さん
 と知り合います。

 河野さんが炊事場で、鼻歌を歌って洗濯している
 みち子さんに
 「君は誰の看病なの?」と声をかけると
 「あら、私が病人よ」と目を丸くして答えたこと
 をきっかけに二人は知り合い仲良くなります。

 その後、大島みち子さんは同志社大学に
 河野実さんは中央大学に入学し、遠距離恋愛で
 深くお互いを愛し合うようになります。
 
 そのみち子さんの死の4か月前の日記です。

 「病院の外に健康な日を3日ください」

 1日目、私は故郷に飛んで帰りましょう。そして
 おじいちゃんの肩をたたいて、それから母と台所に
 立ちましょう。美味しいサラダを作って、父に熱燗を
 1本つけて、妹たちと楽しい食卓を囲みましょう。

 2日目、私はあなたの所へ飛んで行きたい。あなたと
 遊びたいなんて言いません。お部屋をお掃除してあげて
 ワイシャツにアイロンをかけてあげて、おいしいお料理
 をつくってあげたいの。そのかわり、お会別れのとき
 やさしくキスしてね。

 3日目、私は一人ぼっちで想い出と遊びます。そして
 静かに1日が過ぎたら、3日間の健康ありがとうと
 笑って永遠の眠りにつくでしょう。

      「若きいのちの日記」(大和書房)より
           
 この後、もちろんその願いはかなわずに
 大島みち子さんは亡くなります。

 あなたが、しょうもない人生と思って、
 つまらない人生だと思って過ごした1週間は

 大島みち子さんが必死に願っても叶わなかった
 人生です。

 生きるとは何か
 幸せとは何か

 仏教では、今日しかない
 今日を生きなさい、今を生きなさい

 と教えます。

 あなたは今日を生きたでしょうか?


 あなたがこの世に生きる意味、
 また死をどう迎えたらよいのか

 僕の考えは次回に
 
 
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!第7回 若くて美しくない人は…

2018/10/29 00:43
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
10・28(日)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第7回

   若くて美しくない人は
   もうこの世にいない方がよいのでしょうか

  
 姫野です。
 今日も京都は晴れてさわやかな
 行楽観光には絶好の秋らしい一日でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 
 今日僕が何を食べたか聞きたい?
 「何?別に聞きたくない!」
 それではぜひ聞いていただこう

 今日はよく行く「伏見食堂」で
 山芋とろろ、きんぴらごぼう、
 鶏のから揚げ、豚汁にご飯を
 いただきました。
  また、バナナといただきものの「柿」
 も美味しかったです。
  
「ちょっとまて、その一口が豚になる」
 女性にはいいような、悪いような
 食欲の秋ですね

 ここのところ僕は
 よい学びと気づきに触れる機会が多く
 とても楽しく幸せを感じています。

 学びの歓びというのは
 僕にとっては本当に大切で楽しい
 ことのひとつです。
 
 
 さて 
 題して DNAの声を聴け!第7回
 生老病死の捉え方です。

 私たちは
 強い生存の欲求をもって生まれます。
 「生きたい」死も必定の定めなのに

 人には「生きたい」という強い衝動が
 働いています。

 そのため、食べて、排泄して、子孫を
 残すために、強い性欲が与えられ、
 また睡眠が必要です。
 すべての人の基本的欲求です
 
 ですから
 ごく単純にみれば、人生は
 楽しく食べられて、楽しくセックスができて、
 快適に眠れれ、子供が元気に育ってくれれば
 それでみんな幸せなのです。

 しかし、それがなかなか、そう思うようには
 行かないのが人生で、それでみんな苦しんで
 いるともいえるでしょう。

 もちろん、そんな基本的欲求に加えて
 さらにいろんな欲求をもちます。

 そして、
 もちろん思うようにはいかないのです。
 
 人は悪くなって初めて気づきます。
 歯が痛くなって、歯のありがたさが分かります。
 腰が肩が痛くなって、普通に動けなくなって
 初めて痛くないありがたさが分かります。

 人生が思うようにいかなくなって
 実は人生のありがたさ、大切さ、そのよさが
 はじめて分かるのです。

 人は誰もが、ある文化の中に産まれます。
 その文化というものは、人が創ったものです。
 客観的・普遍的真理というものでは
 ありません。極端に言えば「集団妄想」
 ともいえます。

 今、日本やアメリカは
 美しい身体、美しい顔と若さを崇める
 自己陶酔の文化が席巻しています。

 老・病・死など醜いものは、社会の表から
 排除されます。醜いのは自己責任だとして
 責められるような文化の中にいます。

 悪いですが、ブサイクな女性、金のない男
 老人・身体障碍者・病人などは嫌われ
 社会から自己責任感のない人間として
 排除・軽蔑されます。

 ですから、やがて自分が行く道として
 みんなで考えておかなければならないこと
 なのに、考えない、見ないようにして
 日々過ごしているわけです。

 生きるということは
 「他者とつながりを持つ」ということです。

 他者とつながりを持つには
 その文化になじまないといけません。

 そうすると
 その文化に、その価値観に疑問をもつ人には
 そこでは、とても生きづらいことになります。

 文化は世界でも、また日本の地域でも
 また会社によっても、職業によっても
 家庭内でも、独特のそこの文化があります。
  それになじめない人はとてもつらい
 人生になります。

 しかし、文化は大きく違っていても
 人間社会の普遍的なものとして
 「命」の大切さと
 「愛」の大切さ
 は不思議に共通しています。

 他者とつながりを持ち、
 「愛し愛されて生きたい!」
 それは、共通したDNAの声だと
 僕は感じます。

 しかし
 通常の私たちの「愛」と呼んでいるものは
 すぐに揺れ動きます。
 愛し愛されたいと願っても、
 拒絶され、憎まれ、敵意を見せられる
 場合も出てきます。

 そうすると、私たちは傷つき
 自分の世界に引きこもりたくなります。
 他者との関係を断ち
 自分が自分の思うように行動できる
 「自分だけの宇宙」に閉じこもり
 人に心を開かない、開きたくもない
 という欲求が湧きます。

 しかし、人は一人では生きては行けません
 社会との関係を断ち「引きこもる」
 といっても、それでは金も稼げず
 多くは肉親の誰かに迷惑をかけることに
 なります。

 引きこもっていても、社会から取り残され
 る不安、死の不安、家族への罪悪感
 などに苦しみ、こころ安らかではいられない
 のです。

 多くの人が
 生きることに苦しむのは
 「愛しつながりを持ちたい」という欲求と
 そんな自分を拒否する社会や人への
 怒り恨みなどで傷つきたくない
 「自分の宇宙に閉じこもりたい」という欲求
 
 この狭間の中を行ったり来たり
 しているからです。

 生存への強い欲求
 つながりを持ちたいという愛の欲求

 醜くなりたくない
 それなら死んだ方がましだ

 などといいつつ、死の影におびえます。

 僕は誰もが多かれ少なかれ
 必ず直面する問題だと思います。

 ここを乗り超える心の在り方を
 持っておくとよい。
 僕はそう思います。
 
 どうしたら?
 どう考えたらよいのでしょう

 見苦しく生きるより
 本当に死んだほうがましなのでしょうか
 
 若くて美しくない人は
 もうこの世にいない方がよいのでしょうか

 
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!第6回

2018/10/24 23:23
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
10・24(水)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第6回
    
   
 姫野です。
 今日京都は晴れて秋らしい一日でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 まあ今日も気が向いたら、僕の話に 
 しばしおつきあい下さいませ
 

  昨日といひ 今日と暮らして 明日香川

  流れてはやき 月日なりけり

春道列樹

 いや〜、歳月は夢のように過ぎ去ります。
 過ぎてしまえば「あっ」という間です。

 ふと考えると、自分は
 なぜ、何をしたくて生きているのか
 よくわからないまま
 そのうち考えようと思って 
 バタバタしているうちに
 老いて死にます。

 人生それでいいような、悪いような…
 (どっちだ!)
 
 僕は心から自分が納得できて
 「あ〜、いい人生だったな〜」と思えれば
 どんな人生であれ、それでいいと思うのです


 さて 
 題して DNAの声を聴け!第6回
 生老病死の捉え方
 今日は不治の病・死について
 どうすれば幸せに生きられるのかです

 人生が普通に順調に流れているときには
 人は別にそんなことは考えなくて済みます。

 ですから
 親や周囲も大勢の人と同じような
 流れに乗った人生を送ることを薦めます。

 でも、人生では
 順調に流れなくなる時も来るのです。

 仕事がうまくいかない
 自分にあっていない
 結婚相手がいない
 もう離婚したい
 子供の死
 不治の病にかかる
 生活が苦しい
 もうすぐ死ぬ
 などなど、残念ながら、いくらでもあります。 

 そんなときでも
 「あ〜、生きていてよかったな〜」と
 思えるでしょうか

 思えません。

 なぜでしょう?
 それは自分の価値判断、自分の視点からすれば
 不快だからです。

 仏教では智慧と慈悲とを教えてくれます。

 あなたは無明の闇に沈んでいる
 「智慧をもて」と教えます。

 「智慧」とは何でしょう?

 智慧とは、ものごとを「あるがままに観る力」です。
 
 私たちは
 ものごとを、自分の価値観、自分の利益を通してしか
 通常みれません。

 自分に起こる出来事を
 仏の眼で見る。あるがままに観る。
 視点を変えて、出来事を捉えなおしてみる

 仏の眼であるがままに観る視点を持つ、
 「あるがままに観れる力」をつける
 
 これが、何か面白くない、
 不快ないことが起こったときでも
 幸せに生きるためには
 とても必要なことなのです

 同じ自分の視点からみれば
 何度みても不快なものは不快です
 嫌なものは、嫌です
 
 しかし、そんな自分の価値観、利益、感情を
 通してみる人生は、自分では気づきませんが
 小さく、狭く、愚かです。
 

 仏教の教えは
 自分の姿を映すための鏡です

 今の自分の姿を、自分のこころを
 大きく、ひろい視野から
 あるがままに観るための鏡といえます

 自分を映す
 「よい教えの鏡を持つ」
 それが幸せのためには欠かせない
 僕はそう思います。

 そうすれば
 DNAの声も聞こえてきます

 では、このシリーズの問題
 不治の病や死について
 あなたのDNAは何と言っているのでしょう

 あなたにも確実に来る死について
 あなたのDNAは何とささやいているでしょう
 
 
 つづく…
 
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる