アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ただあるがままに       姫野 修一郎
ブログ紹介
zoom RSS

心とは何か?

2019/05/13 01:23
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 令和元年(平成31年) 
5・12(日)


   心とは何か

   
 姫野です。
 今日京都は晴れて暑い一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都は昨日今日と上はシャツ一枚で充分な
 夏到来を感じさせるお天気です。

 今僕は仕事も忙しく
 走りつつ優先順位と段取りを考えながら
 処理していると、あっという間に
 一日が過ぎてしまう毎日です。

 仕事の現場では、段取り通りにことが進まず、
 行き違いや試行錯誤も避けられません。

 仕事で出会う、就活中の大学生を見ていて
 いざ就職しても、「思っていたのとは違う
 現実に直面することだろうな〜」
 とよく思います。

 まあでも
 「それを明るく乗り超えて欲しい」
 そう願います。

 その人に合った人生の過ごし方
 自分に合った仕事を見つける
 というのは意外に難しいということが
 言えます。
 
 
 さて、そこで
 幸せのためには、自分というものに
 直面する必要があります。

 自分に合った人生
 自分に合った仕事というには

 「自分とは何か?」
 を知る必要があります。

 自分とは何かを知るためには
 自分の心

 「心とは何か?」
 を知る必要があります。

 私たちは
 実はこれを知らないまま、
 考えないまま
 人生を過ごしています。

 自分を知らないまま
 「快感を求め、不快を避け嫌う」
 という
 知らないうちに身についた
 自分の「快・不快」を羅針盤にして
 人生を過ごしているのです。

 あなたは自分の心を
 知っているでしょうか?

 人は誰にも心があり
 幸せに生きることを願っています。

 でも、中心となる自分の心が
 実は分かっていないのです。

 ただ快感を求めて 
 漂っているような、
 あるような無いような自分の人生
 になります。

 これでは
 幸せは難しいと思うのです。

 どうしたら、自分が分かるの?


 長くなります
 僕の考えは次回に
 
 つづく…
 
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


身体の健康と心の健康

2019/05/06 23:48
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 令和元年(平成31年) 
5・6(月)


   身体の健康と心の健康

   
 姫野です。
 今日京都は晴れでしたが夕方から強い雨の
 一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 ゴールデンウイークも今日で終わりです。
 楽しく過ごされたでしょうか?

 僕は「いいような、悪いような」評価しづらい
 GWとなりました。

 悪いのは
 風邪をひいて寝込みました。
 予定していた本がほとんど読めずに過ごしました。

 楽しいことは
 友人が群馬から遊びに来て2日ほど
 家に泊まって京都見物しました。

 僕が大病後、まだ歩くのが大変で
 つづけて長く歩けないのです。

 それを承知の友人とお寺の門まで一緒に行き
 見物は友人ひとりでしてもらい
 僕は門前で待つ。というパターンでした。

 鞍馬寺へ行き、僕は仁王門前で新緑の山なみを
 楽しく眺めながら2時間ほど待ってました。

 友人が貴船の「川床」に行きたい
 というので、
 お昼は貴船の料理屋にしようと
 鞍馬駅前の「鞍馬名物 木の芽煮」のお店
 渡辺商店でお聞きしたら

 「べにや」さんがいいでしょう。

 ということで、「べにや」さんに電話。
 貴船口駅前まで迎えに来ていただいて
 伺いました。

 1人7100円の会席料理にしました。
 「べにや」さんの従業員の接客態度が
 とてもよく、友人共々感心しました。

 滝の落ちる川床はなかなか風情があり
 楽しめます。

 あなたも機会があれば
 貴船の「ベにや」さんはお薦めです。 


  新緑や 滝のすだれの 華の影

             修一郎



 さて
 少し年配の方にお聞きすると
 一番の幸せは「健康なこと」とほとんどの
 方が答えます。

 僕の群馬の友人も
 1番は「健康」2番は「お金」かな〜

 「俺からすると、姫ちゃんのような
  生き方は信じられないよ。
  初めて会ったとき、「え〜、こんな人もいるのか」
  と思ったよ」

 などと笑って言います。

 それで、健康について少し考えると
 健康といっても、身体の健康と心の健康
 と分けることができます。

 僕は身体の健康と心の健康は
 治し方が異なると思っています。

 身体の健康は
 悪いところをないようにする。排除して治してゆく。

 しかし、心の健康は
 悪い面、見苦しくも恥ずかしい面を
 排除せず、否定せず受け入れていく
 ということで維持できると思うのです。

 卑近な例では、週刊誌の好きな
 浮気や不倫などもそうでしょう。

 誰にでもある心の欲求です。

 自分にもある自然な心の欲求と捉え
 それにどう自分が対応するか?
 が問題なのです。

 自分が決して立派な人間などではなく
 見苦しくも恥ずかしい心も持ち合わせている
 ことを受け入れて、はじめて真の健康が
 保てると思うのです。

 
 あなたはいかがでしょうか?
 
  
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


答えのない問題

2019/04/25 23:53
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
4・25(木)


   答えのない問題

   
 姫野です。
 今日京都はくもりで時々小雨がぱらつく
 一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 甥っ子の結婚式が博多であり
 土曜日は大分へ帰り、母の顔を見て
 日曜日は博多から京都へ戻りました。


  折らばやと 何思わまし 梅の花

   なつかしからぬ 匂ひなりせば

              西行

 (意)
  梅の花を一枝たおるごとく、あの人と
  契りを結びたいなどと、
  なぜ思うのだろう。
   その香に心惹かれるからなのだ。
 

 私たちは、適齢期になり、そのとき
 縁のある方と結婚してゆきます。

 この方と結婚して正解だろうか?
 自分にとって
 もっと他に良い人もいるのではないか?

 そう迷うこともあると思います。


 さて、そこで
 幸せを考える際に心にとめておくと
 よいのが

 あなたの人生の幸せに
 「一律の答えはない」
 「唯一の正解などはない」
 「考えてもわからない」
 という事実です。
 
 人生は学校のテストの問題とは
 異なります。

 共通の唯一の正解というのが
 ないのです。

 他人がどう思おうと
 それはあなたの正解ではありません。

 でもまた、自分で考えても
 「正直自分も、
  正解かどうか考えてもわからない」 

 人生はこの連続なのです。

 自分は、どの仕事がよいのか?
 この人と結婚していいのか?
 人生とは何なのか?
 生きる意味は何なのか?

 他人が出した答えが
 あなたにとっては正解とは思えない。
 でも
 自分で考えてもよくわからない。
 
 そうした中で、そのとき、そのときで
 選択して決めて生きていかなければ
 ならないのが人生です。

 ひとりひとり、人生は異なっていて
 他人にはあなたを本当に理解するということは
 どうしても限界があります。
 他人の答えはあなたの正解ではないことも
 多いのです。
 

 ですから
 大切なことは決定するときに
 「自分がよるべき大きな
  よい原則・基準を持っておくことだ」

 僕はそう思います。

 僕が仏教の教えを語るのも
 その参考にして欲しいという思いからです。

 1 慈悲のこころを忘れては人ではない
 2 ひとしく人と生まれて不幸な人など
   この世にいてよいはずがない

 その自分の決定が
 より深く人間と人生を愛することにつながるか
 人の幸せに役立てるのか

 愛と慈しみのない行為は
 自分も他人も幸せにすることは
 できないと思うのです。
 
 分からない中で 
 いつもその大きな原則を胸に
 選択していくことが
 それが仮に間違っても、失敗だっととなっても
「よいことだ」
 と僕は思います。
 

 あなたはいかがでしょうか?
 
  
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたは愚か者か?

2019/04/18 23:14
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
4・18(木)


    あなたは愚か者か?

   
 姫野です。
 今日京都はあたたかい晴れの一日で
 半袖の方もいらして、コートが荷物になる
 お天気でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 春は卒業・入学・退職・新入社員などなど
 別れと出会いの季節です。

  この春は 君に別れの 惜しきかな

   花のゆくへを  思い忘れて

             西行

  (意)
  この春あなたとお別れするのは
  本当に名残惜しく、いつもなら
  桜の花の散るのを惜しむことも
  忘れてしまいました。

 「あ〜、あの方がいなくなるのは
  残念、惜しい」と思える経験も
  誰もがおありだと思います。

  出会いを喜ばれ、別れを惜しまれる
  そんな人になりたいですね。

   逆だと困りものです。
  別れを喜ばれ、出会いを嫌がられる。
  トホホ…

  
 さて
 幸せのために、仏教では愚か者の自覚
 自分が「無明」であることの自覚
 ということが説かれます。

 それが逆に幸せへの出発点になります。

 あなたは自分が「愚か者」
 「無明のなかにいる存在」という自覚は
 おありでしょうか。
 
 普段ほとんど意識していない
 というのが多くの人の在り方です。

 <こんな人がいるとどう思いますか?>

 1 知識は浅く
 2 考えは小さく狭く短期的で自分中心
 3 そんな自分はまともで、特に学び
   変化する必要はない、いい人だが
 4 世の中には自覚し・学び・変化する
   必要のある人が多くて困る。
 5 そんないい人の私だから、
   そのまま愛情深く受け入れて
   好きになって欲しい。
 6 好きになってもらえず、批判されると
   心が傷つき、ムッとする。

 こんな人を見ると
 「何言ってるんだ!アホ!馬鹿!愚か者」
 そう感じると思います。
 
   
 そんな人は、他人ではなく
 私姫野のありようです。
 誰が見ても「愚か者」ですですよね。トホホ…

 自分が愚か者と知り自覚して
 初めて

 学び・変化する必要があるのは
 他人ではなく自分であることに気付きます。
 
 ブッダが説かれたのは
 そこから出発し、抜け出る道なのです。
 
 
 さて
 あなたは「愚か者」でしょうか?
 
  
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


善とは何か?

2019/04/13 23:39
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
4・13(土)


    「善」とは何か?

   
 姫野です。
 今日京都はとても気持ちのよい晴れの一日
 となりました。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 今年の桜は京都では例年より少し満開が長く
 もっている感じです。
  あなたの村ではいかがでしょうか。

 昨日のことです。僕は大病の後、まだ歩く
 とすぐ疲れて、少し歩いては、休まないと
 長い距離を歩けません。それ以外は暮らしは
 ほぼ普通に戻ってきました。

 仕事が今詰まっていて、昨日も「仕事の段取り
 をどうしようか」と考えながら歩き疲れて、
 ベンチに腰かけました。

 そしたら、隣のベンチで若い学生のカップルが
 深刻な別れ話をしていました。

 「俺のような男とは別れた方がいいよ」
 「その話はもう済んだじゃない。好きだから
  こうしているんじゃない」
 
 こちらは仕事のことで考え事をしているのに
 全くそんな重苦しい話は聞きたくもない。
 「別れたきゃ、別れたらいいだろう」
 などと他人事だと思ってしまいます。

 まあでも
 そう簡単には何事も割り切れないのが
 人のありようです。

 人を好きになることは、とてもよいことだと
 思います。でも、わずかなことで、その想いも
 変化します。


  あはれとも 見る人あらば 思はなむ

   月のおもてに やどす心を
                西行             

  (意)
   月のおもてに、あなたの面影を偲んで
   見てしまう私を、今あなたが同じ月を
   見ているなら哀れだと思って欲しい。

   西行の恋の歌に入れられていますが
   必ずしもそうでなくてよい気がします。
   別の解釈も成り立ちうる僕の好きな歌です。


 さて
 幸せのために「智慧と善」の話をしていました。
 その続きで今日は仏教でいう「善とは何か?」
 の話をしましょう。

     善とは何か
   
 人生は「苦」(思い通りにならない)とみて
 その苦しみからの解放され、苦しい状況の中でも
 穏やかな満ち足りた
 人生を過ごすのにはどうすればよいのか。

 それを説かれたのがブッダです。

<三法印>
 仏教の旗印です。
 これを掲げていれば仏教と言えます。

 諸行無常 すべては絶えず変化する

 諸法無我 諸行無常だからこの世には
      固定的な実体はない。
      すべては無限の縁が仮和合している
      存在である。
   
 涅槃寂静 諸法無我を知り、執着を離れ
      人生でどんなことがあっても
      穏やかなこころで暮らしなさい。

 そして
 四諦八正道(したい はっしょうどう)を
 説かれました。

 1 正見(ものごとをあるがままにみなさい)
 2 正思(正見に合致するよう思惟する)
 3 正語(正見に合致する言葉)
 4 正業(身の行いを正見に合致させる)
 5 正命(正見にかなった暮らし)
 6 正精進(正見への努力)
 7 正念(正見を忘れない)
 8 正定(深い禅定) 

 諸行は無常である。すべては縁起と空による
 仮和合の存在と観る。
 「自分」という何か固定的な普遍の実体があると
 いう思いを離れ、執着を手放す。
 自分一人の愛欲を求めることから離れて
 こころ穏やかに暮らす。


 すべてが相関的・相互依存の関係性の中で
 存在していると知れば、慈悲・慈愛のこころ
 もごく自然なものになります。
 

 それが「善」
 ものごとをあるがままに観る
 というのが仏教の善の基本になります。

 あなたが苦しいとき
 人生が面白くないとき
 この道から外れていると考えて
 自分を正して生きる

 感謝と慈悲とを忘れず
 ふてくされて、ヤケにならず
 自分の人生・こころを整えて生きる
 
 
 さて
 あなたはいかがでしょうか?
 
 僕はといえば、まだまだな愚か者です。
 でもそうありたいと願っています。

  
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


智慧とは、善とは何か?

2019/04/07 08:36
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
4・7(日)


   智慧とは,善とは何か?

   
 姫野です。
 ここ2・3日京都は、さくら見物日和です。
 ただ、今日日曜日は午後から雨の予想です。
 
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都の桜も満開に近くなりました。
 入学式の週でもありました。

 高瀬川沿いの桜も満開で
 多くの観光客が写真を撮っています。

 四条通の会社から
 帰りは高瀬川沿いを歩いて
 地下鉄三条京阪駅まで遠回りして
 さくらを見ながら帰っています。

 華やかな表通りを歩いていると
 幸せそうな人ばかりに見えます。

 しかし、一歩中に踏み込むと
 誰であれ、お金・仕事・夫婦・家族の人間関係
 性的問題・健康・老いの問題等々と
 人の悩みはつきません。 

 人生の深刻な不快な現実に直面したとき
 生きる意味・人生の方向性がないと
 ふてくされて、沈んで生きる人生しか
 生きようがない。
  暗く陰気で怒りっぽく、近づきたく
 ない人になってしまう恐れがあります。


 さて
 幸せのために、ブッダの教えで前回の続きです
 
   ブッダの言葉

 怒りと高慢に支配されるな
 それらの根を掘りつくしておれ
  
 快いものも、不快なものにも
 しっかりと打ち克て

 心を平静にして、精神の安定をたもち
 思い煩い、欲と悔恨とを断ち切れ

 智慧を第一とし、善をなすことにより
 危難に打ち克て

 
 私たち誰もがもつ
 怒り、高慢、思い煩い、欲と悔恨
 快のみを求める心に打ち克つ
 「智慧と善」とは具体的にどういう
 ことだろう?と疑問になります。


1 智慧とは
  「空と縁起の理解」になります。
 
 「空」とは「何ら固定的な実体はない」
  という意味です。

  空は縁起によって基礎づけられます。

  個人の理解を超えたさまざまな原因結果
  無数の縁が寄り集まって、仮和合して
  今のあなたと、あなたの感情があります。

  「あ〜楽しい」
  「もう面白くない、嫌だ」
   というのも、実体はなく仮和合して
   そう感じているだけなのです。

  縁が変われば、すぐ動くものです。

  それを理解すると、執着を離れることができます。

  この世は不合理・不公平か? 
  不合理・不公平です。

  この世は馬鹿ばかりか? 
  あなたも含め愚か者の集まりです。
  
  しかし
  現実の生身の肉体をもって、
  ある文化の中に生きる以上
  誰であれ、欲望と執着は絶えず生じます。

  人は生涯、欲望と執着から離れられない動物です。

  私たちは
  愚か者としてしか生きられない動物です。

  「参りました。私はどうしようもない愚か者です」
  空を理解し、身につけて
  自分の存在の愚かさを深く自覚したとき

  あなたにはじめて「智慧」が生じます。

  自分は「まともなよい人間だ」と思っている限り
  あなたが人を幸せにして、かつ自分も深い心の平安をうる
  ということは無理だと思います。

  長くなります
  善についてはまた次回

  
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


怒りと高慢に打ち克つには?

2019/03/28 23:46
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・27(木)


   怒りと高慢に打ち克つには?

   
 姫野です。
 今日京都は、薄雲のかかる晴れの一日でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都の桜はまだ1分咲きというところです。
 さくらと言えば、僕は西行をいつも思います。

  願はくは 花の下にて 春死なむ

    その如月の  望月のころ

              西行

  (意)
   生前にこう詠んだ西行は、旧暦
   2月16日、新暦では今の3月31頃
   如月(きさらぎ)の望月の日の歌通り

   さくら咲く、満月の日に73歳で
   亡くなられました。 


  西行は約800年前の方ですが
  今も歌を通じて、友人と同じような
  感覚で僕の中には生きておられます。

  それを言えば、2500年前のブッダも
  その教えは現実にいらっしゃる感覚で
  僕の中では生きています。

  人は時間と空間を超えて、
  通い合うことができるものですね。


   惜しむとて 惜しまれぬべき この世かは

     身を捨ててこそ  身をもたすけめ

                  西行

  (意)
   いくら惜しんだところで、惜しみ通せる
   この世ではない。生きて自分を捨ててこそ
   わが身を救う道なのだ。


 さて
 幸せのために、仏教の教えで
 ぜひ理解して欲しくて、
 僕が折々に繰り返す話です。

   空と縁起の理解

 ブッダの言葉

 怒りと高慢に支配されるな
 それらの根を掘りつくしておれ
  
 快いものも、不快なものにも
 しっかりと打ち克て

 心を平静にして、精神の安定をたもち
 思い煩い、欲と悔恨とを断ち切れ

 智慧を第一とし、善をなすことにより
 危難に打ち克て

 
 う〜ん、それはそうだが
 私たち誰もがもつ
 怒り、高慢、思い煩い、欲と悔恨
 快のみを求める心に打ち克つ
 「智慧と善」とは具体的にどういう
 ことだろう?と疑問になります。

 そこを押さえておくと
 日々の幸せの役に立ちます


 いかがでしょう
 「智慧」とは
 「善」とは何だと思いますか?


 長くなります
 続きは次回に…
 

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたの反応のクセは?

2019/03/19 23:47
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・19(火)


   あなたの反応のクセは?

   
 姫野です。
 今日京都は、晴れのまだ少し寒い
 春先の一日でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。


  忘れては うちなげかるる 夕べかな

   我のみ知りて  過ぐる月日を
    
           式子内親王

 (意)  
  「忘れては」という言葉は、
  後半の「我のみ知りて…」にかかります。

  あなたへの想いを、誰にも告げてないし
  お付き合いもしていないのを
  つい忘れては、夕べにあなたが通ってきて
  下さらないのをつい嘆いてしまうのです。

  繊細で内省的な式子内親王らしい
  上手な歌です。


 私たちは、育った環境・文化・家庭・教育
 等により、知らず知らず、つい決まった反応
 決まった認知の仕方のクセを身につけています。

 たとえば、あるタイプの人の、態度や食べ方
 などにしても、反射的に「嫌・苦手!」
 などと反応したりします。

 それは、自分が客観的に絶対的に正しいとか
 いうものでなくても、自動的に反応してしまいます。
 それが変だと、その人を不幸にすることの
 ひとつとなります。

 自分の認知のクセを知って
 「それにいちいち反応して騒がない」というのも
 快適に人生を過ごすためには大切です。
 

 さて
 それに関連して、仏教の教えで
 今日は2つのクセを憶えておくと
 幸せに生きられるというお話です。

 1 「できるだろうか」と思ったとき。

 人生では知らないこと、未経験で不確かなこと
 にも必ず遭遇します。

 「あれ、私にできるだろうか」
 「私に乗り越えられるだろうか」
 という不安に襲われます。
 

 ブッダは弟子たちに繰り返し教えています。
 
 「私にさとれるだろうか」
  そんな疑問が起こったとき

 その答えは、必ず
 「できる」でなければならない。


 そう、今すぐではないかもしれないけれど
 反応は「できる」です。
 


 2 思い通りにならなくて嫌になったとき

  「思い通りにならない」
  「思い」それは自分の頭で考えた分別です。
 
   執着・分別を捨てる。

  この世には分別を超えた世界がある
  大いなる働きの世界がある
  (いわば仏の世界といってよいでしょう)

  自分の小さい経験・狭い知識で生まれた
  「自分の分別」

  それを超えた世界があり
  その大いなる働きに
  「委ねる」「おまかせする」
  
  自己の分別を捨てる、離れる
  おまかせして生きる

  というクセをつける。

 この2つの反応のクセを心がけると
 人生が楽になります。

 「できるだろうか」 
 「できる」

 「面白くない」 
 「分別を捨ておまかせする」 
 
 さて 
 あなたの反応クセは
 普段いかがでしょうか?


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


浮世をすねて哲学の道

2019/03/15 21:07
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・15(金)


    浮世をすねて哲学の道
 
  
 姫野です。
 今日京都は、晴れの穏やかな一日でした。
 でも、これから下り坂で雨になるとのことです。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 今日も浮世をすねて、気ままに生きてる
 僕ですが、あなたもきっとそうでしょう。
 (コラ!勝手に決めるな)

 いや、僕については、まあ半分本当です。
 もちろん、今の世を楽しく過ごされている
 方も多いでしょう。

 しかし、世の在り方を見ていると
 本質をしっかり議論せずに、
 どうでもいいようなことを空騒ぎしている。
 そして本質を上手に避けて、ごまかしている。
 そんなことが多い。

 特に政治家の議論・マスコミを見ていても
 また仕事をしていてもよくそう感じます。
 

 もう嫌になるのです。

 「悪いが僕は、はずれさしてもらう」
 僕個人は、もう30歳を過ぎてきから
 そんな感じで人生を過ごしている気がします。

 しかし
 そうはいっても、この世に生きて
 他の方に迷惑をかけないように
 自分の暮らしはたてていかなければなりませぬ。

 まあそこらあたりが
 悩ましいところです。


 さて
 そこで、今日はいつもと違って
 くだけた僕の歩きのリハビリの話です。

 3月末から仕事に復帰するのに
 僕は今、まだ歩くのがとてもきついのです。

 少しだけ坂の道を100メートルくらい歩いても
 「ふうふう」言ってしまいます。
 少し休むとすぐ回復するのですが
 脚や息がきついのです。
 

 これではいけないと
 今日は、歩きのリハビリで「哲学の道」を
 歩きに行きました。

 京都市営地下鉄の「石田」駅から「蹴上」駅
 で降りて、南禅寺に向かいます。

 国際交流会館の前に、レストランの案内があり
 「鯛のお茶づけ」のメニューが出てました。

 「おお、丁度、昼餉どき、ひとついただいてくれよう」
 と2Fの眺めの良いレストランに入り、いただきました。

 鯛の刺身と玄米ご飯に、土瓶のだしをかけて
 お茶漬けをいただきました。(1200円)

 もう、その美味しいの美味しくないの
 (どっちだ!)
 いや美味しくいただきました。

 皆さんも何かの折には、
 南禅寺近くの国際交流会館2Fのレストランを
 ご利用してみて下さい。
 まあでも、南禅寺は湯豆腐も捨てがたいです。

 それから、南禅寺を抜けて、永観堂の前を通り
 哲学の道を歩きました。

 哲学の道は春の桜の頃は
 もう嘘のようにきれいです。
 一度、あなたにも桜の頃におとづれていただきたい。
 とお薦めのスポットです。
 
 もう、休み休みで、銀閣寺前までやっと到着。
 銀閣寺参道を登り、山門前のお店で
 「抹茶ソフト」(300円)をいただきました。

 拝観料ももったいないので銀閣寺には入らず
 しばらく休んで
 また、哲学の道を折り返します。
 帰りも、途中の石のベンチで休み休みです。
 
 小川の水の流れと、緑に癒されます。

 永観堂の門前におそば屋さんがありました。
 おトイレを借りるのと、小腹もすいたので
 入りました。
 「しっぽくそば」(650円)をお願いしました。
 「う〜ん、まずまず」と美味しくいただきました。

 それから
 また南禅寺を抜けて
 疎水沿いに平安神宮の大きな朱の鳥居前の
 セブンイレブンで100円のコーヒーをいただいて
 鳥居を眺めながら一休み。

 そして、市営地下鉄の「東山駅」から乗って
 「石田」駅まで戻りました。

 今日の浮世すねものの僕の
 歩きのリハビリの1日でした。


  ながめつる けふは昔に なりぬとも

    軒端の梅は  われを忘るな
 
             式子内親王
 
 本当に
 今日もすぐ昔になってしまいます。
 

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたの究極の根源は何か?

2019/03/12 20:47
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・12(火)


    あなたの究極の根源は何か
 
  
 姫野です。
 今日京都は、晴れの少し風の強い一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 先日の土曜日、もう10年以上も
 僕のメルマガをお読み下さっている
 女性の方から、
  京都に行くついでに、リハビリ中で悪いが
 2・3時間程度お会いできないかというメールを
 いただきました。

  僕も、リハビリにはむしろ丁度よいので
 真言宗智山派総本山 智積院に一緒にお参りして
 お庭を眺めながらお話しました。
 (拝観料 500円)

 智積院は今、いろんな梅が咲いていて
 とても素敵です。

 また、ここの名勝庭園は一度見ておいて損はない
 と保証できる、とてもよいお庭です。
 (いやまあ、僕の好みなのです)


 彼女は、僕が以前東京でセミナーをやっていたときに
 来てくださっているので、初対面ではありません。

 それで、かなり突っ込んだスピリチュアルな
 話が、いきなりできます。
 

 さて
 そこで、自己の本質・根源は何か
 という話になりました。

 あなたは、自分の究極の根源は何か?
 自分というのは結局何だと思いますか?


 不滅の幸せをつかむには
 ぜひ、しっかりと考えておくとよい問いです。


 「意識」と「愛」ではないか。

 人は意識と愛を根源的基礎として創られている

 ここをしっかり身体でつかむと
 このいろいろと面白くないことも多い人生を
 幸せに生きていける。

 という話になりました。

 どうでしよう。
 あなたの感覚ではいかがでしょうか?

 普通の方には「姫野さん、あやしい〜〜〜」
 などと感じられる話かもしれません。

 まあでも、僕はそう感じるのです。

 楽しくお話して
 ぶらぶら歩いて京都駅まで戻り
 お別れしました。


  うぐいすの 声遠き日も 暮れにけり

              蕪村

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


学生の就職先

2019/03/08 08:33
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・8(金)


   学生の就職先
  
   
 姫野です。
 京都は、昨日は雨でした。
 今朝は、薄日がさす雲が多めのお天気です。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 金曜日の朝に書いています。
 おととい、リハビリで少し無理して歩き回って
 昨日はその疲れからか、一日寝てました。
 それで、今日は朝早くから起きてるわけです。

 今、時間が取れるので
 仏教の教えだけでなく、いろんな面白そうな
 ものも追いかけています。

 私の仕事が現役大学生対象なので
 学生との話の相談の話題のひとつとして
 就職先も話題になります。

 それで、今復職までに、
 少しいろんな企業の動きもみています。

 学生の就職先の人気も大きく変化しています。
 特に多くの学生を吸収していた
 銀行・保険が先行きがみえなくなりました。
 地銀・信用金庫などの業務は、
 「もうどうなるか分からない」という状況です。

 今のままの業務であれば、
 もう店舗閉鎖・縮小しかないと思います。

 しかし
 今ある仕事の6割は、10年前には
 存在していなかった。
 と言われるほど、変化が激しい時代です。

 次々に新しい仕事もまた
 誕生してきます。
 また、海外にも活躍の場は多いです。
 学生の方には、
 変化を活用して、人生を楽しんで欲しい。
 そう願います。
 
 そう、また
 それに関連して、ドイツ銀行の破綻
 中国バブルの崩壊による、世界不況が
 どうなるかも、気になるところです。

 ドイツ銀行の破綻・中国バブルの崩壊も
 ほぼ避けられなくて、後はいつ来るかだけ。
 そう言われて、もう数年たちますが
 本当に、「いつ頃になるだろうかな〜」
 などと、破綻があってもほとんど影響の
 ない僕などは、のんきに考えています。

 経済などは、破綻しても
 自然の大災害と異なり
 直接命にはかかわりません。

 人が創ったシステムですから
 上手に世界の経済システムを動かし
 変化させていけば
 乗り切れる問題です。
 そこのところが、世界の指導者の
 力量が問われる問題となることだと思います。

 僕は、もう古い資本主義の考え方
 今の経済システムは変えないと、
 人々を幸せにはしないと思います。
 

 さて
 幸せに生きるための教えの言葉
 ウダ―ナバルガより

 徳行をそなえ、法に従って生き、
 恥を知り、真実を語り、自分のなすべきことを
 行う人を、他人は好ましいとみなす。

 他人に愛される人は
 自分のためにも良いことをするのである。
  
          ブッダ(感興の言葉より)

 僕も
 なかなかできませんが、
 その通りだと思います。

 
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人はいさ 心も知らず

2019/03/02 10:04
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・2(土)


  人はいさ 心も知らず

   
 姫野です。
 今日京都は、薄日のさす、くもが多めのお天気です。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 今日は珍しく土曜日の朝に書いています。

 なんと、はや3月です。

   人はいさ 心も知らず ふるさとは

    はなぞ昔の  香ににほひける

               紀貫之
 
  (意)
   あの人の心は変わってないかどうか、それは
   わからないが、昔なじんだ土地に咲く
   梅の花の香は、昔と同じままなことだよ


 僕は、3月末の仕事復帰を目指して
 リハビリに取り組み始めたところです。

 昨日は、久しぶりに地下鉄に乗り、
 三条大橋のたもとの中華屋「眠眠」で、
 焼きそばと餃子のお昼をいただき(780円)
 ぶらぶら、散歩し、河原町の「丸善」で
 本をゆっくり眺めてすごしました。
 
 しかし、見てるとつい買いたくなり、2冊
 買ってしましました。

 僕も
 本は今はアマゾンで買うことが多くなりました。
 昔ながらの書店では、もうやっていけない
 時代が来ています。

 ホント、時代の流れは
 ぼんやりと商売している人にとっては、
 怖い、非情といえる面があります。

 新京極のドトールで、コーヒーとレタスドッグ
 (480円)をいただきながら、買った本を
 読み、4時半ごろ地下鉄で「醍醐」に戻り、
 スーパー平和堂で
 買い物をして帰りました。

 久しぶりに出歩いて
 とても疲れて、戻るとバタン・キューと寝て
 今日土曜日は、今ゆっくりと朝を過ごしている
 ところでありまする。


 さて
 幸せのための心の在り方として
 いつもながらではありますが、今日も

 慈しみのこころで
 徳をあがめ、お互いを尊重し
 相手の自由を害さないようにして
 譲り合い、こころから相手の幸せを願って
 内心で手を合わせて暮らしましょう。


 特に何宗というのではなくても
 素朴な宗教心というのは 
 人を幸せにしてくれます


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


みなさんありがとうございます。 なぜ生きる? う〜ん、わからない。

2019/02/23 01:44
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
2・22(金)


  みなさんありがとうございます。
  なぜ生きる? 
  う〜ん、わからない。
  
   
 姫野です。
 今日京都は雲が多めの冬の晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや〜、多くの励ましのお言葉を頂戴して
 ありがとうございます。
 個別にお返事するのも面倒なので(コラ!なまけ者め)
 まとめて、お礼を申し上げまする。

 幸せに生きたいと誰もが願い
 誰もがそんなに幸せでもないこの現実の世界

 「それはおかしい!」
 
 それが僕の素朴なこの世の疑問の
 出発点です。
 
 でも、何年悩んでも
 僕にはわかりません。

 でも、何年も悩んで、やっと
 よくわかっていることもあります。


 それは、僕の小賢しい頭の働きを超えた
 「大いなる働きの世界がある」

 自分の愚かしさを正直に見つめ
 「大いなる働きに感謝し、委ねる」という
 面が幸せにはとても大切だ

 その想いです。

 誰の中にもある
 素朴な宗教心と言ってよいと思います。
 

 楽しさ、華やかさの陰に、
 この世には悲しみも、苦しみにも満ちています。
 その中で、人は生きなければなりません。
 
 僕は、もう世界は、新しい経済構造
 新しい考え方、こころの在り方
 をする時代が来ている。

 今の世界の国会議員・地方政治家・官僚・マスコミ
 みんな言っていること、考えていることが
 もう古いです。ワンパターンです。
 安倍さん・トランプさんなどの
 そんな古い資本主義経済政策で
 格差の是正なども無理です。

 新しいお金の配分、経済システム・構造を考えるべきです。
 みんなが、飢えずに、よい教育をも受けられる
 夢のような世界は、実はもうそこに来ている!

 特に日本では今すぐにも可能になっている。

 後はみんなで意識を変えていき、
 新システムをつくる必要があるだけだ。
 (ただこれが難しい!)

 僕にはそう想えます。
 まあそんな想いから、生きているうちは
 こんなことも書いておいて
 少しでも幸せのお役に立てれば
 などと願うのでありまする。


 人は心愚かにかたくなで、正しい教えを
 信じようとしない。
 我がちに目前の快楽のみを追っている。
 愛欲に惑い、道徳をわきまえず、怒りに狂い
 財と色とをむさぼることは、
 まるで狼のようである。

 なぜ道を求めないのだろうか。
 何を期待して生きているのだろうか。
 一体どういう楽しみを
 欲しているのであろうか。
     
            仏説無量寿経より


 さて、
 あなたは人生に一体どういう楽しみを
 欲しているのでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都医療センターに入院していました。 慈悲のこころ

2019/02/21 00:58
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
2・20(水)


   入院してました。
   慈しみのこころ
  
   
 姫野です。
 今日京都は晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや〜、お久しぶりです。
 先月1月14日深夜
 僕は「解離性大動脈瘤」(かいりせい だいどうみゃくりゅう)
 という、心臓のすぐそばにある、動脈が裂ける
 という、症状に突然襲われ

 救急車で藤森にある国立京都医療センターに運ばれ
 集中治療室に即入院、3週間はそのままの姿勢で
 絶対安静という状況でした。

 全く予期もしていない病気で
 もう「その痛いの痛くないの」(どっちだ!)
 とても痛く、息もできないのです。

 「即入院、すぐ親族に連絡して呼んで」
 と医者の声

 「う〜ん、これで死ぬかもしれないのか?」
 「まあ、それならそれで、しょうがないよな〜」
 「こんな人生で良しとしないといけないのだろう」
 などと妙に冷静に思いました。
 
 しかし
 不幸中の幸いで
 解離性大動脈りゅうは生死に直結する
 重い病気なのですが、僕は症状が最も軽くて済む
 方向に裂けて、ながれた血も、心臓や脳への出血
 にならずに済み。
 手術は不要で、自然治癒力にまかせ回復をまつ。
 ということで済みました。
 
 本当は2月いっぱいは入院ということでしたが
 一人部屋の別料金が高く、もったいないので
 自宅療養をお願いして、先日退院、今自宅療養
 しなから、久しぶりにこれを書いている。という
 ところなのでありまする。


 いや〜、しかし大変でしたが
 とてもよい経験をしました。
 人生がまた一段と深く理解できた気がします。

 また、ブッダの慈しみの教え
 というのは本当に素晴らしいという思いがしました。


 たといどこにあっても
 他人を軽んじてはならない

 互いに他人に苦痛を与えることを
 望んではならない

 この慈しみの心づかいを
 生涯しっかりと保て

        ブッダ


 慈しみの心があって
 はじめて人間と呼べる人になれる
 そんな想いを味わいました。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分を変えるには? 仏教の教えは誰のためにあるのか

2019/01/11 00:08
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
1・10(木)


   自分を変えるには?

   仏教の教えは誰のためにあるか
  
   
 姫野です。
 今日京都は寒く雲が多めの晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都はよい具合に冷えています。
 ビールなら、飲み頃です。(なんじゃそりゃ)

  春立や 伏見は朱(あか)の 光かな

               修一郎

 初詣は、伏見稲荷にしました。
 伏見稲荷は初詣に限らず、よくお参りします。
 鳥居の朱の色が鮮やかで好きです。

 今年も好きで学んでいる仏教の教えを中心に
 少しでも幸せな人生の参考になることを
 書いてくれよう。などと思っております。

 このまま科学技術が進歩すれば、
 それでみんなが幸せになり
 もう宗教は古くていらないのではないか。

 変な教祖の言いなりになるような
 あやしくも、いかがわしい宗教はこわい。

 そんなイメージが、現代日本の多くの方の
 共通認識になっていると思います。
 僕もそうでした。

 ただ、人には心があります。
 科学的合理主義では心や感情の問題が
 解決できないのです。

 母の涙・子の涙
 悔し涙
 歓びの涙

 「涙」の成分を分析しても
 それをどう考えるかの答えは出てきません。
 
 人生の意味
 それを科学的に分析しようとしても
 満足できる答えは出てきません。


 2500年前にブッダはそれに苦しみ
 すでに、その解決方法を示されたわけです。

 賛成するか、しないかは別にして
 それを学んでおくに越したことはないと
 思うのです。

 今はいろんな宗派があり
 宗派ごとに、いろんな特殊な教理の体系があり
 かえって、仏教の本質が学べなくなっています。

 仏教の本質は
 この世の理法を知り
 人間の根底にある
 「よき性質を伸ばす」ことにあります。

 善い人でありなさい
 心の温かい人でありなさいと説きます。
 
 それを、仏性と呼んで
 すべての人が生まれながらに有している。
 そう教えます。

 しかし、人に善いことをもたらしうる知性は
 同時に悪いことおも、もたらしうる潜在力が
 あります。
  よく切れる包丁のようなものです。

 ですから
 私たちは、学びつつ自分の心を上手に制禦して
 人生を歩む必要があります。

 人は、善き性質を伸ばし、悪い部分は改めて
 変革することができます。

 仏教の教えは誰のためにあるか?

 それは、あるがままの自分の姿を照らす
 ためにあります。
 自分を照らすためにあるのです。

 他人を評価、批判するためにあるのでは
 ないのです。

 テレビのコメンテイターのように
 「あの人は挨拶ひとつできない、
  暗いよね、あれでは幸せになれないよね」

 と自分を脇に置き、他人を評価するために
 使っていては成長と学びはありません。

 そう言っている「自分はどうなのか」
 自分は、「心温かな人として今あるのか」
 「明るく笑顔で挨拶できる人として在るのか」
 
 仏の眼から(法・真理の眼)から
 今のあるがままの自分の姿を
 観るためにあるのです。
 
 そうすると
 多くの方が、「参りました」
 「私は人を批判できるような
  立派な人間ではありません」
 そう反省して、自分を内面から変えていける
 ようになります。


 自分を変えて、
 幸せに生き、死んでゆくためには
 善い教えに照らして自分を観る
 それが必要なのです。


 分かりやすいように
 真理を仮に人格化したものが
 いろんな仏です。

 私たちは、だれもが仏に幸せを願われている
 存在です。

 人生に不安になったとき
 行き詰ったときにも
 静かにお参りしましょう。
 
 案ずるな、必ず救うてやる!

 そう呼ぶ仏の声が届きます。


ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


姫野から新年のご挨拶

2019/01/01 16:35
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
1・1(火)


   姫野から
   新年のご挨拶

   
 姫野です。
 お正月元旦の今日京都は気持ちよく晴れています。

 いや〜、ど〜も、
 いかがお過ごしでしょうか。

 僕は本と格闘しながら、
 「ウンウン」唸って苦闘しています。
 1月に提出のレポートが待っているのです。

 待っているのは、美しい女性とお金だけに
 して欲しい〜〜〜。(そんなアホな!)

 今日は毎年元旦恒例の
 2019年度の目標を立てました。
 恥ずかしいので、内容は内緒です。

 あなたの今年の抱負はいかがでしょうか?


 そんなわけで
 本来なら皆様に年賀状を書きたいところ
 でありますが、今日やっと最小限の方に
 出し終えたところです。

 まあそれで
 WEBで失礼ではございまするが
 新年のご挨拶をさせていただこうと
 今日は作成した年賀状のWEB版といたします。
(年末の記事と似ていますが、忙しいので
 省エネ作戦です)


 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 おかげさまで、昨年も学ぶことの多い一年でした。
 また同時に、いくつになっても知らないことばかり、
 これまでの自分が恥ずかしく感じる毎日。

 「人生は死ぬまで学びの日々だな〜」と思いつつ
 今年も新年を迎えました。
 本年もご指導下さいますようお願いいたします。

  夢裏の有無は 有無同じく無なり

  迷中の是非は 是非ともに非なり

  有に非ず また無に非ず

  六大は 無碍にして 常に瑜伽なり
 (万物はさまたげなく溶けあって常にひとつである)

  まどいつつ 過ぎける方の 悔しさは

   法(のり)に逢う日の しるべとぞしる  

                2019元旦

あなたにたくさんの幸せが訪れますように!
愛を込めて!

〒601-1456 京都市伏見区小栗栖南後藤町6
小栗栖北団地18-303  姫野 修一郎
TEL. 075-741-6190
メール ana38655@nifty.com
  


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分を変える方法

2018/12/27 23:13
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
12・27(木)


   自分を変える方法

     
 姫野です。
 今日京都は晴れの一日でした。
 明日から大寒波が来るとのことですが
 大寒波はフトコロだけにして欲しい〜〜。 

 いや〜、ど〜も、
 いかがお過ごしでしょうか。

 僕は仕事は今日から冬季休暇に入りました。
 ただ、個人的な勉強があり、この正月休みは
 全く休みがありませぬ。トホホ…

 今日も朝4時に目が覚めて、本を読み
 始めました。
  まあしかし、こういうのが「好きなこと」
 と言えるのでしょう。特に苦痛とは
 感じないのです。万事こんな調子だと
 いいのですが、なかなかそうはいかないのが
 人生です。

  まどいつつ 過ぎける方の 悔しさは

   法(のり)に逢う日の しるべなりけり

               修一郎

  (意)
   僕も、恥ずかしいこと、後悔することが
   多い人生です。ただそれも、真理に出逢う
   ための欠かせない過程と言えるのだろう。
   あなたはいかがでしょうか。
   

 さて
 「幸せのために役に立つことを」という思いで
 僭越ながら、今年も書いてきました。

 今年を振り返り、
 自分の人生を、自分という人間を変えたい!
 もっと幸せに生きたい!

 そう願う方も、いらっしゃると思います。

 それが、なかなかできません。

 どうすれば自分を変えられるでしょう?

 今、世界はますます狭くなり、
 異文化、異なる宗教、異なる考えの方、
 付き合いたくない人とも
 付き合っていかざるを得ない時代です。
 
 そんな中で幸せに生きるには
 今も昔も、あなたが
 慈愛、愛情にあふれ、よい品行、よい行為
 よい振舞をすることが、
 人生を楽しく意味あるものにしていきます。

 それは、私たちひとりひとりの
 心の在り方にかかってきます。
 
 でも、怒り、恨み、妬み、悲しみ、劣等感、
 自己否定感なども、いやでも湧いてきます。
 自分を変えるなんて面倒なことはしたくない。
 それが普通の人間です。僕もそうです。

 私たちは、そうそう誰に対しても、愛情深く、
 かつ、楽しくは生きられません。

 お金や暮らし、健康の不安もついてまわります。
 
 お金がなくても、いつでもだれでもできる
 やさしい笑顔
 やさしい言葉
 をかけてあげられる自分になる。

 そんな簡単なことも
 とても難しいのです。

 人の幸せは非常に多くのものごとが
 実は自分の態度、行為、振舞にかかっています。

 他人ではなく
 あなた自身の行為、日頃の態度、言動を
 変えていくことが幸せには不可欠です。

 そのためには

 1 問題を直視する
   私たちは多く、つい問題を見ないようにする。
   自分とは関係ないものとする。
   ということで、問題を先送りします。

   でも、あなたの幸せは、あなたの責任で
   乗り超えていく必要がある問題なのです。

   自分の日頃の、心の在り方、考え方
   そして、日頃の振る舞いがどんなか
   それが、他の人を幸せにする行為かを
   自分の問題として直視する必要があります。   

 2 視点を複数持つ
   ものごとは、いろんな角度から見ることが
   できます。
   でも通常、自分一人の視点・都合からしか
   人は見ていません。   
 
   ・他人の視点から(日本人はこれはできる人が多いです)
   ・仏さま、神さまからの視点から

   少なくともこの3つの視点から
   自分の日頃の行為、振る舞いを見直す。

 3 智慧と判断力を磨く
   特に仏さまの視点から物事を見ていく
   そんな癖をつけ
   智慧と判断力を磨いていく。
   
  それが、自分を変えていきます。
  無理なくできそうなところから
  自分の振る舞いを変えてみることです。

  笑顔であいさつする。
  嫌いな人にあったら、笑顔は無理でも
  微笑んであいさつする。
  無視されてもいいんです。続けましょう。
  
  それだけでも変わります。

 幸せは、「すぐれて自分の問題です!」
 他人の態度が悪いから、社会や政治が悪いから
 あなたが不幸なのではありません。

 あなたが、
 知恵と判断力で築いていくものなのです。
 それは、時間がかかる継続的な営みです。

 よろしければ
 ちょっぴり、無理なくできる範囲で
 変えてゆきましょう。

 変えるコツはちょっぴりでも
 変えていこうとすることです。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!第15回(最終回)

2018/12/20 21:33
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
12・20(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第15回<最終回>

   
 姫野です。
 今日京都は寒く、
 くもりで雨もぱらつく一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都も冬らしくなってきました。
 ただ、僕の気のせいかもしれませんが
 なにか、年末特有のあわただしさ
 というのが、年々薄れている気がします。

 今日は西本願寺近くの道端に、
 とても美しく咲いてる可憐な花を見かけました。


  冬なれど 花むらさきの 契(ちぎ)りかな

                修一郎

 (意)
 「わ〜、美しい〜。でも、こんな寒い季節に
  咲かなくても」などと思ってしまいます。
 でも今が、この花にとっては
 一番なのでしょう。
 僕の浅い知恵の及ばない大きな摂理を感じます。
    
 
 さて
 人生を幸せに過ごすために
 生老病死の捉え方の第15回です。
 ひとまずシリーズ<最終回>としましょう。

 
 誰もが苦しむ老・病・死をどう捉えると
 幸せに生きられるのか。

 治るものなら、医者に行けば済みます。
 でも、それでもどうにもならないのが
 老・病・死です。

 それに貧困・生活苦が加わり
 人と付き合う気もせず、愛する人間関係もなし。
 となると、もう最高です。(何が最高だ!)

 しかし
 そもそも、仮に若くても
 生きていて楽しいのか
 生きている意味があるのか

 幸せとは何なのか

 をはっきりしておかないと
 どうにも人生は最終的に深いところで
 行き詰ってしまいます。

 不幸になるしかない人生になります。


 そうならないためには
 まず、この問題は誰であれ、人間の浅知恵、
 合理的理性・分別だけでは
 どうにも解決できない問題だと知ることです。


 <私たちは普段何によって行動しているのか>

 僕は折々、このメルマガ・ブログでも言っています。

 大きく3つの「ち」が私たちを動かしている。

 1 血 血縁 DNA(遺伝)・家庭環境に身体も
        パーソナリティも
        大きな影響を受けます。

 2 地 地縁 生まれた土地の文化の影響を
        しっかりと無意識にも受けています。

 3 知 知識 思考するとき、基礎となる知識が
        どの程度のものかで、結論の妥当性が
        異なってきます。
 

 誰もが、幸せに生きたい
 面白くもない人生だが「生きていたい」
 そう願います。

 なぜでしょう?

 なぜ、誰もが「幸せに生きていたい」
 と願うのでしょう。


 僕はそれは大いなる働きが
 それを望んでいるからだ

 そう感じるのです。
 

 このシリーズの題名を
 DNAの声を聴け!としました。

 私たちは、37億年のDNAの歴史の最先端で
 生かされています。

 地球が母であり
 宇宙が父と言えるでしょう

 狭く、浅く、愚かな自分の人知を超えた
 働きの中で生かされています。

 私たちの
 「命」そのものの中に
 すでに深い幸せと歓びとが本質的な属性として
 備わっていると僕は感じます。

 私たちは、大いなる働きから
 「誰もが幸せを願われている存在です」

 あなたの幸せはみんなの幸せです


 それを「神」と呼ぶか「仏」と呼ぶかに
 かかわらず、幸せはあなたの本質的属性です。

 それを、人は我欲で曇らせて
 自分たちの社会や暮らしを作ってしまうのです。
 
 ですから
 生きているのがときにつらいのは
 僕はあたり前だと感じます。

 私たちは
 慈悲深く、愛し合い助け合って暮らす
 社会を創らなければいけません。
 
 辛くても
 幸せは自分の本来の属性だとしっかりと感じ

 愚かではあっても
 慈愛を忘れず
 よい品行
 よい振舞、行動をとっていくことが
 人生を意味あるものにし
 よりよい社会、より平和な社会にする
 方法です。

 それは、他人ではなく、自分自身の態度
 心のありようにかかっています。

 僕の好きな、弘法大師の言葉です。

 六大は、無碍(むげ)にして、常に瑜伽(ゆが)なり

 (意)
 この人知の及ばない、大いなる宇宙は、
 さまたげなく溶け合って、常にひとつである
 
 生きとし生けるもの、万物は
 みなひとつの大いなる働きの現れです
 

 苦しいときも、大いなる声はいつも
 あなたに呼びかけます。

  案ずるな!必ず救うてやる!
  
 
 老・病・死の心配も
 おまかせして幸せに生きることです。

 あなたは、人として慈悲のこころを忘れずに
 ただ今日を生きれば、それで幸せなのです。

 
         終

 よろしければ、ごく簡単でかまいません。
 感想をお聞かせいただけると、僕は嬉しいです。 
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!第14回 人は何処から来て どこへ行くのか?

2018/12/14 01:21
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
12・13(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第14回

   人はどこからきて
   どこへ行くのか    
   
 姫野です。
 今日京都は寒い晴れの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都も冬らしくなってきました。
 鍋が恋しい季節です。

 あいにく独り者で、鍋を作る気にも
 なれなくて、いただけないのが残念な
 僕です。

 先日は祇園のカニ料理屋さんで会食を
 しました。忘年会の団体もいて、そうか
 「忘年会の季節だな〜」などと思います。

 靴を脱いで上がり、3Fのエレベーターが開くと
 廊下が畳敷きでした。
  エレベーターが開いて、廊下が畳というのも
 「なかなか乙だ」と感じました。

 今日は、精神科医の名越康文氏の講演会があり
 拝聴いたしました。

 「私はどこから来て、どこへ行くのか」
 という講演です。
 
 昔から繰り返された問です。

 ちょうど、今論じているのとピッタリなので
 そのお話をさせて下さい。
 

 さて
 人生を幸せに過ごすために
 生老病死の捉え方の第14回です。

 「私はどこから来て、どこへ行くのか」

 今都会では90%以上の方が
 自宅ではなく、病院で亡くなっています。

 子供を亡くした母親から
 「先生この子は死んだらどこへ行くのでしょう」

 と問われても
 医者も看護師もそのような問いに
 答える勉強は全くしていません。

 「今の日本の現代医療の大きな問題といえる」
 そう先生はおっしゃいます。

 高齢の老人が亡くなっても
 多くの方は、そうは哀しみません

 しかし、若くして亡くなる
 若くして妻や夫や子供を亡くすと
 人は心の整理がつかなくなります。

 いったいこの子は
 何のために生まれてきたのか

 死んでどこへ行くのか

 あなたはどうお考えでしょう。

 いろいろな考えがあります。
 死んでどこへ行くのかには
 世界では大きく3つの考えが主流です。

 1 死ねばおしまい
   何もなくなる

 2 生まれ変わる
   輪廻転生する

 3 直線的で、死ねば生前の行いにより
   天国か地獄へ行く
  

 唯一の答えの出る問題ではない
 僕はそう思います。

 どう考えれば
 自分の心の整理が最もつきやすいのか
 自分なりの考えを持っておくと
 取り乱さずに済みます。

 
 人はなぜ死ぬのか
 生まれたからです

 なぜ生まれたのか
 男女が性的行為をしたからです

 なぜ性的行為をしたのか
 人の本能だからです

 その本能は何処から来たのか

 
 人生は思うようにはなりません

 ですから
 人は生きて
 苦しむように初めから出来ています。

 どうすれば
 その苦しみの繰り返しから抜け出れるのか

 助けて欲しい
 救われたい 
 癒されたい

 ときに、そう願わざるを得ないのが
 普通の人間です。
 苦しむ人が、特に弱い人間、駄目な人間と
 いうわけではないのです。

 ここを救うのが宗教であり
 宗教は幸せに生きるためには必要だ
 僕はそう思うのです。
 
 自力で、深い瞑想の中で
 自我の執着を離れ、
 人としての普遍的ありかたの真理に目覚めるか

 他力で
 大いなる働きの力に自分を委ねて生きる
 おまかせしますと祈る

 そのどちらかの自分に合った道を
 歩むのが、幸せのためには必要だろう

 まあ僕はそう思うのです

 あなたはいかがでしょうか


 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第13回 法然・親鸞聖人の教えの限界

2018/12/06 23:20
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
12・6(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第13回
   法然・親鸞聖人の教えの限界
    
   
 姫野です。
 今日京都はくもり後雨の一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 はや、12月です。
 今週京都は暖かい日が続いています。
 いいような、悪いような…
 
 ただ週末からぐっと冷え込むとのことです。


  秋の夜も 名のみなりけり 逢うといえば

    ことぞともなく 明けぬるものを

              小野小町

 (意)
  秋の夜は長いと聞いていたのに
  あなたにお会いすると、あっと
  いうまに過ぎてしまいましたよ。
  ホント
  時間の感覚もいろいろですね。


 さて
 生老病死の捉え方 第13回
 絶対他力の教えの現代人にとっての難点
 についてです。

 人生を幸せに過ごすために
 法然・親鸞聖人の他力の教えは
 僕はとても優れていると感じます。

 しかし
 科学的合理的思考になれた現代人にとっては
 前回お話した<法の深信>
 阿弥陀如来の絶対救うという本願を信じること

 は、どうにも深くそう信じるには無理がある
 のではないかと感じます。

 僕自身がそうです。

 浄土真宗の方のご意見をお聞きすると
 「それは仏さまの世界、我々の分別の思考を
  超えた世界だから、理解できない世界です」

 確かに、その理屈は分かるのですが
 やはりどうしても引っ掛かります。

 もちろん、当時の人々に分かり易く教えるために
 個を超えた「大いなる働き」を
 阿弥陀如来の世界の物語として説かれたのだ
 と感じます。

 しかし、それを現代人に説くのは
 世界に通用する教えとしては
 もう無理があるのではないか

 何かそれに代わる教えが必要だ
 と僕は感じるのです。
 
 多くの現代の科学的合理的思考になれた
 人にとっては
 阿弥陀仏がいて、本願を立てられた
 浄土に救い取って下さる
 ただ南無阿弥陀仏とお念仏しなさい

 そういう話は
 その教えの深い趣旨を理解する前に
 入り口で拒否されてしまう

 そう感じるのです。

 しかし
 人の愚かしさは今も昔も変わっていません

 僕自身も「救いようのない愚か者」

 自分をそう感じます。

 そんな自分をも
 阿弥陀仏は必ず救って下さる
 すべてをその大悲に
 おまかせして生きなさい

 とする絶対他力の思想は
 とてもよい救いになると思います。

 またそれは

 ブッダの説かれた人の正しい在り方への
 ひとつの真理への道だと思います
 
 
 ですから
 それを阿弥陀仏や浄土などを持ち出さずに
 説明する教えが必要なのではないか
 そう思うのです。 

 
 それについてどう考えると
 現代人にも合っているのか
 納得してもらえるのか

 悟りとは何か
 逃れられない老いと死をはじめとする
 いろいろ不快な人生の苦痛をどう受け止めれば
 幸せに過ごせるのか

 あなたはいかがでしょう

 あなたにとって面白くない不快なことを
 どう受け止めれば幸せになれると
 感じますか
 
 僕の考えは次回に


 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる