ただあるがままに       姫野 修一郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 親が子に「人に迷惑をかけるな」と教えることは正しいか?

<<   作成日時 : 2018/07/22 02:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
7・21(土)


  親が子に「人に迷惑をかけるな」と
  教えることは正しいか


 姫野です。
 今日も京都は蒸し暑い一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや〜、暑いですね。7月初めの大雨のあと
 は連日猛暑です。

 僕は7月はレポートを7つ作成し
 8月1日2日は試験というのに
 しかも仕事が忙しいという状況で、
 このメルマガ・ブログの作成の時間も
 それに充てて、少し間が空きました。

 昨日までで2本仕上げ、
 今日はレポート1本をようやく仕上げて
 今これを書いています。
 でもまだあと4本あります。トホホ…
 
  
 さて
 先日田畑正久先生のお話をお聞きしていて
 印象に残ったお話をシェアーさせて下さい。

 ある作家の方のお話で(すみませんお名前を忘れました)
 その方が息子が中学生になったときに
 こう告げました。

 「これからは、お前を大人扱いする。
  大人として、人に迷惑だけはかけるなよ」

 そう教えた息子さんは
 しばらくして自殺されました。

 とても繊細で感受性の強い息子さんで
 しかも純粋で多感な年ごろです。

 「人に迷惑をかけないでは生きられない
  ダメな息子です」という遺書を残されました。


 もちろん、その作家の方は親として
 ごく普通のこととして
 「人に迷惑をかけないような人間になって欲しい」
 ということからそう話しただけで
 それが、そこまで息子を追い詰める言葉に
 なろうとは思ってもみなかったでしょう。

 ちなみに、うちの母もよく僕に小言を言います。

 「まあ、お前はどうしようもない人間だけど
  悪いことだけはするなよ。
  悪いことをして親兄弟に一生迷惑をかける
  まねをするんじゃないよ」

 僕はいつも聞き流します。
(すでに悪い息子ですかね)
 
 つまり、この作家のお父さんも
 僕の母程度のつもりだっただろうと思います。

 
 後年その作家の方が
 述べられた言葉です。

 「あ〜、子供にあの時
  人に迷惑をかけるんじゃないよ」
 と言うのではなく

 「人に迷惑をかけずには生きられないのが
  人であると気付ける人になれよ」
 そう言えばよかった。


 人生では誰もが、意図しなくても
 人に迷惑をかけて生きています。

 恥ずかしく、罪深い
 後悔や反省の種の尽きないのが人間です。

 僕もそうです。でもまた、
 「あの時のあのレベルの知識・人格の自分としては、
  そうせざるを得なかったな〜」
 とも思うのです。

 人間は本当に愚かで罪深いという面があります。
 そして、それは誰もが死ぬまでそうでしょう。
 (でもまた中には、自分が悪いとは全く思わない思考回路の
  ような不思議な人もいますね、人も多様です)
 
 
 自分がそんな愚かで罪深い存在でありながらも
 生かして下さっている働きがります。

 その愚かさ、罪深さを転じて
 慈悲のこころを磨き、感謝・報恩に生きなさい。
 仏法ではそう教えます。

 そうすると、その愚かさ、恥ずかしさ、罪深さも
 あなたを仏にするための大切な経験になります。


 さて
 あなたなら子供にどう教えるでしょうか。
 
 

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
親が子に「人に迷惑をかけるな」と教えることは正しいか? ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる