ただあるがままに       姫野 修一郎

アクセスカウンタ

zoom RSS DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第3回 人はなぜ生きるのか

<<   作成日時 : 2018/10/09 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年 平成30年 
10・8(月)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第3回

   人はなぜ生きるのか

  
 姫野です。
 今日京都はさわやかに晴れた一日でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや〜、
 仕事の締め切りと、個人的なレポートの締め切り
 がやっと一段落してこれを書いています。

 金木犀の香りがただよう季節になりました。
 僕は金木犀の香りをかぐと、大分の高校の
 校門を想いだします。
  校門のそばに金木犀の木があったのです。
 他でも、たくさん金木犀の木はあったのに
 なぜか、高校の校門の景色が一番に浮びます。
 

   想い出は 金木犀の 花の頃

             修一郎

 月や星もきれいな季節になりました。
 これも秋のよさです。
 名月を眺めて西行の一首

  秋はただ 今宵一夜の 名なりけり

    同じ雲居に  月はすめども

             西行
 

 さて
 幸せのために
 
 題して DNAの声を聴け!第3回
 生老病死の捉え方
 今日は「人はなぜ生きるのか」を考えてみましょう。

 あなたは、なぜ生きているのでしょう?

 もちろん人生には楽しいことも
 たくさんあります。

 しかしまた、「もう死にたい」と思うような
 恥ずかしい思いや後悔もあります。

 また、出口の見えない苦しい暮らしを
 している人もいます。

 この先、生きていても、もうそう楽しいことも
 起きないだろうと思える人もいます。


 それなのに人は生きています。

 たとえ死にたいと思っても
 自分の思いとは別に

 あなたの心臓は勝手に動き、息をして
 お腹がすき、水を飲み、何か食べます。


 生きなさい


 そうささやく理屈抜きのDNAの声なのです。

 人が小賢しい頭で考えることを超えた力が
 あなたに働きかけているのです。

 
 では、自分は生きて何をすればよいのでしょう


 仏教では、「今を生きなさい」と教えます。
 過去に生きるのでも、未来に生きるのでもなく
 今を生きなさい

 「今を生きる」とは何でしょう

 今を生きるとは
 今しかできないことをすることです

 あなたにとって「今しかできない」
 ことは何でしょう

 過去にやった、将来やろうと言うのではなく
 あなたに今しかできないこと

 何の才能も、とりえもないあなたが
 今の自分でもできること
 

 それは愛すること


 DNAは生きて愛しなさい
 そうささやいているのだ

 僕はそう感じます。

 あなたはいかがでしょうか?


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第3回 人はなぜ生きるのか ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる