日本人の宗教観を考える。幸せに宗教は必要か(2)

 
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2020年 令和2年
4・26(日)
 
  日本人の宗教観を考える
  幸せに宗教は必要か(2)
     
 姫野です。
 今日京都はくもり時々晴れのお天気でした。
 
 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや~、在宅勤務もさすがに少し飽きてきました。
 やはり、外を出歩くというのも
 僕には必要でありまする。

 しかし、歴史から見ても
 どんな流行にもピークと収束の波があります。
 そのサイクルからすると
 このコロナ騒動も、日本だけなら、5月の
 連休明けには、長くても6月には納まりを
 見せそうです。
 
  ただ中国では武漢以外の都市に広がって
 ピークと収束の波の時期が国内でズレています。
 中国共産党政権は平気で嘘を流し、
 日本の大手マスコミは
 それをそのまま流して平気ですので
 日本国民の判断を誤らせます。
 こればっかりは困ります。
 中国の本当の姿は台湾メディアが一番正確です。

  インドでは13億の方が外出禁止です。
 またアフリカ大陸は全体で約13億の人口
 ですが、これから広がりそう。ということ
 で、世界の人の動きはしばらく控え、日本も
 入国禁止は続けないとないといけない。
 というところと素人ながら思います。
 
 今日は六地蔵のスーパー「イズミヤ」で
 買い物をして、ふとカレーを食べたくなった
 ので、「すきや」でカレーとあさりの味噌汁
 をいただきました(750円)。

 その後、いつものように山科川の土手で
 ぼんやりと景色を眺めてしばし休みました。

 今、つつじ、ハナミズキもきれいです。
 菜の花に蝶が舞っています。
 水の流れと、花と緑にはいつも癒されます。
 日も長くなりました。

  遅き日の つもりて遠き 昔かな

              蕪村
  (意)
  春のだんだん遅くなる日々が積もるように
  懐かしい昔の想い出も遠くなるものだな~
   蕪村らしい名句です。

 それで僕も

  遅き日も 昔を今の 流れかな

             修一郎
  (意)
  春の水辺は、懐かしいむかしの想い出を
  今によみがえらせてくれることだな~。
  おそらく水辺の詠者はイケメンでありましょう。

 さて
 あれ、今日は前置きがえらく長くなりました。
 しあわせに宗教は必要かという話をしてました。

 人生は選択と決断の連続です。
 幸せのためには、
 よい選択をして決断・行動
 することが必要です。
 
 その選択に世界の人々は文化に溶け込んだ
 自己の宗教の判断基準を使っています。
 日本人は無宗教と言いながら、秩序ある
 とてもよい国家を築いていると言えます。
 一体どんな判断基準で日本人は行動している
 のでしょう。
 
 あなたは、どんな判断基準で
 選択し決断・行動していますか?

 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。
 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント