あなたの中の慈しむ心

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2020年 令和2年
7・10(土)
 
   あなたの中の
   いつくしむ心
  
 姫野です。
 今日京都は雨の一日でした。
 
 ど~も、いががお過ごしでしょうか。
 
  むらさきを 面影にして うなずくは

    忘れてならじ  人の涙か 

              修一郎

  (意)
   雨に濡れて、ゆれる紫のアジサイは
   何か清楚で美しい女性を僕に想い
   起こさせます。愛すべき素敵な方は
   忘れてはならないのに、つい忘れて
   しまう自分がいる。そんな忘れやすい
   自分を嘆いて泣いているのだろうか。

 僕は一人のときの電車の中や、寝る前には
 ほぼ必ず本を読みます。
  色々読むのですが、ブッダの教えは
 ほぼ毎日繰り返し読みます。

 さて
 幸せのために、忘れてはならないのが
 慈しみ(愛しみ)の心です。

 ブッダが「慈しみ」について述べた言葉
 を味わってみましょう。

 究極の理想に通じた人が、この平安の境地に
 達してなすべきことは次のとおりである。
 能力あり、直く、正しく、言葉やさしく
 柔和で思い上がることのない人でなければ
 ならない。

 足ることを知り、わずかの食物で暮らし、
 雑務少なく、生活もまた簡素であり、
 もろもろの感官が静まり、聡明で、むさぼる
 ことがない。

 他の人々の非難を受けるような下劣な行い
 を決してしてはならない。
 何人も人を欺いてはならない。

 たとえどこにあっても、人を軽んじてはならない。
 怒りの想いをいだいて、悩まそうとして、他人に
 苦痛を与えることを望んではならない。

 また、全世界に対して無量の慈しみのこころを
 起こすべし。
  眠らないでいる限りは、この慈しみのこころを
 しっかりと保て。
 この世では、この状態を崇高な境地と呼ぶ。

 その通りではあるのですが
 現実の政治・社会・ビジネス・仕事の中では
 「ひどい人だ!」と思うこともしばしば起こり
 僕などまだまだでありまする。トホホ…
 でもそうありたいと願っています。

 あなたはいかがでしょうか?
    
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。
 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/
 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント