アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ただあるがままに       姫野 修一郎
ブログ紹介
zoom RSS

これからの人生を幸せに過ごすために、幸せの根源を考える

2017/09/17 22:34
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 9・17(日)


   これからの人生を幸せに過ごすために
   しあわせの根源を考える
     

 姫野です。
 今日京都は重い雲がかかってはいますが
 空気が澄んで雨は降らない気持ちのよい
 お天気でした。
  夜になり雨が降ってきました。台風も
 なかなか大変なお仕事でありましょう。

 
 ど〜も、
 せっかくの3連休ですが台風の影響で
 お出かけには不向きなお天気です。
 あなたはいかがお過ごしでしょうか。


 僕は仕事が繁忙期に入ってくる前に、今年の
 残りの歳月をどう過ごそうかと色々
 予定を考えつつ、かつぼんやりと、適当に
 過ごしています。(なんじゃそりゃ!)


 今年の僕は勉強の予定を中心に動いて
 います。人生学びが尽きるということは
 ないものですね。


  きみにより 思ひならひぬ 世の中の

    人はこれをや  恋といふらむ

             在原業平


 (意)
  浮名を流した在原業平らしい歌です。
  あなたにお会いして初めて、世間の人が
  恋と呼んでいる心持を知りました。

 「業平、嘘をつくな!」と叫びたくなりますが
  こんな歌をもらった女性は、嘘と知っていても
  嬉しいものではないだろうかと思います。

  業平は平安時代835年の産まれですから
  もう約1200年前ですが、人の心というのは
  昔から変わらないものだとよく思います。


 
 さて
 こんな連休には、静かに人生を考えるのも
 とてもよいものです。

 あなたのこれからの人生を幸せに過ごす
 ためにはどうしたらよいのか。

 しあわせの根源とは何か

 どんなこころで生きたらよいのでしょう
 
  
 古来からインドの聖者は語ります


 幸せとは
 あなた自身の存在以外の何物でもない

 外にしあわせを求めても結局は
 どこかむなしさが残る

 そうではない
 あなたの本質、あなたの真我の本質的属性が
 深い幸せ、深い歓びそのものに他ならない

 自分を移ろいやすい心や身体だと
 考えている限り深い不変の幸せはないだろう
 

 そのとおりだと僕は思います。

 僕でいえば
 守る必要のある姫野さんなど
 もともとこの世にいないのです
 
 
 すべての人は
 本来何の努力もいらずに
 とても幸せに生まれついているのです


 あなたの本質・存在が幸せです
 あなたの存在が歓びなのです

 
 ですから
 今日も明日も幸せにいきましょう!



 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都山科・醍醐 勧修寺・醍醐寺・法界寺をお参りする。

2017/09/14 22:47
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 9・14(木)


   京都山科・醍醐
   勧修寺・醍醐寺・法界寺をお参りする    
     

 姫野です。
 今日京都は気持ちのよい晴れのお天気でした。
 
 ど〜もいかがお過ごしでしょうか。
 京都はようやく朝夕涼しくなり、観光に適した
 シーズンが近づいてまいりました。

 僕もまだ少し暑いのですが
 夏は暑くて敬遠していたお寺参りを
 そろそろ復活ということで

 勧修寺・醍醐寺・法界寺をお参りして
 まいりました。

 山科・醍醐へは市営地下鉄が便利です。
 ただ京都の地下鉄は高いので、こんなときには
 1日乗車券(600円)を買われると
 絶対にお得です。

 北山駅で1日乗車券を買って、烏丸線で
 烏丸御池駅で東西線に乗り換え小野駅で
 おりて、まずは勧修寺にお参りします。

 小野駅には、小野小町ゆかりの随心寺もあります。
 今回は時間的に随心寺は省略。

 <勧修寺>
 勧修寺は900年に醍醐天皇が創建された
 由緒あるお寺です(拝観料500円)。

 しかし今は小さく
 お参りする本堂が開放されていません。
 そこが僕には残念です。

 お庭はまずまず楽しめます。
 余裕があればお参りしてもよいお寺
 という僕の感想です。


 <醍醐寺>
 勧修寺から地下鉄で一駅で醍醐寺です。
 駅ビルで「カキフライ御膳」(990円)を
 いただいて腹ごしらえして醍醐寺へ。
 醍醐寺は2回目です。

 醍醐寺は世界文化遺産にも登録され
 真言宗醍醐派の総本山です。1115年の創建です。

 秀吉ゆかりの三宝院・霊宝館・伽藍エリア
 と分かれ京都府下最古の五重塔があります。
 秀吉の晩年の「醍醐の花見」でも有名です。

 寺域は広くゆっくり見て回ると半日は
 必要です。
  しかし、ここの難点は拝観料が1500円
 と高いことです。(高すぎるぞ〜〜)
 「深く信仰が息づいている」という雰囲気が
 あまり感じられません。

 僕個人としては悪くはないのですが、
 信仰の雰囲気・拝観料・交通の便等
 総合して「是非に」というほどではない。
 そう感じます。


 醍醐寺を後に、次に法界寺に向かいます。
 醍醐寺から40分くらい歩く必要があります。
 まあ僕は散策がてら
 歩いて日野の法界寺へと向かいました。

 道がとても分かりずらいので
 醍醐寺からは歩かない方が正解です。
 僕も道に迷いました。

 <法界寺>

 法界寺は藤原北家日野氏の菩提寺です。
 真言宗別格本山を名乗っています。1050年創建。
 僕は初めてのお参りです。

 日野氏は代々の室町将軍家に正室を送り出していました。
 
 応仁の乱で有名なの日野富子も、ここ日野の
 出身です。また、日野氏の中では没落貴族と言っても
 よいのですが、親鸞聖人もここ日野でお生まれに
 なりました。

 法界寺は正月14日の「法界寺裸踊り」で今も有名です。

 寺域は今は狭いです。拝観料500円です。
 ただ阿弥陀堂は中に入ってゆっくり拝めます。
 その点は、僕は気に入りました。

 僕はお寺はいくら観光寺だといっても
 ご本尊はゆっくり拝める、お参りできるように
 最低限はして欲しい。そう思います。


 ご本尊阿弥陀如来像は、平等院鳳凰堂の阿弥陀如来と
 ほぼ同じ時期に作成された、定朝様式の平等院と
 そっくりのお仏像です(国宝)。

 僕は定朝作の平等院の阿弥陀如来像より
 こちらの方がお顔立ちが気に入りました。
  座ってゆっくりお参りしました。

 法界寺は悪くはないのですが
 場所が辺鄙で、交通の便も悪く、
 短い観光で京都にいらした方には
 不向きだと感じます。

 ただ機会があるときには一度お参りされても
 よいと思えるお寺です。


 (としつき)
   年月を いかでわが身に おくりけん
 
     昨日の人も  今日はなき世に

                西行    

 
 僕は、お寺参りをしながら
 今の僧侶の方は
 仏教の教えを庶民に説く、伝える大切さ
 を軽く見ている。そう感じて残念に思います。

 あなたはいかがでしょうか



 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


う〜ん、はて人生に何を望むか?

2017/09/11 16:09
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 9・11(月)


    う〜ん、はて人生に何を望むか    
     

 姫野です。
 今のところ京都はくもりのお天気です。
 まだ動くと暑いのですが風は確実に涼しくなっています。 

 ど〜もいかがお過ごしでしょうか。
 僕は珍しく月曜日休みで、
 今珍しく昼にこれを書いています。


 人の運命の面白さの話です。
 ロサンジェルスでは都ホテルに宿泊しました。
 その1階の売店で今年68歳という日本人
 女性とちょっとお話をしました。

 その方は、日曜日のみ、ここの売店でパートで
 働いているとのことです。


 「ロサンゼルスで暮らすなんて全く思っても
  いなかった」という
 その女性のお話が面白いと感じました。


 その方は兵庫の生まれで、大学を出て
 東京のポーラ化粧品の本社に勤めてらした
 のですが、結婚したご主人がロサンゼルス勤務
 になりご主人についてきたそうです。

 家で何もしないのもつまらないので
 どこかで働こうかと思い、新聞で知って
 海苔の工場の会社に面接に行きました。

 面接して、「とても私には勤まりそうもない」
 と感じたので断ったところ

 「まあいいから2・3時間でもいいから
  ちょっと働いてみて」と言われて
 教わりながらなんとか働いていたそうです。

 そうしたら
 ご主人の知り合いの山本山の海苔の工場の会社
 から電話があり
 「海苔を扱っているならぜひウチで働いて
  くれないか」ということで山本山で働くこと
 になり、以来、平日は山本山の工場の事務で働き、
 日曜日は頼まれて都ホテルの売店でパートを
 している。のだそうです。

 ご主人は数年前に亡くなられて、今は息子や孫に
 会うのが楽しみだとおっしゃいます。


 「へ〜、山本山の海苔の工場なんて、ロサンゼルスで
 商売になるんですか」と僕。

 ところが、これが日本食のすしのお店がアメリカで
 増えて「生産が追い付かない」くらいなのだそうです。

 工場では今英語の分からないメキシコ人が8割で
 スペイン語が必要になってきている。

 「だから私も自然にスペイン語を少し覚えたの。
  もう今はアメリカの工場で働くなら、英語だけじゃ
  なくスペイン語も必要になってきてるのよ」

 息子さんと娘さんは共に州外で働いていて
 はじめ金融の会社に勤めていたのですが辞めて、
 今は在宅でインターネットでファイナンスを
 して暮らしているとのことです。

 「時代は変わったわね〜。もう会社勤めではなく
  在宅でインターネットで仕事して暮らせる時代に
  なっているなんて」

  なんとなく
  アメリカ西海岸の今の一端が垣間見れるお話です。
 

 「人生ってどう展開するか本当にわからないわ。
  私もアメリカで暮らすなんて若いときには
  全く思っていなかったのに…」

 
 とても感じのよい方でした。
 女性ならではの人生の展開の面白さがありますね。 
  
 
 
 さて
 幸せのために宗教は必要かという話を
 していました。まあその話の延長です。

 人は人生に、宗教に何を望むか
 という話をさせてください。

 どうでしょう。

 あなたは宗教に何を望みますか?

 無宗教なら
 人生に何を望みますか?


 僕は人により
 大きく3つのタイプがあると思います。

 1 とにかく現世利益
   自分の望みを叶えて欲しい
   そのために神様仏さまに祈る


 2 善をなしたい
   真面目な方で、人として正しく生きたい。
   人に迷惑をかけず、善人として人生を暮らしたい。

   そのために宗教を学び祈る

 3 さとりを得たい
   さとりを得て人生でなにがあっても
   揺らぐことのない深いこころの平安を求める人
   そのために修行をいとわない人


 宗教に対する態度で、
 その人が人生をどう捉え、どう過ごしたいのか
 この3つのどのタイプかでも少しわかります。

 宗教団体もこれに応じて
 自分の宗派、団体、お寺や神社の宣伝をします。


 どのタイプがよいのか悪いのかということは
 ないと思います。

 ただ僕は思うのですが
 1から2へ2から3へと進む人も
 多いだろうと考えます。

 でもそれでも多くの人は
 少し宗教を学んでも
 まだ自分の今の人生がよく分かりません


 真の宗教と呼べるには
 まだ先がある

 真の宗教の教えは
 現世利益・善と悪・さとりへの欲求を
 超えたところにある


 自分の自我の働き、こざかしい思慮分別
 を超えて「ただあるがままにある」

 大いなる働きのなかに身をゆだねる
 いわば大いなる愛の流れに身をゆだねる
 その中にしかない


 この混沌とした、ある意味、でたらめがまかり通り
 矛盾だらけの面白くもない世間のただ中で
 そう言っている自分もどうしようもないなまけ者で
 愚か者のただ中で


 今、ここ、自己の直下に極楽浄土を観る
 今、ここ、自己の直下に深いしあわせと歓びを観る


 それを教えて下さるのが
 真の宗教、真の僧侶だと僕は思います。

 今の日本で
 こうしたごく初歩的な宗教理解
 宗教教育がなされてなくて
 信頼してよい、よい語り手も少ない
 「それは幸せのためには残念なことだな〜」
 
 そう感じて僕は「誰かのお役に立てれば」と
 こんなことを書いているわけです。

 道歌に曰く


  わけ登る ふもとの道は 多けれど

    同じ高嶺の  月を見るかな


 さて
 あなたはいかがでしょうか


 まあ、変な宗教や教祖に引っかからずに
 人生を考え、宗教を考えるときの
 ひとつの参考にしていただけると
 ありがたいと思います。 
 


 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人生に宗教は必要か(2)

2017/09/06 21:50
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 9・6(水)


    人生に宗教は必要か(2)    
     

 姫野です。
 今日京都は少し蒸し暑いくもりの一日でした。
 
 ど〜もいかがお過ごしでしょうか。
 涼しくなってきたと思ったらまた
 蒸し暑さが戻ってきました。

 サンフランシスコは夏は涼しくて
 家庭ではクーラーがいりません。

 僕は以前の経験で知っていたので
 フリースをもっていきましたが
 夏でもフリース等が必要です。

 日本から夏にサンフランシスコに行くときには
 その点の注意が必要です。
 

 人はどうしても今自分の今住んでいる
 場所の経験に縛られてしまいます。
 
 ロサンゼルスは日差しは暑いのですが
 湿度がなくカラッとしています。
 ですから、日陰にいると快適です。

 多くの方がロサンゼルスは住みやすい。
 というのも理解できます。

 日本は湿度が高い気候で夏は過ごしにくい
 土地なんだな〜と改めて感じます。

 こうした感覚は現実に行ってみないと
 分かりにくいものだと思います。

 またロサンゼルスは関東平野くらいの
 広い大きな都市です。フリーウエイが
 片道5車線で縦横に通じています。

 それでも通勤時は渋滞するというのですから
 いかに車社会かが分かります。


 日本の自分の地元・故郷もよいものでは
 ありますが、それに縛られず
 これからの若い人はどんどん世界に出て
 自分の住みやすい土地を見つけて住む
 というのもよいと感じます。


 さて
 幸せのために
 あなたの人生に宗教は必要か
 というお話の続きです。

 いかがですか
 今多くの日本の方は、

 「幸せになるのに宗教はいらない」
 
 むしろ変な宗教に騙されて
 マインドコントロールされて
 なけなしの金までむしり取られる
 変な教祖に利用される

 のが怖いと考えていらっしゃる方が
 かなり多いのではないかと思います。


 しかし
 大人になって少し広く世界を知れば
 この世は矛盾・不合理・暴力・いじめ
 どうしようもない貧困や愚かさ

 私利私欲のためには他人がどうなろうと
 知ったことではないという人も
 たくさんいることがよくわかります。

 ふと、自分の人生がむなしくなる。
 仕事や人間関係に疲れて嫌になる。
 女房や夫の顔を見るのが嫌になる、ということも
 多くの人に多かれ少なかれ起こってきます。

 そんなときにどう乗り越えるとよいのでしょう。

 ただ「むなしさに耐えて生きるのが人生」
 と割り切って、自分の生活だけを考えて
 生きるしかないのでしょうか。


 「なぜあなたは生きるのか」

 それを深く知っていると幸せに乗り越えることが
 可能となります。

 
 なぜ生きるのか

 それに答えてくれるのが宗教だと僕は思うのです。
 
 でも、僕の悩みは
 それに僕が納得できるように答えてくれる
 宗教がないことです。

 既成宗教も新興宗教もよいことは言って
 くだっさっているのですが、今一つその教義は
 古く、現代人の感覚には合わないと感じるのです。


 合理的な理性的な見地から見ると
 「う〜ん、今一つ」と僕は感じます。


 でも、もちろん否定するつもりはありません。
 無理なく今の既成宗教を信じられるのであれば
 それに越したことはないと思います。


 ただ僕個人は「今一つ全面的には納得しがたい」
 そう感じます。

 それがあれば僕はその宗教の僧侶になっていた
 と思います。


 本当に世界中のすべてに人が幸せに生きられる
 教え、真理はなんだろう。

 それがないために、僕はそれを求めて
 まあ人から見れば変な人生を送っているわけです。

 
 なぜ生きるのか


 あなたはなぜ今日を生きるのでしょう

 あなたは今本当に生きていますか


 それに正面からこたえるのが宗教
 とするなら、宗教は人として生きる基礎になる。
 必要かどうかなどは実は愚問で
 
 宗教なしには
 あなたの人生に深いこころの平安はない

 僕はそう思います。

 あなたはいかがでしょうか

 
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたの人生に宗教は必要か

2017/09/02 22:20
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 9・2(土)


   あなたの人生に宗教は必要か
   僧侶とは何か、宗教とは何か
    
     

 姫野です。
 今日京都は爽やかな風が吹く
 気持ちのよい晴れの一日でした。
 
 ど〜もいかがお過ごしでしょうか。

 アメリカ西海岸研修旅行から戻り
 溜まった仕事と洗濯物を片付けて
 やっと日常のペースが戻ってきた僕です。
 (コラ!仕事と洗濯を一緒にするな。
  いやまあ似たようなものです)


 今日はジムに行って軽く汗を流し、
 帰りに賀茂川べりの土手の木陰のベンチで、
 青い空・白い雲・山や植物園の緑・賀茂川の流れ
 をひとり眺めていて、

 「あ〜、とても幸せだな〜」と感じました。

 その後、御園橋近くの「さかい」という食堂で
 広東麺(720円)をいただきました。
 広東麺は僕の好物のひとつです。


 今回の旅については
 ちょっと個人的にさわりがあり、10日間の
 研修旅行の旅の細かな全体の内容は現時点では
 書けないのですが
 まあ言える範囲でお伝えしましょう。
 

 日本航空で伊丹空港から羽田へ行き
 まずサンフランシスコに向かいます。

 サンフランシスコのホテルには4泊しました。
 1階にスターバックスがあり、朝4時から営業
 していて、宿泊中は毎日行きました。

 レジの20歳前後の若い感じのよい黒人の女の子に
 「ハーイ、グットモーニング」と声をかけて挨拶、
 僕を憶えてくれて
 4日目の朝、コーヒーとクロワッサン1つを
 注文すると、渡して下さるときに
 ウインクしてV字を出しました。

 コーヒーとクロワッサンが2個袋に入っていて
 クロワッサンを1つサービスして下さいました。
 
 わずかなことですが
 こんなことでも楽しくなります。
 
 
 
 さて
 今回の旅ではとても有益な学びと出会いが
 ありました。

 そこであなたの幸せのために
 「あなたの人生に宗教は必要か」という
 ことで少しお話させてください。
 

 サンフランシスコ在住の
 宮地信雄さんという浄土真宗の僧侶の方のお話で
 「僧侶とは何か」という話題になりました。


 どうでしょう
 僧侶とはどんな人を言うのでしょう 

 
 宮地さんはおっしゃいました。
 「自分の死の解決をつけた人が僧侶だ
  自分の死の解決をつけていない人は
  僧侶と名乗っていても僧侶と言えない」


 「う〜ん、そのとおりだろう」
  と僕は感じます。


  自分の死の解決をつけた人であって初めて
  今生きていることの意味がよく分かります。


  どうでしょう
  あなたは今自分が生きていると言えますか

  あなたは今本当に生きていますか


 
  つづく…

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「まあ、この程度か」 隻手音声

2017/08/18 23:46
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 8・18(金)


    「まあ、この程度か」

    隻手音声(せきしゅおんじょう)
      

 姫野です。
 今日も京都は雲の多い蒸し暑い一日でした。
 でも朝早くは雷雨がありました。

 
 ど〜もいかがお過ごしでしょうか。

 前にも申しましたが明日19日から10日間の
 アメリカ西海岸研修旅行に行きます。
 帰国は8/29の予定です。

 これを書いてから、そろそろ出発の
 用意もしなくてはなどど思っています。


 事前にもっと勉強したかったのですが
 「まあ、この程度か」というところで
 もう明日出発になってしまいました。

 
 しかし、それで思ったのですが
 「人生も似たようなものではないか」


 もっと、あれもしたい、これもしたいと
 思いつつも、もうすぐに死が迫り
 「まあこの程度で、切り上げざるをえない」
 ということになると思います。


 でもそれが人生で、それでよいのだと
 僕は思います。


 あなたはいかがでしょうか。


 さて
 少しお休みするので
 この間、よろしければ有名な禅の公案でも考えて
 見てください。


    「隻手音声」(せきしゅおんじょう)  
 
 
 江戸時代中期の禅僧、白隠和尚が修行僧に問いかけます。
 「両掌(りょうしょう)打って音声(おんじょう)あり、
  隻手(せきしゅ)に何の音声かある」


  あなたなら何と答えますか。

  いや別に「正解を出そう」
  などと思わず、自分が感じる答えで
  どう思われるでしょう。


  僕の感じている答えを言っても
  公案は意味がありません。

  
  気になる方は、何かの折に
  僕に聞いてください。

  同じなら
  僕は笑顔で「賛成だな〜」と応えます。
  

  あなた自身が
  「隻手の音声」と僕は思います。



 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


常住の大悲

2017/08/13 23:21
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 8・13(日)


    常住の大悲
  

 姫野です。
 今日も京都は蒸し暑い晴れの一日でした。

 いや〜、ど〜もいかがお過ごしでしょうか。
 お盆休みの方が多いと思います。


 僕はここ数日は主に
 部屋で本を読んで過ごしています。
 19日から10日間のアメリカ西海岸研修の
 勉強なのであります。


 今日は、トマトのパスタと丸天(じゃこのすり身)
 キュウリとバナナとシャインマスカットを
 いただきました。美味しかったです。

 シャインマスカット(1房 1980円)は
 高いですがおいしいです。
 もしまだの方はいちど試してみてください。


 お盆は亡き人をしのぶ季節でもあります。
 

   緑濃き 木陰に浮かぶ あれこれは

     流れて淡き  人の世の夢 

              修一郎

 折々に
 亡くなった方を想い出しては
 「あの方の人生は幸せだったんだろうか…」 

 などと思います。

 他人がどうこう言えるものでもないことだ
 と思います。

 しかし
 全体として傍から見て感じる思いがあります。

 幸せな人生とは
 どんな人生を言うのでしょう。


 あなたはいかがでしょうか。
 あなたはどんなときに幸せを感じますか。

 僕は
 ぐっすり眠ったとき
 うとうとしているとき
 美味しものをいただいたとき
 賀茂川べりでぼんやりしているとき
 夜頭が冴えているとき…
 などなど


 おかげさまで
 日々の貧しく平凡な暮らしがありがたいと
 感じて過ごしています。

 まあでも、誰にせよ一番は
 通い合う愛の中にいるときだろう
 と僕は想います。


 さて
 大乗仏教の根本にあるのが
 「常住の大悲」です。

 もちろん僕も含めて
 人はみな愚かであり、共に凡夫です。

 しかしその凡夫の存在の根源に
 いつも仏の大悲が流れている。

 利害や好みによりすぐに移り変わる
 私たちが愛と呼ぶものを超えた
 大きな愛がいつも流れている
 そう捉えるのです。
 
 源信はおっしゃいます
 「大悲無倦 常照我身」
 (だいひむけん じょうしょうがしん)
 
 大悲はうむことなく、常に我が身を照らす。

 「それはそのとおりなだな〜」
 と僕は感じているのです。

 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


私たちが人生で人にしてあげられる一番なものは何だろう?

2017/08/10 01:12
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 8・9(水)


  私たちが人生で人にしてあげられることで
  一番のものは何だろう?


 姫野です。
 相変わらず今日も京都は蒸し暑い晴れの一日でした。

 いや〜、ど〜もいかがお過ごしでしょうか。

 今京都では観光客の方相手にレンタル着物のお店が
 増えて街では浴衣を着た若い女性が結構歩いて
 いらっしゃいます。

 僕は日本女性の着物・浴衣姿は好きです。


   見るからに かたへ涼しき 夏衣

    日も夕暮の  やまとなでしこ

              後鳥羽院


 先日、祇園の日本料理屋で7人で食事しながら話を
 していたときに出た話題で

 「私たちが人生で人にしてあげられることで
  一番のものは何だろう?」

 という話題が出ました。

 「人助け、弱者救済」と簡単に言うけど
 自分に金銭的・時間的な余裕がないと弱者救済など
 現実にはできないのではないか。

 「それは言えるよな〜」

 「自分が今日の暮らしに困っていれば
  自分が弱者だもんな〜」

 「弱者救済したいといって政治家になっても
  いつしか変になっちゃうしな〜」

 などと「う〜ん、まあそう言えるな〜」
 と思います。



 さて
 「それで、弱者にしてあげられることで
  一番よいものは何だろう?」

 という話になりました。

 あなたはどう思われますか。


 「それは教育だろう」
 という意見がでました。

 確かに、その人が世界のどこででも何かしらして
 生きていくのに一番役立つのはよい教育だろうと
 思います。


 そして僕は思いました
 幸せな人生を歩むために大切なもの…

 それは、よいこころの教育ではないのだろうか。

 自我はつい
 自分は悪くない、まともな人間だが
 悪いのは他人であり社会だ
 とつい思うようにできています。

 知らず知らずその人は
 他人から見れば
 見苦しい大人になってしまいます。

 でも怖いのは、それを自分では気づけずに
 本人はますます、他人が悪い、社会が悪い
 と思ってしまうことです。

 自分の心の在り方を
 しっかりと見つめ、制御して
 その社会で素敵な人として人生を送るには

 よい心の在り方を学ぶ教育
 というのがとても大切だろう。

 教育で高度な知識の獲得というのも
 大切ではありますが

 よい心の在り方を人が学んでなければ
 それも社会の幸せには役に立たないだろう。

 深い愛が通い合う日々の暮らし、社会、世界には
 よい心の在り方を各自が深く自省して学び続ける人
 となる教育が欠かせないのではないか。


 まあそんなことをちょっぴり偉そうに思いました。


 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


何気ない平凡な人生

2017/08/06 23:47
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 8・6(日)

   何気ない平凡な人生
                                         
 姫野です。
 今日も京都は蒸し暑い晴れの一日でした。

 いや〜、ど〜もいかがお過ごしでしょうか。

 平成29年も僕に断りもなく
 はや8月となりました。
 
 お盆休みをどう過ごそうかとお考えの方も
 多いと思います。

 僕は色々と本を読んで勉強して過ごす
 予定です。
 そういうと、何か立派なように聞こえる
 かもしれませんが、ただ遊ぶお金もないし、
 特別付き合ってる女性がいるわけでもなく、トホホ…
 読みたい本が
 たくさんあるというだけのことです。
 
 好きな本を読んで、新たに学べるというのは
 僕にとってはとても楽しいことです。

 それと8月の後半は、10日ほど
 サンフランシスコとロサンゼルスに
 仏教関係の研修旅行に行きます。

 まあしかし、いくつになっても
 自分が知らないことだらけで
 「う〜ん」とため息をついてしまいます。

 今日はいつもの北大路のスポーツジムで
 汗を流した後、パソコンのインクなど少し買い物をして
 リンガーハットで「皿うどん」(580円)
 をいただき、賀茂川の土手で景色を眺めながら
 過ごしました。

 こうした何気ない一日も楽しいものだな〜
 などとしたり顔で思います。


 さて
 こうした何気ない平凡な人生に何の意味があるのか。
 ときに人は思います。

 僕はいつも感じます。
 生きるとは人と地球を愛することだ

 自分の残りの人生を
 それに反する生き方はしたくないものだ
 
 などと偉そうに思うのです。

 栄西禅師はおっしゃいます。

 即今・ここで・自己の直下に
 真実の自己を見出すのでなければ
 人生らちが明かぬぞ!

 道元禅師は

 さとりとはすべからく身心脱落にあり
 身心脱落・脱落身心
 
 仏法は人に心の安らぎを与える教えです。
 そうでなければ仏法ではないとも言えます。

 あなたも夏季休暇は安らいで
 身心脱落して過ごすのもいいですね。

 

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カハン族の王のお話  それは誰にも起きること

2017/07/30 02:00
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 7・30(土)

   
   カハン族の王の話
   それは誰にも起きること
                                   
                
 姫野です。
 今日も京都は蒸し暑い晴れの一日でした。

 いや〜、ど〜もいかがお過ごしでしょうか。
 もう毎日蒸し暑いですね。

 朝セミがうるさいほどに鳴いています。
  
  
   朝露の 木の間もれくる 蝉しぐれ

     晴れ間も青き  空の影かな

               修一郎


 もうすぐお盆です。
 ふと亡き人を想い、偲ぶ機会とも言えます。
 また、自分の死も考える機会とも言えます。



 さて、そこで
 幸せのために、老いや死について考えて
 みましょう。

 餓鬼事経にこんな話があります。

   カハン族の王

 遠い昔の話です。
 カハン族の王は最愛の息子を失った。

 「あ〜、息子よどこへ行った?こんなに早く
  私を見捨ててどこへ行った」

 と嘆き悲しみ、仕事も手につかずふさぎ込み
 ベッドに寝込んでうわごとばかり言っていま
 した。

 これではカハンの民が困ります。王を補佐して
 いた頭のよい王の弟は一計を案じます。

 「ウサギを取ってくれ、ウサギを取ってくれ!」
 と大声で叫びながら街をうろつきます。

 町中の人は、気がふれたと思いました。

 
 執事が王に報告します。
 「王よ起きて下さい。弟様がうさぎ、うさぎ
  と叫びながら街をうろついています」

 カハンの王は、それを聞いてさすがに
 それは寝てもおれないと、ベッドから起き出し
 街へ出かけます。


 「弟よ、ウサギ・ウサギとお前は
  どんなウサギが欲しいのだ。お前の望みは
  おれが叶えてやるぞ」

 「王よ私は月のウサギが欲しいのです」

 「あ〜、お前は気がふれてしまった。
  お前は望むべきでないものを望んでいる。
  どうして月のウサギなど取れるのだ」


  王の弟はここで答えます。
 「王よ、あなたは摂理を御存じです。この世に
  死なない息子を望んで叶う人がいるでしょうか」
  
  ここで王はハタと気づきます。
 「あ〜そうだ、お前は私の心の悲しみの毒矢を
  抜いてくれた。
  そうだ、人は必ず死ぬという無情な真理がある。
  そう私はもう嘆き悲しむまい」


 人生ではいろんな悲しい出来事も起きてきます。
 望んで叶わない哀しみもあります。


 あなたにも、ときに悲しい出来事が起き
 あなたを強い苦しみや悲しみや後悔の念が
 襲うこともあるでしょう。

 でもそれは

 誰にでも起こることです。

 冷静にありのままに受け入れざるを得ません。

 あなただけが、生涯楽しいことだけで
 人生を送ろう。と望むのは叶わぬ願いです。


 このお話は
 事実はありのままに受け入れて
 冷静に人としての智慧を磨くことが
 苦しみから免れる道だという
 仏教の教えのお話になります。


 う〜む、その通りだな〜と感じますが
 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三縁の慈悲

2017/07/23 21:59
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 7・23(日)


   三縁の慈悲
                                
                
 姫野です。
 今日も京都は蒸し暑い晴れの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 
 僕はやや夏バテ気味ですが
 あなたはいかがでしょうか。

 ここのところ、隣のスーパーで
 キュウリが3本で100円なので
 キュウリを塩もみして、冷蔵庫に入れて
 冷やして、箸休めでいただく毎日です。

 多分あなたも毎日キュウリでしょう。
 (コラ!勝手に決めるな)

 僕はレポート論文を今週木曜日までに
 書き提出しなければならず、暑さの中
 享楽の巷(ちまた)を低く見て
 (いや指をくわえてみつつ)
 本を読んだり、ワードを打ったりしています。
 
 でもそうしているうちに
 瞬く間にときは流れ去ります。

  昨日といひ 今日と暮らして 明日香川

    流れてはやき   月日なりけり 

               春道列樹


 さて
 この流れ去る人生を、
 自分はどう生きたらよいのか。

 誰もが直面する問題で、
 最後はだれもが自分で
 解決しなければいけない問題です。


 僕は愚かで、欠点も多い人間です。トホホ…
 そうではあっても、
 少しでも慈悲・慈愛にあふれた人間に
 なりたいものだと願っています。

 仏教では<三縁の慈悲>という言葉があります。 

 慈悲には3種ある。

1 衆生縁の慈悲 我々の慈悲はこれです。
         人を見ておきる。人により態度が違います。
   
2 法縁の慈悲 法のうえで人を見る。
        人は見ないという点では衆生縁より優れている。
        でも法に縛られています。

3 無縁の慈悲 全く区別を知らない慈悲、
        菩薩・如来の慈悲です。


 あなたの慈悲はどれでしょうか。

 人生はそこに愛が流れ
 慈悲が流れて
 はじめて深い歓びが生まれます。



 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


  



 




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


祇園祭に梵我一如(ぼんがいちにょ)を考える。

2017/07/15 21:44
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 7・15(土)


   祇園祭に
   梵我一如(ぼんがいちにょ)を考える
                             
                
 姫野です。
 今日も京都は蒸し暑い晴れの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 僕はぐた〜とだらしなく寝てます。
 あなたもきっとそうでしょう。(勝手に決めるな!)

 今、京都はまるで祇園祭のようなにぎやかさです。
 何だろうと思って確認すると祇園祭でした。
 (なんじゃそれは!)


 僕は祇園祭は好きです。

 会社が京都一番の繁華街四条通にあり、
 長刀鉾のそばなので、鉾建て、初引きなどを
 見ることができます。楽しいです。

 鉾ごとに・お囃子・提灯・ちまきを売る各町内
 のお店などなど、なかなか楽しいです。
  機会があれば一度祇園祭をご覧になっても
 損はないと僕は思います。

 下記の動画で雰囲気をお楽しみください。
 https://www.youtube.com/watch?v=c8tGjKukd6s


 それにしても
 古来より人はいろんなことを思いつくものだと
 感心します。

 祭りなどもそうですね。
 
 人知を超えた大いなる働き、存在を感じて
 感謝し、畏敬し、崇拝する、ついでに
 自分たちも楽しむというのはうまいことを
 考えたものだと感じます。
 

  にごりなき こころの水に すむ月は

     波も砕けて  光とぞなる

               道元


 さて
 人知を超えた大いなる働きを感じる。
 それに感謝して生きるという人の在り方
 は、人をしあわせに導きます。


 ありがたいことに
 人はこころの在り方によって
 生き方を変えることができます。


   梵我一如(ぼんがいちにょ)

 宇宙の本質(梵 ブラフマン)と
 究極の自己とが同一であり
 それを覚知することによって
 永遠の至福にいたる。

 インドベーダ聖典の究極の教えです。
 仏教のそこにも流れている教えです。
 

 祭りのときなどに
 梵我一如を感じて、今の自分の生き方
 こころの在り方を考えてみるのも
 あなたのこれからの人生に
 とてもよいかもしれません。
 

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたの救済者などいるのか?

2017/07/09 22:53
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 7・9(日)


   あなたの救済者などいるのか
                          
                
 姫野です。
 今日京都はくもりで小雨がぱらつく
 お天気でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都はむしむしする梅雨らしいお天気が
 続いています。

 ここのところ、忙しさやお天気のせい
 もあって、好きなお寺参りもできず
 やや欲求不満な僕ですが、
 あなたもきっと、やや欲求不満であり
 ましょう。(コラ!勝手に決めるな)


   松風や 音羽(おとわ)の滝の 清水(きよみず)を

      むすぶ心は  涼しかるらん

                 清水寺の御詠歌

 (解説)
  御詠歌は観音様の功徳を庶民に分かりやすく
  歌ったものです。
   お参りして、こうして清水をいただけるのも
  観音様のおかげであるな〜。
   
  人はついつい、傲慢になり自分の力で生きてる
  ような気になります。
  いやそうではなく、おかげさまで生かされて
  いるんだとお参りして想い、感謝すると
  こころも清々(すがすが)しくなります。
  


 さて
 「人生の意味」の話をしていました。

 あなたの人生に意味はあるのでしょうか。

 ここまでの人生を振り返ってみて
 自分の人生をどう思うでしょう。

 今後どう生きたら幸せな人生と言えるでしょう。


 1つの決まった正解などはない
 といえる問いでしょう。

 古来より東洋の聖者はいいます。

 1 自分の人生というが
  「自分などはもともとこの世にいない」

 2 生きる意味などない。
   あえて言葉にすれば神を知ることだ。

   それは「自分などいない」と分かるときに
   自然にわかる。


 人生には成功も失敗も、勝ち組や負け組
 もありません。
  それに一喜一憂する愚かな自我がある
 だけです。
 

 私には家族がある、生活がある、金が要る
 と閉塞感や欲求不満に流されて生きる暮らしに
 笑顔は出ません。
 
 世間の常識や価値観に縛られない。
 貧欲を断ち、執着を断ち、
 苦しみはその場に捨てて進んでゆく。


 閉塞感や欲求不満は自分の頭の思考が
 堂々巡りしているだけのことです。

 そんな時にはよき先人に学び教わる
 必要があります。


 自分の頭で考え
 学びながら
 少しずつでもいいから
 自分のやりたいこと好きなことで
 人生を過ごしてゆく。
 
 人生の意味は
 自分で自由に創れます。

 
 自分の救済者は自分自身である。
 他の誰が救ってくれようか。
 自分を正しく制御して
 はじめて人は得難い救済者を手に入れるのだ。

                 ブッダ


 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


祇園祭の遠囃子(とおばやし)

2017/07/06 22:30
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 7・6(木)


   祇園祭の遠囃子(とおばやし)
                       
                
 姫野です。
 今日京都は雲が多めの晴れの蒸し暑い
 お天気でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや〜、仕事と勉強が重なりここ10日ほどは
 少し忙しくしていました。でも、今日の提出で
 ひと山超えました。ほっとしてます。


 京都は7月に入ると俄然、祇園祭ム〜ドに
 なってきます。

 祇園祭は僕は宵山が好きです。
 ホテルをとるのが難しいかもしれませんが
 祇園祭の宵山はそこそこ楽しめます。
 一度はご覧になってもよいのではないかと
 僕は思います。


 以前にもご紹介しましたが、よろしければ
 かわいい「祇園音頭」をご覧ください。
 https://www.youtube.com/watch?v=Ebc1PXs-1z4

 
 
   面影の 思ひ出でらるる 宵山に

      祇園ばやしの  舞扇

               修一郎

 
 僕は今仕事で大学によく行っているのですが
 折々に少し顔見知りの若い大学生が「姫野さ〜ん」
 と笑顔で声をかけて手を振って下さいます。  

 女子大生の明るい笑顔というのは
 ほんとに若さならではの華やかさがあり
 「素敵だな〜」と感じます。


 仕事や人間関係の重さ、また生活の苦労
 などを抱えると、そうそう明るい笑顔が
 大事だとはわかっていても、出来なくて、
 つい少なくなります。


  あの夏の 数かぎりなき そしてまた

    たったひとつの  表情をせよ

              小野茂樹

  
 あなたの笑顔は他の人も幸せにします。
 
 もしあなたが、今笑顔ができない暮らしを
 しているのなら

 笑顔で暮らせる人生に自分を変えていく
 必要があります。



 さて
 そこで、笑顔のために考えてみるとよいことに
 「人生の意味」があります。


 あなたの人生に意味はあるのでしょうか。

 いかがでしょう。

 う〜ん、答えずらい質問です。
 
 
 ここまであなたはよく生きてこられました。
 そして、振り返ってみて
 自分の人生をどう思うでしょう。


 今後どう生きたら幸せな人生と言えるでしょう。


 ひとしく人として生まれて
 不幸な人など
 この世にいてよいはずがありません


 僕の考えは次回にしましょう。
  
 つづく…


 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


心変わりと「空」

2017/06/25 22:37
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 6・25(日)

   
    心変わりと「空」(くう)
                   
                
 姫野です。
 今日京都はくもりで雨がときおりぱらつく程度
 のお天気でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 ここのところ、いろんな本を読んでいて
 頭がやや混乱状態の僕です。
 (そうでなくても、混乱しているのに…)

 まあでも、いろんなこれまで知らなかったことを
 知るというのは楽しいものがあります。


 それにしても、いくつになっても、まだ世の中
 知らないことだらけで困ったものです。

「知らないことだらけのままで
 判断して、生きていかざるを得ない人生だな〜」
 などとしたり顔で思います。


 僕自身も自分の未熟な知識のままで
 間違った判断をし、間違った発言を多々してきて
 「迷惑をかけたな〜」「申し訳ないな〜」などと
 ひとり後悔することも多いです。

 
 短い人生ではあっても
 変わらないようで、すべては変化してゆきます。


   目に近く 移ればかはる 世の中を

    行すゑとをく  頼みけるかな

             源氏物語より


 (意)
  あなたとは心変わりすることもなく
  末永くと思って頼みにしていましたのに
  今心変わりを目の前にすることですわ。

  そのときは変わらないだろうと感じていても
  自分も相手も心変わりしてします。
  それがいいのか、悪いのか何とも言えませぬ。
  ただ現実によくあることとは言えますね。
  
  あなたはいかがでしょうか。


 さて
 幸せのために、
 仏教の「空」の概念の話をしていました。

 有名な「般若心経」の
 色即是空 空即是色の「空」のことです。
 大乗仏教(龍樹)が産み出した概念です。
 空とはどんなものでしょう。


 「空」とは
 言葉にできない、言葉を超えた概念 
 人間の知覚能力を超えた世界の概念で
 その内容を言葉で説明はできない。
 
 というのが、宗教学者の間では通説です。

 まあそうはいっても
 言葉でなるべく接近しないことには
 凡人には理解できません。

 不肖僕があえて言葉にすると

 「人の認識能力を超えた、目には見ることもできない
  すべての存在の最小の構成単位の原初のエネルギー
  状態。まったく自由で何物にも縛られていない。
  それゆえに、何にでもなることができる。」

  そんな状態を「空」と言っていると感じます。


 ですから
 「色即是空 空即是色」という意味は

  「色」人の身体も含めたすべての物質的存在は
  実は「空」
  目には見ることのできない、
  全く自由な最小の構成単位の原初のエネルギー
  の流れのなかから産まれ出たものであり

  何にでもなることができる、
  全く自由な最小の構成単位の原初のエネルギー状態が
  あるからこそ、人も生まれ得るのである。

  という風な意味ととらえると
  分かりやすいのではないかと思います。

  科学的な説明は今はまだ無理な概念ですので
  これが正しい解釈とは断言はできないのが
  つらいところです。

  まあしかし
  この広大な宇宙もこの「空」に満ちています。
  その広大な宇宙の「空」の中から
  人も産まれ出たのですから
  すべての人は宇宙とつながっている
  その一部ということも可能です。


  何物にもとらわれない
  自由に何にでもなることができる

  そんな世界があり、私たちみんなが、
  そんな世界の一部であり、
  いつもつながっているということは
  確かに言えると言っていいのではないか。

 
  執着しなくていい
  もっと自由でいい
  空によって生かされている
  僕はそう感じます。
 
 あなたはいかがでしょうか。
 

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!
 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて
 不幸な人など
 この世にいてよいはずがありません


 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。
 案ずるな、必ず救うてやる。
 いつも響く仏の声です。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京のお薦め和菓子 神のささやきと空(くう)

2017/06/18 22:58
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 6・17(日)


   京のお薦め和菓子

   神のささやきと「空」(くう)
                  
                
 姫野です。
 今日京都は晴れの一日でした。
 ここのところ京都は晴天続きで、賀茂川の土手も
 歩くと細かな土埃がたち、一雨欲しいお天気です。


 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや〜、
 僕は今週は仕事と勉強でバタバタしていました。
 
 このメルマガ・ブログも書く義務はないのですが
 ひょっとして、ちょっぴり楽しみにしている、
 物好きな方もいらっしゃるかと…
 (コラ!なんという失礼な…。すみません)

 少なくとも週一回は書こうと自分では
 思っておりまする。
 

   忘るなよ ほどは雲居に なりぬとも

     空行く月の  めぐりあうまで

               伊勢物語

 (意)
  特に解説は必要のないわかりやすい歌です。
  人生ではよい方にお会いする、
  よいものに触れる
  というのはとても楽しいことです。

  僕もあなたとめぐり会える日を
  楽しみにしています。
  お会いできるか、お会いできないか
  それは神さまに委ねるしかありませんね。

 
 今週のいただきもので
 高級和菓子に入るもので「西湖」という
 老舗和久傳のお菓子をいただきました。
 

 高級和菓子なんぞには縁のない僕ですが
 これが、なかなかいけます。

 レンコンのでんぷんを和三盆でまとめた
 水ようかんとゼリーの中間のようなもので
 青々とした笹の葉に包んでいます。

 とても上品な甘さとのど越しです。

 この時期の京都土産の候補のひとつとされると
 よいかと思います。
 
 
  
 さて
 幸せのために、理解しておくのがお薦めなのが
 仏教の「空」の概念です。


 誰であれ、ふとした折に
 「人生とは何なのだろう」とふと思います。


 いろんな人生経験を経て
 この人の世を知ってしまうと
 それほど楽しいものでもありません。

 まあバタバタして無事1日が終わって
 とりあえず「ホッ」として眠りにつく方が
 ほとんどではないでしょうか。
 
 今、人生がつまらない、苦痛な方もまた
 いらっしゃるでしょう。

 だからと言って
 死ぬわけにも行きませぬ。

 薬で刺激を求めても、
 自暴自棄になっても、うつになっても
 いけませぬ。


 「私の人生は何だったのだろう…」
 多分わからないまま死ぬ方が
 ほとんどでしょう。


 自分がどこから来て、どこへ行くのか
 
 何を楽しみに生きて行けばよいのか
 こんな人生でよいのだろうか


 前回そんなときには
 「神のささやきを聴け」と申しました。


 その際にも基本として覚えておくとよいのが
 「空」の概念です。

 色即是空 空即是色の「空」のことです。
 空とはどんなものでしょう。


 あなた自身が空ということもできます。


 空という視点から人生を捉えると
 ストレスが少なくなります。
 
 
 あなたはいかがでしょうか
 

 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!
 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて
 不幸な人など
 この世にいてよいはずがありません


 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


なまけ者がさとるには?(5) なまけ者でも幸せになれる道

2017/06/12 00:20
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 6・11(日)


   なまけものがさとるには?(5)
   あなたの幸福度はどれくらい
                  
                
 姫野です。
 今日京都はさわやかな
 晴れの一日でした。
 

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 
 今日はさわやかなお天気に誘われて
 京の町をぶらぶらと
 自転車で遠くまでお参りに行きました。
 そのお話はまた後日。


   静かさに 堪えて水澄む たにしかな

                 蕪村

 水の冷たさがありがたく感じる季節に
 なりました。
 お寺や神社の手水が気持ちよく感じます。

 
  確か慶応大学の前野教授のお話だった
 と思うのです。幸福学という学問分野が
 最近できてきました。


 そして、前野教授は幸せな人に共通する
 大きく4つの物差しを提唱されています。

 幸せな人は
 
 1 目標があり、自己の成長を楽しむことができる。

 2 人とのつながりがあり、感謝する心がある。

 3 楽天的

 4 他人と比較せず、マイペース。

 この4つの物差しの得点の高い人が
 人生を幸せだと感じている傾向がある。
 とのことです。

 逆に言えば
 人生に何の目標も見いだせず
 友人・家族のつながりもなく
 常に後ろ向きで、悲観的
 いつも他人と比較して自分を考えている

 という人は
 人生に幸せを感じられない人という
 ことになります。


 また年収との関係では
 年収1000万円までは幸福度と収入が
 同じ感じで比例して伸びてゆきますが
 1000万円を超えるともう収入と幸福度は
 関係なくなる。
 収入が増えても幸福度は増えなくなる。

 とのアンケート調査結果ことです。


 「う〜ん、確かにそんなものではないかな〜」
 と僕は感じました。

 あなたはいかがでしょうか。



 さて
 煩悩まみれの愚かななまけ者でも
 幸せになれる道はあるのか。

 というお話の続きです。

 幸せを外部に依存しない人が
 不滅の幸せを得ます。

 なまけ者でも内面から幸せになるために

 そのために2つ

 1 自分の内面の愚かさをしっかり見つめる

   自分をまともな常識人と思っているうちは
   幸せにはなりにくいです。

 2 自分の力で生きない

   自分の力だけで生きようとすると
   限界があります。自由にはなれません。

  1の自分の自我の愚かさに気付く

 それによりはじめて
  1 智慧の目で自分の自我を観る視点ができます。

  2 そして反射的感情はコントロールできないと知って
    受入れて、さらりと受け流すことを覚える。

   というところまででした。


 次のなまけものがさとるコツは
 「人生を自分の力で生きようとしない」です。


 「あなたはなぜ生きているのでしょう」

 そう聞かれても
 多くの人は返答に困るでしょう。
 普段あまり深く考えないことだからです。


 「まあ現に生きているのだから、
  人生がつまらなくても死ぬわけにもいかないし
  何とかして暮らしていかなきゃいかんだろう」

 と感じている方も多いのではないでしょうか。


 暮らしを立てていくだけでも大変な方も多いので
 つい「自分の力で稼いで生きていかなければ」
 ということに思いが行きます。

 しかし
 あなたの命の営みは、
 たえざる自力以外の働きかけ、助け
 があってはじめてなされています。


 たいそうな言葉にはなりますが
 大いなる至高の力が
 休むことなく絶えずあなたに働きかけている
 からこそ、
 あなたは生きていられるわけです。
 

 それをしっかりと認識すると
 「自分の力で生きているわけではない」
 ということがわかります。

 これは逆に言えば
 人生を自分の力で生きようとしない

 大いなる至高の力が
 絶えず自分に働きかけているのだから
 それに委ねて生きる。
 ということができます。


 また大層に言うならば
 神と共に生きる
 神と直接につながって
 神の導くままに生きる。


 という生き方が人生を楽にします。

 自分の愚かしさを知り
 大いなる働き(神・仏)に委ねて生きる
 至高の力(神・仏)の導くままに生きる


 なまけ者でもできることですよね。

 俗な言葉でいえば

 あなたが愚かななまけ者なら
 せめて
 静かに内なる神の声を聴け

 「神のささやきを聴け!」

 人生で、苦しいとき、迷ったときには
 その時間をもて
 神はたえずあなたにささやきかけている。

 と言えると思います。


 あなたはいかがでしょうか


 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!
 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて
 不幸な人など
 この世にいてよいはずがありません


 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なまけ者がさとるには?(4) なまけ者でも幸せになれる道

2017/06/08 22:42
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 6・8(木)


   なまけものがさとるには?(4)
                  
                
 姫野です。
 今日京都は午前中雨でしたが午後から
 晴れの一日でした。
 

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都は梅雨入りしたような感じのお天気です。

 今通勤途中の畑では、なすび、きゅうり、カボチャ
 トウモロコシ、ネギ、大根、びわ…などなどが、
 いろいろ育っていて見ていて楽しいです。


 成長を見る楽しみというのも
 「人の楽しみの1つと言えるな〜」と感じます。

 
 そういえば
 以前義理の親の介護で大変だったという
 女性とお話したときに

 「子供も育てるのは大変だけど、成長していく
  のを見る楽しみがある。でも、老人の場合
  いくら介護しても成長するということが
  ないから、感謝もされずただ介護していると
  精神的に疲れる」

 とおっしゃっていました。

 「確かにそう言える面があるな〜」と感じました。
  でも、老人でも人格的に成長・成熟することはできる
  のだから、生涯学びを心がけ、もし介護される
  立場になった時には、周りに深い感謝をするのが
  大切だろう。


  などと、したり顔に思いました。
 

 
 さて
 煩悩まみれの愚かななまけ者でも
 幸せになれる道はあるのか。

 というお話の続きです。


 幸せを外部に依存しない人が
 不滅の幸せを得ます。


 なまけ者でも内面から幸せになるために

 そのために2つ

 1 自分の内面の愚かさをしっかり見つめる

   自分をまともな常識人と思っているうちは
   幸せにはなりにくいです。

 2 自分の力で生きない

   自分の力だけで生きようとすると
   限界があります。自由にはなれません。


 というところまででした。

 1の自分の自我の愚かしさをよく知る

  これを知らないと、不幸なのは自分が原因ということに
  なかなか気づけません。

  周りから見ても「自己中心の人だな〜」と思える人も
  その人自身は
  「俺はまともなのだが、世の中馬鹿ばっかりで困る」
  と偉そうに他人を批判している方も
  よく見かけます。


  人の自我は自分中心にしか見れないように
  出来ています。

  たとえば僕なども
  京都の街を仕事で急ぎで歩いているときに
  のんびり、道幅いっぱいに広がって、歩いて
  いる観光客が前にいると

  「仕事で急いでいる人もいることを
   知らないのか、道幅いっぱいに広がって
   のんびり歩くなんて常識がない奴だ」
   などと思います。


  逆に休みで自分がのんびり歩いているとき
  急いでいる人が、イライラしてかき分けて
  歩いたりしているのを見ると

  「それぐらいの余裕は持って仕事の段取りを
   組めよ、のんびり歩かせてやれよ。
   これくらいのことでイライラしても
   しょうがないだろう。常識がない奴だ」


  などと、
  同じ事実なのに
  「常識のない奴」が逆転してしまいます。

  つい自分中心に見てしまうのですね。


  自我はつい自分中心に物事をみてしまい。
  それに気づかず、自分はまともだと考え
  簡単に他人を裁くのです。

  愚かですよね。


  自分の自我の愚かさに気付く

  これが幸せに過ごすための第一歩です。

  そして
  自我から反射的に出る
  感情を人はコントロールできません。 

  その人の様々な要素・因縁から反射的に
  「ムッ」としたり「落ち込んだんり」します。
  
  それは、コントロールは出来ません。

  ですから
  反射的な感情はコントロールできないと知って
  受け流すことを憶えることです。

  自分のちっぽけな反射的感情などは
  かかずらわずに、無関心でいなさい。


  でも
  見る視点・思考と行動は、自分でコントロール
  出来ます。


  智慧の目で、自分の自我の愚かしさを見つめる視点

  そして
  感情は自分が別の行動をすることで
  さらりと受け流してしまうことです。


  少し関連する話ですが、たとえば
  人が落ち込んでいるときには、落ち込んでいる感情は
  その人にとって本物です。

  それを、同じ環境のままで変えるのはとても
  難しいです。


  そんな時には、深刻に落ち込む前に、
  少し早めに無理にでも行動して
  街を歩いてみる、緑の中を散歩する、
  運動して汗をかく

  など、何でもいいから努めて行動するのが
  お薦めです。

  自分の感情もまたそれによって、すぐ動くのです。
  変わるのです。


  自分の自我が愚かだと知ると
  
  1 智慧の目で自分の自我を観る視点ができます。

  2 そして反射的感情はコントロールできないと知って
    受入れて、さらりと受け流すことを覚える。


  まずこれが人生を幸せに過ごすための
  コツになります。


  特別の才能のない、愚かななまけ者でも
  出来ることですね。


  でもこの
  自分の自我が愚かだと、しっかり気付ける人が
  本当に少ないのです。
  たとえあなたが天才でも、金持ちでも、美人でも…
  誰であれ自我は愚かなのです。
  

 あなたはいかがでしょうか


 次のなまけものがさとるコツは
 「人生を自分の力で生きようとしない」です。

 
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!
 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて
 不幸な人など
 この世にいてよいはずがありません


 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なまけ者がさとるには?(3) なまけ者でも幸せになれる道

2017/06/05 00:15
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 6・4(日)


   なまけものがさとるには?(3)
                  
                
 姫野です。
 今日京都は気持ちのよい晴れの一日でした。
 

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 
 今日僕はお好み焼きとたこ焼きと焼きそば
 のミックス(390円)チキンあぶり焼き
 (280円)みたらし団子(140円)
 ビッグシュークリーム(80円特売)を
 スーパーで買っていただきました。

 「う〜ん、おいしい〜〜〜」
 おいしくいただくのは楽しみのひとつだな〜
 とよく感謝します。

 今京都は
 山吹の花も咲き、風薫る素敵な季節です。


  かへり来ぬ 昔を今と 悔ゆる土手

    そはかりそめの  緑陰の花
  
              修一郎

 (意)
  いや、今日も賀茂川の土手の木陰のベンチに
  しばらく座っていました。

   通り過ぎる、かわいい子供たちや、中学
  高校生をみていると、自分の昔が悔やまれ
  ます。「もっと自由に過ごしたかった」
  「親の顔色を気にして、遊んでいるときも
   心から楽しめなかった自分の少年青年時代」
  というのを想い出して残念に感じます。
  
  まあでも、悔やまれる自分の人生も
  受け入れて生きるのが幸せのコツだな〜
  などとしたり顔で思うのです。


  仏教の智慧の完成の修行のひとつが
  「忍辱」(にんにく)です。

  「忍辱」とは感情を抑え忍ぶ、ということと
   同時に受け入れる・ゆるすという意味があります。

   恨んで、仕返しするという心ではなく
   つらい人生経験も、
   ひどい人と思える人も
   自分の未熟な恥ずかしい経験も

   また自分の中で受入れて流してゆく
   そうした心を養うことです。


   あなたはいかがでしょうか。


 
 さて
 煩悩まみれの愚かななまけ者でも
 幸せになれる道はあるのか。

 というお話の続きです。

 人はいつも明るく笑顔でポジティブに
 生きられる人ばかりではありません。

 たえざる努力や自己改善ができない人も
 当然いるわけです。


 日本は豊かになったとはいえ
 明日の希望など特に持てなくて
 低賃金で重労働のなかで
 楽しみと言えば、酒とギャンブル
 というような方もまたいるでしょう。

 そんな人は価値の低い人間で
 自分は生きていてもしょうがない存在と諦めて
 自己否定感や不安感を抱えて
 この先、生きざるを得ないのでしょうか。

 そんな人は自己責任でそうなのだから
 不幸でも構わないのでしょうか。


 生きるとは何か
 人間の価値とは何か
 人生とは何なのでしょう


 この今の人生で
 煩悩まみれの愚かななまけ者でも
 幸せになれる道はあるのでしょうか。

 僕は思うのです。

 変わらなくていい
 そのままでいい
 あるがままの
 愚かななまけ者でいい

 変われない自分を責めなくていい

 ただ、最低「2つだけ」心がけて欲しい。
 と思うのです。


 幸せを外部に依存しない人が
 不滅の幸せを得ます。


 そのために2つ

 1 自分の内面の愚かさをしっかり見つめる

   自分をまともな常識人と思っているうちは
   幸せにはなりにくいです。

 2 自分の力で生きない

   自分の力だけで生きようとすると
   限界があります。自由にはなれません。


 この2つだけはしっかり自分で心がける。
 それが新たな人生をもたらします。

 長くなります
 2つの内容についてはまた次回に


 あなたはいかがでしょうか

 
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!
 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて
 不幸な人など
 この世にいてよいはずがありません


 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なまけ者がさとるには?(2) 愚かななまけ者でも幸せになれる道

2017/06/01 00:00
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2017年 平成29年 
 5・31(水)


   なまけものがさとるには?(2)
   愚かななまけ者でも幸せになれる道
               
                
 姫野です。
 今日京都は暑い晴れの一日でした。
 

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや〜、京都はもう歩くだけで暑い
 というお天気です。
 
 今の季節、修学旅行生も多いのですが
 少し観光には暑すぎるけふこのごろです。

 僕が今年3月ごろふと入って、それから
 ときどき行くお蕎麦屋さんがあります。

 夜8時までなので、仕事が早めに終わった時に
 しか行けないのです。

 三条通りの堺町筋の角にある「大鶴」という
 お蕎麦屋で、四条通の僕の会社から、堺町筋を
 まっすぐ北に三条通まで10分くらい歩きます。

 昨日会社帰りに伺って「かけそば」(580円)を
 いただきました。

 いや、いつも「かけそば」です。
 おそばに、「かまぼこ1切れ」とねぎだけですが
 これがとてもおいしいのです。
 会社帰りのちょっとした腹の足しに
 丁度いいのです。

 僕はたまにしか伺えません(週1程度)
 しかもいつも安い「かけそば」ですので
 お店の方には少し悪いと感じてました。
 (他のお客さんはもっと高いのを注文されて
  いるのです)

 もう70歳台だろうという感じのよい老夫婦が
 なさっています。(看板に4代目と書いてます)

 その感じのよいおばあさんが昨日
 「いつもありがとうございます」と
  僕を覚えていておっしゃるので
 
 「いつも安いのですみません。
  でも、とてもおいしいですね」と僕

 「あら嬉しい。かけそばが、その店の
  実力が一番わかる。と言われてますので
  嬉しいですわ」

  と僕の腕に軽く手を当てて
  心を軽くして下さるお返事で
  そのお人柄の良さに感謝いたしました。

  時代の波のなかで、こんな個人飲食店が
  どうなっていくのか分かりません。
  お元気でお店を続けて欲しいものだと
  祈りました。

  あなたも京都へいらしたとき
  機会があれば寄ってみて下さい。


 さて
 煩悩まみれの愚かななまけ者でも
 幸せになれる道はあるのか。

 というお話の続きです。

 ビジネスの世界では特に
 変化に対応しなければ生き残れません。

 たえざる自己変革・自己改善が必要です。
 
 それができない社員は
 落ちこぼれであり、会社のお荷物で
 辞めてもらわざるを
 えないという現実も多いです。


 今の日本ではお金がなければ
 生きていけません。
 ですから当然、お金が稼げない男は、
 よい暮らしは出来ませんし、女性にももてません。

 人間的にも価値の低い男となって
 気分も落ち込む方もいると思うのです。

 もちろん、張り切って絶えず休みなく
 頑張って努力して自己改善をしていける
 人はいいのですが
 そうそう、そんな人ばかりの世の中では
 ありません。


 僕のような愚かななまけ者もいるわけです。
 トホホ…

 そんな人は価値の低い人間で
 自分は生きていてもしょうがない存在と諦めて
 自己否定感を抱えて
 生きざるを得ないのでしょうか。

 そんな人は自己責任でそうなのだから
 不幸でも構わないのでしょうか。

 どうでしょう。
 あなたはどう考えますか。

 こうした価値観が支配する社会を
 生きづらいと感じる方も
 多いと思うのです。

 生きるとは何か
 人間の価値とは何か


 人が生きるというのは
 自己の商品価値を高めることだけだろうか
 ふと、そういう疑問を感じる方も
 多いでしょう。

 でもそれが現実だから
 我慢して生きるしかない…

 自分のことだけ考えて
 要領よく金を稼いで
 利益をかっさらって
 自分と自分の家族だけ
 のんびり暮らせればよい

 とのみ割り切って考えられる人もまた
 日本ではまだ少ないのではないでしょうか。
 

 少し引っ張りますが
 この機会に少し考えて欲しくて
 前置きを長くしています。

 愚かななまけ者でも
 しあわせに生きるためには
 違う価値観が必要です。

 同じ価値観では
 その価値観に同意や適応できない人は
 不幸になるしか道はないことに
 なります。


 煩悩まみれの愚かななまけ者でも
 幸せになれる道はあるのか。

 変わらなくていい
 そのままでいい
 あるがままの
 愚かななまけ者でいい

 変われない自分を責めなくていい

 ただ、「2つだけ」心がけて欲しい
 僕はそう思います。


 あなたはどう考えられるでしょう。


 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!
 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて
 不幸な人など
 この世にいてよいはずがありません


 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる