アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ただあるがままに       姫野 修一郎
ブログ紹介
zoom RSS

なぜときに人生がむなしくなるのか?(3)

2018/07/06 00:52
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
7・5(木)


   なぜときに人生がむなしくなるのか(3)
   自分の人生を仏の智慧の眼で見るとは
            

 姫野です。
 今日も京都は蒸し暑い雨の一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや〜、ここ数日雨が続いています。
 神よ雨を止めたまえ「ア―雨ン」
 (余計に雨が降りそうなダジャレです)


 7月は僕は少し忙しくなります。
 少し間が空くかもしれませんが
 お許しくださりませ。 
 
 
 さて
 幸せのために、
 なぜ、私たちはときに人生がむなしくなるのだろう。
 なぜ、まだ死にたくないと思うのだろう。

 という話をしていました。
 何かまだ「しっかりとした本物に出会っていない」
 深く自分で納得できる満足感を味わっていない。
 深い不滅の満足感・安心感が自分にない。


 そう感じることが
 一つ大きな原因としてあるのではないか。
 そうお話をしていました。

 私たちは人生を
 通常の分別で生きています。

 そして、幸せとは煩悩・欲望を満足させることだ
 と思って絶えず分別を働かせて生きているのです。
 
 それだけですと
 なかにはもう若いうちに先が見えて
 「俺の人生は終わった!」などと
 人生をむなしく生きる人も多くなります。


 成功者・勝ち組などとたとえ呼ばれても
 次々に新たな欲望と新たな苦しみが現れます。
 また老いや死は免れません
 誰もが負け組で終わるのです。

 分別の眼だけでなく
 人生を仏の智慧の眼で見る
 神の眼で見る

 という視点を持たない限り
 人生は最後まで今一つ満足感のないまま
 「私の人生は何だったんだろう」

 という疑問のままで終わることになります。


 では
 自分の人生を、仏の智慧の眼で見るには
 「どうすれば」と疑問になります。
 
 それは、思うようにならない人生を
 「しっかりとあるがままに受け入れる」
 ということが必要です。

 分別のみですと他人ならよいのですが
 不快なこと面白くないこと、嫌なことは
 自分のこととしては受け入れられません。
 感情的に自然に「嫌」という反応が出ます。 


 「いやこれで充分幸せ」と言っても
 「負け惜しみだろう」
 「言い訳だろう」
 などと分別はつぶやくのです。

 全く人間のする分別の浅薄さ、傲慢さには
 ため息が出ます。
 
 ですから、現実を受け入れられないと
 たえず、愚痴を言い、嘆きつつ暮らす必要が
 出てきます。

 仏の智慧・無分別知(分別を離れた)の眼で
 観る必要があるのです。

 「自我」を離れる・超える視点です。


 大乗仏教では
 自力・他力の道があります。
 

 身心脱落  道元
 
 六大は無礙(むげ)にして、常に瑜伽(ゆが)なり
                 空海
 南無阿弥陀仏=如来におまかせして生きる
             法然・親鸞

  人生は連続する今です。
  長かろうが・短かろうが
  人生というのはいつも今しかありません。

  瞬間・瞬間に無限のさまざまな縁が重なり
  仮和合しては、また仮和合その連続が人生です。

  だれの人生にも明日はないのです。
  明日になれば、また今です。


  今は不幸でも明日は幸せになろう
  というのは無理です。


  今感謝し愛を感じて生きる。
  ありがとうございますと
  つい自然に感謝して頭が下がる生き方が
  本来の自然なあなたの姿です。
  

  今を見つめ受け入れて
  愛につつまれて生きるしか
  あなたの深いしあわせはありません。


 それが自分には無理、出来ない
 どうしようもない愚か者だ!

 そう気づいた方は、幸せです。
 
 むなしくても面白くなくても
 なぜかあなたに人生を続けさせる力が
 たえず働いています。
 私たちは
 自分の力で生きているわけではないのです。
 

 あなたに
 このしょうもない人生を続けさせる不思議な力
 それは何でしょう。
 

 大いなる働きがいつもあなたの幸せを
 願って、一瞬も休まず働きかけているのです。


 それをしっかり受けとめられたとき
 愚か者でも幸せになれます。


 「どんな愚か者でも必ず救うてやる!」
 他力ではそれを「如来の大悲」と構成したのです。
 
 
   にごりなき こころの水に すむ月は

     波も砕けて  光とぞなる

                道元  

  

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なぜときに人生がむなしくなるのか?(2)

2018/06/28 23:43
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
6・28(木)


   なぜときに人生がむなしくなるのか(2)
   なぜまだ死にたくないのか
            

 姫野です。
 今日京都は蒸し暑い晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや〜、もう蒸し暑くて、
 家に帰ってシャワーを浴びて
 さっぱりして、下着姿でコーヒーを飲んでいると

 「ふ〜、人間の幸せとはシャワーを浴びる
  ことかもしれない」などと感じます。
 (そんなアホな!)

 いやまあ、
 今日も特にどうということのない人生を
 特にどうということもなく過ごして
 「やれやれ、1日がとにかく無事に終えてよかった」
 などと感じている僕ですが

 あなたはいかがでしょうか。


 さて
 幸せのために、前回
 なぜ、私たちはときに人生がむなしくなるのだろう。
 なぜ、まだ死にたくないと思うのだろう。

 という話をしていました。

 そして一つの切り口として
 
 何か今の自分の人生が「むなしい」と感じるのは

 何かまだ「しっかりとした本物に出会っていない」
 深く自分で納得できる満足感を味わっていない。
 深い不滅の満足感・安心感が自分にない。


 そう感じることが
 一つ大きな原因としてあるのではないか。
 そうお話をしていました。

 私たちは人生を
 通常の分別で生きています。

 その人やものは自分にとって
 ・損か得か
 ・敵か味方か
 ・勝ちか負けか
 ・人や物が自分にとって利用価値があるか
 ・好きか嫌いか・・・などなど

 こんなことばかりを意識もせずに瞬時に判断し
 人生の勝ち組になって、幸せに気分よく暮らそうとして
 得意になったり、落ち込んだり、しています。


 若いときはそれでも済みます。
 しかし、誰もが老いや死をむかえます。

 老いや死は勝ち負けで見れば敗北です。
 美しさ、体力などもう若い人には負けてしまうのです。
 いくら金を積んでアンチェインジングなどと頑張っても
 もう勝てません。下手に若ぶるともう痛々しくなります。

 
 そう、今の先進国の文化の中では
 誰もが、深い満足感などなく老いて
 むなしく敗北で終わる人生を生きることになります。

 なかにはもう若いうちに先が見えて
 人生をむなしく生きる人も多くなります。


 何がそうさせるのでしょう。

 人生を観る視点が不足しているのです。

 人生を合理的分別のみで見てしまうのです。

 分別の眼だけでなく
 人生を仏の智慧の眼で見る
 神の眼で見る

 という視点を持たない限り
 人生は今一つ満足感のないまま
 「私の人生は何だったんだろう」

 という疑問のままで終わることになります。

 
 ですから、前回人生がむなしいと感じるのは
 「人が宗教的なものを求める叫びだ」といえる
 とお話したわけです。
 

 では
 自分の人生を、仏の智慧の眼で見るには
 「どうすれば」と疑問になります。
 
 
 ひとつ道元禅師の言葉が参考になります。 

 仏道をならふというふは、自己をならふなり。
 自己をならふといふは、自己を忘るるなり。

 自己を忘るるといふは、万法に証せらるるなり。
 万法に証せらるるといふは、
 自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。


 身心脱落  道元
 
 六大は無礙(むげ)にして、常に瑜伽(ゆが)なり
                 空海
 南無阿弥陀仏におまかせする
             法然・親鸞

 
 いろいろな道があります。
 別に特定の教団の信者になる必要はありません。
 その根本の意味を理解し体得すればよいと思うのです。
 
 この意味については
 長くなりますのでまた次回に

 さて
 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なぜときに人生がむなしくなるのか?

2018/06/22 00:23
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
6・21(木)


   なぜときに人生がむなしくなるのか
   なぜまだ死にたくないのか
            

 姫野です。
 今日京都はくもりのち晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや〜、地震で今倒れ掛かる本棚を
 片手で防ぎながら、片手でこれを書いています。
 (コラ!嘘つくな!)


 先日の地震発生のとき
 僕は朝の通勤途中の地下鉄に乗車中でした。
 幸い京都の市営地下鉄は止まらず徐行運転に
 変わりました。
 
 ただ四条にある会社に着くとエレベーターが止まり
 一日7階まで階段で上り下りしました。
 これが僕の一番の被害と言えば被害でした。
 
 夜、伏見小栗栖の家に帰ると、
 時価数億の「曜変天目茶碗」が粉々に割れて
 なくなった以外は(もともとなかったじゃないか!) 
 あとガスの安全装置が働いて
 止まったくらいで済みました。


 地震も自信も過剰にならないようにと
 願うところです。
 

 さて
 幸せのために、今日は
 なぜ、私たちはときに人生がむなしくなるのだろう。
 なぜ、まだ死にたくないと思うのだろう。

 ということについて考えてみましょう。

 いかがでしょう。
 あなたはなぜだと思いますか?


 もちろん、いろんな角度から考えることが
 できます。別に僕に正解があるということでは
 ありません。

 
 ただ、僕が想うのに
 「まだ、本物に出逢っていない!」
 そんな漠然とした思いが心の底にあることも
 ひとつあるのではないか。そう感じます。

 
 何か今の自分の人生が「むなしい」と感じるのは

 何かまだ「しっかりとした本物に出逢っていない」
 深く自分で納得できる満足感を味わっていない。
 
 深い不滅の満足感・安心感が自分にない。


 そう感じることが
 一つ大きな原因としてあるのではないか

 僕はそう感じるのです。

 自分は人生でまだ本物に出逢えていない

 
 今の人生を幸せと思って生きなければ
 明るく楽しく生きよう
 そう願っても

 人生がどこか「むなしい」と感じる

 でもまだ死にたくもない


 僕はそれは
 人が宗教的なものを求める
 心の叫びであるともいえる


 少々の面白くないこと、不快なことがあっても
 揺らぐことがない精神的な
 本物の心のしっかりとした柱が足りない
 出逢えていない!
 そういう叫びである
 
 そう思うのです。

 でもまた特に既成宗教に入る気もしないし
 今一つ、お寺や教会に話を聞きに行く気もしない
 という方も多いでしょう。


 どうすれば?
 どう考えればよいのでしょう。

 
 長くなります
 僕の考えは次回に…


 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あなたが住んでいる世界

2018/06/17 03:30
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
6・16(土)


  あなたが住んでいる世界
  近代合理主義思想の限界を考える
          

 姫野です。
 今日京都はさわやかな風が流れる
 気持ちのよい晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 今日僕は醍醐のスポーツクラブで軽く
 汗を流して、帰りにスーパーの平和堂で買った
 稲荷寿司と海苔巻き、だし巻き卵のお弁当と
 「鱧入りちくわ」を山科川の土手で景色を
 眺めながらいただきました。

 いやもうその、おいしいの美味しくないの
 (どっちだ!)。とてもおいしくいただいて
 「あ〜、しあわせだな〜」と感じました。
 (安上がりの幸せです)


 しかし、
 誰であれ、人生では悩みはつきものです。

   叶ふなら みだる思ひは 山科の

     水にながさん  夏草の土手

               修一郎


 さて
 人はつい「自分のこと、この世界や人生」を知っている
 と思って生きています。
  それが幸せにとっては大きな障害です。

 法華経に「衣裏宝珠の譬え」(えりほうじゅのたとえ)
 という有名な話があります。

 ごく簡単にアレンジして話しますと
 ある男が、人生を切り開きたいと理想の地を求め旅に
 出ることを決意して、友人の家に挨拶に行きました。
 友人と酒を酌み交わして、その男は寝込んでしまいました。

 友人はその男に餞別として正面から言うと断られると思い
 寝ているすきに、男の着物の裏にひと財産の価値の
 ある宝石を縫い込んであげました。

 男は旅に出ますが、思うような理想的な土地はありません。
 やがて生活にも困窮、さらに病気や老いも加わり
 ボロボロになって、すっかり人生が嫌になって
 生まれた土地に戻ってきます。

  再会した友人が、男のありさまを観て
 「君の衣装の裏に宝石があるじゃないか。どうして
  使わなかったんだ」
 そう言われて男は、はじめて宝石に気づいたのです。


 そう私たちは
 自分が知っているだけの世界に生きています。
 他の人が知っていることも、自分が知らなければ
 それはその人の人生に意味を持ちません。

 あってもないのと同じなのです。

 そうでありながら
 「他人から、あなたは知らない」
 などと偉そうに言われると、すぐむっとして腹を立てます。
 
 それで私たちは
 「近代合理主義思想」と「知」によって、
 知識によって幸せになろうとします。


 でもこれには大きな欠点と限界があります。
 まずどんなに天才でも、この世界のすべてを知ることは
 生涯かけて学んでも不可能なことです。

 また、人は「知」だけでなく、「感情」もあります。
 そして、知によっては知りえない人の広い「無意識領域」
 というのも存在しているのです。

 次に、合理的理性人と考える私たちの陥りがちな
 欠点は、「論理は暴走する」という論理の恐ろしさ
 をわきまえないことです。

 論理をたてそれが正しいと信じると
 すべてにそれを強制します。


 特に宗教などはこの危険性が大きく存在します。
 たとえば「偶像崇拝はよくない」
 という教えがあると、他の宗教の方が大切にしている
 仏像なども、タリバンのように平気で善意で破壊します。

 「自分たちは正しいのだから
  従わない人間が愚かな奴らなのだ」
 などとすぐ暴走するのです。


 知っていると言っても
 他人の内面の感情や深く広い無意識領域など
 何も知らずに
 ごく浅い知識しかないのに、
 得意になって自分は真実を知っていると
 すぐに思い上がるのです。

 仏の眼から見れば
 知に片寄った近代的合理的理性人も
 救済の必要のある充分に愚かな存在なのです。


 ですから
 知と近代的合理的思想だけでは
 人間と人生のしあわせの解決はできないのです。
 
 
 ではどうすれば?
 何が必要なのだろう


 仏教では、それを「仏の智慧の目」が必要だ
 そう説くわけです。

 仏の智慧の光に照らされて
 私たちははじめて自分の本当の愚かさ、見苦しさ
 に気付くのです。

 あなたはいかがでしょうか。
 
           
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宗教は必要か?

2018/06/11 00:31
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
6・10(日)


  宗教は必要か?
 
  近代合理主義思想の限界を考える
          

 姫野です。
 今日京都はくもりで小雨ぱらつく一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 あなたの村の田植えは終わりましたか。

  世を旅に しろかく小田の 行き戻り

               芭蕉


 本当に行きつ戻りつする人生と感じます。

 
 さて
 幸せのために、近代合理主義の限界
 をどう乗り越えればよいのか。という
 お話をしています。


 中世の宗教のくびきを逃れ、新しい考えとして
 啓蒙思想が現れました。
  啓蒙思想というのは一言で言えば「人間の理性
 を思考の基準として採用するぞ!」という考えです。

 真理は教会・神が決めるのではなく
 (もっとも神に名をかりた、既成カソリック教会の
  恣意的な権力行使への反発と言えます。)
 人間の理性を基礎に客観的・合理的に判断していこう
 という新しい流れです。

 それは確かに万人に納得がいく道を開きました。
 そして現代までつづく財産となりました。


  目に見えず、確かめようもないことを
 信じ込ませて、妄信して、教会や教祖に
 絶対服従させるというような宗教は現代の
 合理的な理性人にはなじみません。

 これによれば、もう宗教は不要になる。
 そう感じさせてくれます。

 しかし
 本当に私たちに宗教は不要でしょうか。


 確かに既成の宗教教団の教えは全面的に納得できない
 ことが多いとしても、スピリチュアルなことは
 すべて不要としてよいのだろうかという疑問が
 1960年代からアメリカで起こり始めました。

 物質的に豊かになり、すべての人は自由で平等だ
 と言われても、何か物足りないのです。
 心から幸せだと感じられないという人々が
 あらわれました。


 成功し社会的な地位も収入もあり、家庭も持ち
 余暇・旅行・愛人との関係も楽しんで、貧乏人から見れば
 理想的なうらやましい人生に見える生活に、
 「幸せが感じられない」
 と叫ぶ人々が夢のように豊かになったアメリカで
 出始めたのです。


 何か欠けているのでしょう。

 僕は思うのです。
 近代合理主義思想だけでは
 「愛や慈悲が出てこない」
 そこが欠けているのです。

 自分の日々の暮らしに
 深い愛や慈悲の感じられない人生
 それは生きていても物足りません。

 個人の合理主義的考えからすると
 愛も慈悲も計算になります。

 私を愛してくれたら、その分愛し返してあげる。

 ここで愛や慈悲を示すと
 自分の得になるから愛を示そう
 単なる計算による自分中心のものになります。

 そうすると、愛も金や社会的地位・性的魅力な
 ど総合的判断による計算・取引になります。
 それがなくなると、愛も冷めるのです。


 人は確かにそんな自己中心の計算から
 生離れられない心理の動きを持っています。

 でも、そんな愛や慈悲ではしあわせは
 長続きしないのです。

 深い愛や慈悲を感じられない人生は
 むなしさが常に残るのです。

 
 なぜ、愛がない人生は
 どこかむなしいのでしょう。
 どこかもの足りないのでしょう。


 僕は思うのです
 人は本質的・根源的には
 誰もが、深い愛、慈悲のこころが奥に流れて
 います。

 そこにふれることがないと、物足りないように
 本来的にできているのです。

 ですから
 私たちは単なる客観的な計算では理解できない
 人の愛や慈悲を目にするのです。
 

 人に不滅の愛や慈悲を教えてくれるもの
 それが真の宗教である。と僕は思います。

 合理主義思想だけでは
 これが伝えられないのです。

 宗教。スピリチュアルな教えの
 必要性を理解しないと、
 老い死んでゆく人の定めの中で
 深く幸せな人生を送ることは
 難しいと僕は感じます。
 
 
 あなたはいかがでしょうか。

           
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


近代合理主義思想の限界 浄土・天国はあるのか?

2018/06/07 01:24
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
6・6(水)


  近代合理主義思想の限界
  浄土というのはあるのか
         

 姫野です。
 今日京都は雨の1日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 雨はどうしても少しうっとおしいです。
 まあしかし

  つれなさも 愛するゆえの 心にて

    うらみのこさぬ  雨のささやき 

               修一郎

 (意)
  まあ何があっても、それは深い仏の愛の
  はからいなのだ。
  そう受けとめて、流して過ごしましょう。


 いや〜、今僕はいろんなことを同時並行で少し
 学んでいて、なかなか頭の整理が難しい
 けふこの頃、ゴロゴロ(ころがるな!)です。


 前回、幸せを考えるうえで
 今私たちには
 近代合理主義思想の限界の問題がある。
 ということを指摘しました。

 今の日本のとても多くの方は
 近代合理主義を知らず知らずに
 思考の軸にしています。


 客観的に確認でき、合理的・論理的に処理
 し考えていくという態度です。

 それはそれでとてもよいのですが
 それでは処理しきれない問題がでてきます。


 特に私たちは、
 快適なプラスの価値を自分の周りに集め
 不快なマイナスの価値は排除する。
 そして、人生の勝ち組になる。

 そんな想いを
 なんとなく身につけて育っています。


 しかし、例えば老いや死などは避けられません。
 あなたも必ず老いて体力も容色も衰えます。
 そして死んでゆきます。

 社会の変化も激しく、ビジネスをしていても
 一時は羽振りがよくても、いつの間にかもう
 儲からなくなってしまって資金繰りにも困るなど
 はしょっちゅうです。
 それは不快なマイナス価値です。
  
 
 頭ではそれは人の常だと思っていても
 自分がそうなると
 感情的な不快感は処理できないのです。
 内心人生が面白く楽しい場所ではなくなって
 来るのです。


 単なる近代合理主義思想だけでは
 「人生は誰もが敗北で終わる」
 という側面があるのです。


 さて
 それで突然ですが、ひとつの例として
 「浄土」というものを考えてみましょう。

 ブッダは直接に浄土などは説かれませんでした。

 しかし、大乗仏教は「浄土」という考えを
 創り出しました。

 多分、近代合理主義思想を持つあなたは
 「浄土などあるわけがない」そう考えられる
 と思います。


 それは、それとして僕はよいと思います。
 ただそれで済ませて「あなたは幸せか」
 「気持ちよく人生を過ごせるか」というと
 別問題です。

 例えばですが
 愛する親だけでなく
 嫌いな親がなくなった。いやな親戚兄弟が亡くなった。
 嫌いな人がなくなった。というケースを持つ方も意外に
 いらっしゃると思うのです。


 そんなとき、頭で
 「あ〜、よかった。邪魔ものがいなくなって
  スッキリした」というだけでは、
 実は多くの人は無意識のうちに
 それでもどこか心がスッキリしないのです。

 
 こんなときに
 「善人だけではなく、たとえどんな悪人でも、
  死後は仏さまになり、こころ安らかに暮らせる
  世界がある。浄土がある。天国がある。
  亡くなるとそんな世界に行くのだ」

 「どうか安らかにお休みください」

 そう思って、お参り、お祈りするというのは
 理性的・合理的ではないかもしれませんが
 心の整理・感情の整理にはとても役に立ちます。


 頭での論理的な整理だけでなく
 心や感情の整理を上手にするというのは
 僕は幸せのためには不可欠だと感じます。


 ですから
 ある意味不合理な世界も頭から否定せず
 よいものは人間の智慧のひとつとして
 大切にしていく。それで自分の心や感情を
 上手にコントロールしていく
 ということは、とても大切だと思うのです。 

 
 あなたはいかがでしょうか。

           
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


僕の悩み ブッダの教えをどう現代に調和させればよいのか?

2018/05/27 22:32
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
5・27(日)

  
  僕の悩み
  ブッダの教えを
  どう現代に調和させたらよいのか
       

 姫野です。
 今日京都は晴れて暑い1日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 
 今日僕は布団を干して、洗濯しながら、
 ちょっと醍醐の平和堂とホームセンターのコーナン
 に買い物とクリーニングに出た以外は、
 1日ソファーにゴロンとしながら
 本を読んで過ごしました。

 遅いお昼と夕食は冷やしうどん、ポテトサラダ
 チキンの照り焼き、バナナ、納豆で済ませました。


 若葉のさわやかな季節になりました。
 土手の道を自転車で出かけるのが
 いつも楽しみです。


  花影に 若葉の傘の うすみどり

             修一郎


 ツバメが今さかんに巣作りをしています。
 あんな小さな体で夫婦で何度も運んで
 よく作れるものだ。と感心します。

 ツバメは「あ〜、人生面倒だ!」などとは
 思わないのだろうか。
 などとしょうもないことを考えたりします。


 今、私たち現代人を支えてきた
 資本主義と民主主義
 近代科学と合理主義
 に限界があることがはっきりしてきました。

 資本主義と民主主義は
 一部の金持ちのための制度で、大衆は思うように
 情報操作され揺り動かされ、普遍的に妥当な
 制度とは言えないのではないか。


 近代科学は
 客観的な実験による検証により
 誰もが納得がいく結論を導き出し
 真理は教会が決めるとしてきた中世を抜け出し
 快適な生活をみんなが享受しうる社会を
 造り出してきました。


 この近代科学、近代合理主義思想が進めば
 これまで不思議とされてきたもの、神の奇跡
 とされてきたものもすべて解明され
 古い迷信的な、非合理的な宗教も不要になる。

 そんな期待を抱かせました。

 しかし、今
 現代の生活は量子物理学を基礎に構築されて
 来ています。

 この量子物理学は、突き詰めると誰にも「わからない」
 のです。客観的に検証可能で誰もが理解できる
 世界ではないということが分かってきました。

 近代科学の存立の基礎が崩れたのです。

 でも、それを前提に現代社会はもう動いていて
 後戻りができません。


 人は生老病死を免れません。科学医療で
 長生きしても、何も楽しくなければ
 生きている意味もなくなります。
 宗教ではなくても、何らかのよりどころが
 必要です。


 今、
 資本主義と民主主義の限界
 グローバリズムとナショナリズムの対立
 近代科学、近代合理主義思想の限界
 という状況の中に私たちは暮らしています。

 
 はて、そんな中で
 私たちはどうすればよいのでしょう。
 どうすれば幸せに充実した人生を過ごせるでしょう。


 何をよりどころとして
 これから生きていくのが
 すべての人が幸せに暮らしていける社会に
 なるといえるのでしょう。


 まあそれが僕の悩みなのです。
 多分、あなたも漠然と同じ悩みを抱えていると
 言えるのではないかと僕は思うのです。


 それで
 僕は仏教の教えがとても優れた解決方法の
 1つではあると思うのですが
 でも、ブッダの教えにも限界があり
 現代人にはそのままではもう通用しない
 部分もはっきりしています。


 キリスト教・イスラム教・仏教・ヒンズー教
 既存の既成仏教教団・新興宗教教団の教えも
 全体としてもう古いです。
 合理的教育を受けた、知性ある
 多くの先進国の現代人には合っていません。

 まあそれで
 僕はこれをどう調和させて考えていくと
 よいのか。

 そんなことに悩んでいるのです。

 
 あなたはいかがでしょうか。

           
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さとりの内容とはどんなものでしょう?

2018/05/24 00:51
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
5・23(水)

  
  さとりの内容はどんなものでしょう
       

 姫野です。
 今日京都は弱い雨の1日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都はこの数日、晴れて昼は暑くても
 朝晩は冷えるお天気です。

 先の日曜日は、大阪谷町の「マイドーム大阪」での
 司法試験の最終日で、僕は仕事で入りと出で、
 会社のパンフレットを配布に行きました。


 入りから出まで時間があるので
 僕は「とろろ昆布うどん」をいただいた後
 天満橋のジュンク堂でいろんな本をゆっくり
 眺め、立ち読みし、大川沿いのテラスで
 コーヒーを飲みながら、大阪の景色を楽しみ
 ました。


 この天満橋は八軒屋浜船着き場があったところで
 昔ここから船で京都に人や物資が運ばれました。
 京へは上り一日、下り半日だったとのことです。


 「ああ、大阪は水の都だな〜」などと
 豊かな水量の川の流れを眺めていると
 それだけで、なぜかとても幸せな気分になります。

 心地よい景色というのは
 人の心を癒す力がありますね。


 さて
 僕はいうまでもなく愚か者で、
 日々後悔や反省の連続です。

 多分あなたもそうでしょう。
 (コラ!勝手に決めるな)


 親鸞聖人の浄土真宗では特に強調されますが

 「阿弥陀如来の目から見れば
  すべての衆生は救済の必要がある愚か者だ」

 ということが教えの基礎にあります。
 
 僕は特に浄土真宗の門徒ではありませんが
 「それは、そのとおりだな〜」と思います。

 誰であれ、自我というのは、
 心狭く、傲慢で、たえず不満です。

 この人の世を自我だけで生きると
 幸せにはなれないということは
 はっきりしていると僕は思います。

 自分の欲望と感情とわずかな知性そして
 この身体が、この世界のすべてと思い込み
 舞い上がったり、落ち込んでいる衆生を
 ブッダは無明の闇に迷っている存在と見ます。

 ではどうすれば?


 お釈迦さまはそれを
 四諦(したい:苦・集・滅・道諦の4つの真理)を理解し
 八正道を実践することで
 抜け出しなさい。

 と教えられました。

 では、それによって到達する「涅槃」
 「永遠の平安なこころの世界」
 「さとりの世界」とは
 どんなものなのでしょう。


 僕はその世界をよく表している言葉の1つが
 弘法大師がおっしゃった
 
 六大は無礙(むげ)にして常に瑜伽(ゆが)なり

 という言葉と感じます。

 (意味)
 地水火風空識の六大は
 さまたげなくとけあって
 常にひとつである。

 私たちは誰もが仏と全く同じであり
 この宇宙と異なりながらも
 ひとつにとけあった
 そのあらわれとしての
 存在である。

 そうした実感を体得して
 いつも深い慈愛を感じて、
 大安心の中に生きなさい。

 
 あなたが、今貧しく愚か者ではあっても
 いつも深い大いなる愛情を感じて
 慈愛の中で感謝して生きるのが
 しあわせに生きるコツなのです。


 まあ、あえて無理に言葉にすると
 そう言えるかと思います


 これがあれば
 どこで、どう暮らそうと
 あなたは幸せ者なのです
 

  あきらけく 後の仏の 御代までも

   光りつたえよ 法(のり)のともしび

               伝教大師


  六大は無礙にして常に瑜伽なり

 
 あなたはいかがでしょうか。

           
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


21歳で亡くなった娘は浄土へ行けますか?

2018/05/17 22:03
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
5・17(木)

  
   21歳で亡くなった娘は
   浄土へ行けますか?
    

 姫野です。
 今日京都は晴れの暑い1日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都は昨日今日と夏日で暑い日になりました。

 あなたの村はいかがでしょうか?

 
 先日通勤途中の混んでいる地下鉄の電車の中で
 僕の目の前にいる22歳前後の女性二人が、
 コンサートの話で盛り上がっていました。


 もうほとんど身体が接するくらいですので
 聞きたくなくても話が丸聞こえです。

 ただ、僕には話の内容が全く理解できません。

 「アリーナ席でさ、○○がエアハグしてさ…」
 「ウンウン!」

 「わ〜、懐かしい〜〜」


 そんなグループのそんな歌手がいるのかも
 初耳なのに「懐かしい〜〜」などと話して
 いるのにも驚きます。
  僕も「全くおじさんになったものだな〜」
 と感じます。トホホ…

 まあ僕には理解できなくても、それが楽しいのなら
 それも何よりだと感じました。
 

 それで話は変わるのですが
 ある浄土真宗の和尚さんに
 21歳の娘をがんで亡くした父親が聞いたそうです。

 「和尚さん、娘はお浄土へ行けるでしょうか?」


 どうでしょう?

 例えばこれが2歳の娘だったらどうでしょう。
 2歳ですから、お念仏を唱えたり
 お寺や社会に功徳を積んだりなども
 全くできません

 そんな2歳の娘はお浄土へ行けるでしょうか。


 あなたなら何と答えますか?


 もちろん、浄土など特に考えたことが
 ない方も多いでしょう。
 
 でも死んだら
 21歳の娘さん、2歳の娘さんは
 どうなると感じるでしょうか。


 若くして亡くなった娘さんは
 幸せだったと思えますか。

 こんなとき
 どう考え、どう気持ちを整理すれば
 よいでしょう。

 
 人は誰も、自分が予期していない
 不合理なことに出くわすと
 「うろたえます」
 「落ち込みます」
 「面白くありません」


 自分の身に起きると
 「それもある意味人生に起こりうる自然なこと」
 として穏やかに受け入れることが難しいです。


 
 それは「娘さん」が
 浄土に行けるかどうかの問題ではなく
 それを気に掛ける「あなたの問題なのです」


 人生のすべての問題は
 「なぜ、あなたはそれを問題にするのか」
 それを問題にするあなたの問題なのです。


 自分が合理的・理性的に考え得る枠を超えた
 問題が起きたとき

 はじめて、自分の人生を
 「仏の智慧の目で見たときにこれはどうなのか」
 という視点で考えないと処理できない
 ということに気付かされるのです。


 この父親の質問に答えるなら


 人の寿命は
 狭く小さな人のはからいを超えたものです。
 仏さまはその人にとって一番いいと判断したときに
 お召しになる。
 

 残されたあなたが、これからの人生を
 明るく慈悲深く生きるなら
 娘さんは浄土で、きっと笑顔であなたを迎えてくれる
 でしょう。
 

 僕ならそう答えます。
 
 
 あなたはいかがでしょうか。


 弘法大師はおっしゃいます。
 
 六大は無礙(むげ)にして常に瑜伽(ゆが)なり
  
(この意味については、また次回)
         


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


池大雅展を拝観する。

2018/05/14 00:08
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
5・13(日)


    池大雅展を拝観する
                  
                     
 姫野です。
 今日京都は雨の一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 今京都国立博物館で池大雅展が開かれています。
 5/20まで(1500円)。
 
 85年ぶりの大回顧展というので
 「ホンマかいな?」という想いで拝観させて
 いただきました。

 なるほど、充実した展示で僕も満足いたしました。

 池大雅は有名ではありますが、それほど
 馴染みのない方も多いと思います。

 しかし、僕は大好きな方のお一人です。
 与謝蕪村と池大雅は好きです。

 何が魅力か?

 明るく伸びやかな精神世界が広がっている
 ところです。


 池大雅は江戸中期の書家・南画の大成者です。
 京都に生まれ、1723-1776 53歳で亡くなられました。
 与謝蕪村と同時代で親交があり合作も展示されています。


 池大雅は9歳でその書は神童とよばれるほど
 見事でした。

 円山公園のそばで扇絵をかいて暮らしを立てます。

 その暮らしは無欲恬淡なお人柄を反映して
 貧しく質素な暮らしでした。


 注文があれば提灯の字を書いたりもしました。
 しかし、気が進まなければお金持ちの注文でも
 平気で断りました。

 絵と書の習得に情熱を燃やし独特の南画を
 大成することになります。


 周囲の者が自分の生活には一向にかまわない
 大雅を心配して援助しました。


 結婚も近くの八坂神社の鳥居前で水茶屋を営んで
 短歌を詠み、美人と評判をとっていた「お梶」さん
 の娘玉蘭と結婚します。ともに24・5歳のころ。


 お梶さんが娘にはこんな人が合うだろう
 とすすめた縁談のようです。


 多分日本画を習っていた玉蘭は池大雅の絵に
 衝撃を受けたのも結婚の動機のひとつだった
 と推測されます。
 妻であり大雅の弟子でもありました。


 玉蘭も後に名画を残します。
 女性らしい、やさしい線の心地よい絵が今も
 残ります。
 
 二人とも奇人伝に残り
 いくつかの逸話が伝わっています。


 結婚して知人が大雅夫婦に性生活がない様子
 なので、大雅に夜の生活を聞くと
 大雅は「え〜、そんなことをしてもよいのか?」
 と答えたそうです。


 また、大雅が友人と話をしていて、盛り上がり
 「よし、これから富士に行く」とその場から
 富士山に旅行に出かけたそうです。


 そして、奥さんも、そんな大雅を一向に苦にせずに
 戻ってきたらお互いに普段どおりに
 「ただいま」
 「ああ、おかえり」

 というような変な夫婦だったとのことです。

 二人とも「夫婦はこうあらねばならない」
 というような世間的な固定観念から離れていた
 と感じます。
 僕はそんな夫婦も「いいな〜」と感じるのです。


 大雅は40歳ころに画風を完成させ
 53歳で亡くなられました。


 もし機会があればあなたも
 そんな明るく伸びやかな大雅の精神世界を
 楽しんでみて下さい。


 さて
 ブッダの言葉です。

 たとへヒマラヤ山に等しい
 黄金の山があったとしても
 その富も一人の人間を満足させるに足りない。
 このことを知って
 平らかな心で修学すべきである。


 人の心は一時に満足はしても
 常に求め続けます。

 つまり、心がある限り
 人はこの世に、自分に不満なのです。

 それを制さない限り 
 幸せはないとブッダは説かれました。

 
 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


湖西の寺をお参りする(2) 日吉大社・比叡山

2018/05/09 23:03
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
5・9(水)


   湖西の寺をお参りする(2)

   石山寺・義仲時・三井寺・近江神宮
   日吉大社・延暦寺
                  
                     
 姫野です。
 今日京都は朝少し雨のち晴れで風か冷たく
 ワイシャツ一枚では寒い一日でした。

 いや〜、ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 大分の弟が訪ねてきて、湖西の寺をお参りする
 お話の続きです。

   
     日吉大社をお参りする


 日吉大社は全国の日吉・日枝・山王神社の総本宮
 になります。創建は今から2100年前になると
 伝わります。(ホンマかいな)

 国宝・重要文化財の建物が楽しめます。

 風水で計画された平安京の鬼門にあたるので
 比叡山・日吉大社は天皇家の保護を受けました。


 京阪電車坂本・石山線の坂本駅で降り
 歩いて10分程度坂を登れば突き当りです。

 西本宮と東本宮とがあり、緑の中を
 ゆっくりお参りができます。

 平安時代宮廷を悩ました比叡山の僧兵の
 「強訴」に使用したおみこしも拝めます。

 機会があればお参りをお薦めしてもよい
 といえるお宮と言えます。


    比叡山をお参りする


 そこから歩いてすぐに比叡山ケーブルの
 乗り場があります。
 日本一長いケーブルになります。
 30分間隔で運転されています。


  桜色を 今はみどりに 脱ぎかへて

    梢もしげる  衣がへかな

              雲雅

  そう今比叡の山も衣替えのさわやかな
  季節になっています。


 約10分で比叡山です。
 参道の食堂で弟と蕎麦をいただいて腹ごしらえ
 をして、まず根本中堂をお参りします。

 現在は工事中です。全体の景観は楽しめませんが
 中に入りお参りは出来ます。

 最澄だけでなくその後の多くの鎌倉新仏教の
 ご開祖が修行されているので、お参りしながら
 ご開祖を偲ぶことができます。


 僕は曹洞宗が開祖「道元」の像が気に入りました。
 本などの絵で残る道元像は僕には今一つです。
 この比叡山にある木像は
 なんとなくこんな人ではないかと予想していた
 僕の道元のイメージにぴったりと合うのです。


  峰のいろ 谷のひびきも 皆ながら

   わが釈迦牟尼の  声と姿と

              道元


 天台は法華経の教えを掲げ、
 「すべては仏性を有している」と教えます。

 あなたも僕も磨けば仏です。
 みんなが仏としてある世になれば
 「それは素敵だろう」

 「それにはどうすれば…?」
 と想いを巡らします。


 法然上人の絵と像もあります。
 法然上人はもちろん僧として生涯独身で
 過ごされました。


 しかし、
 式子内親王は法然を深く想い慕っていました。
 いわば恋心をいだいていました。
 法然上人もそれを知っておられました。
 内親王は法然上人に最後に会いたいと願いつつ
 会えないまま49歳で亡くなられます。


 その亡くなられたのをお聞きになった
 法然上人は詠まれています。

 
  われはただ 仏にいつか あふひぐさ

     心のつまに  かけぬ日ぞなき
 
               法然上人

 (意)
  今の季節の葵(あおい)と「逢う」とをかけ
  こころの端(はし・つま)と妻とをかけています。

  法然上人も式子内親王をいつも気にかけて
  おられたことがわかります。   


 僕は法然上人の像を拝しながら
 そんなことも想います。
 
 それから、シャトルバスで西塔と横川(よかわ)
 も巡りました。
 比叡山は西塔と横川もお参りすることを
 予定すると一日がかりになります。

 う〜ん、しかし
 千日回峰の方はこれを毎日タッタと回って
 お参りして歩くというのは「凄いことだな〜」
 と坂道でフーフー言っている軟弱な僕などは
 感心してしまいます。
 

 まあ僕は、たっぷりお参り出来て
 満足しました。

 弟も日吉大社・比叡山は楽しめたとの
 ことです。

 
 あなたも機会があれば是非お参りして、
 いろんなことを偲んでみるのもお薦めです。
 
 
 人としてこれから自分は
 どう生きたらよいのだろう

 僕はお参りしながらいつも考えます。 

 
 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


湖西の寺をお参りする。 石山寺から延暦寺へ

2018/05/05 00:23
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
5・4(金)


   湖西の寺をお参りする

   石山寺・義仲時・三井寺・近江神宮
   日吉大社・延暦寺
                  
                     
 姫野です。
 今日京都は少し風の強い晴れの一日でした。

 いや〜、ど〜も、ゴールデンウイークを
 いかがお過ごしでしょうか。

 僕は今週大分別府に住む弟が訪ねてきて
 滋賀の寺を見物したいということで
 湖西の寺を案内して巡りました。


 湖西の寺を訪ねるには京阪電車の
 「びわこ1日フリーチケット」(700円)
 が便利です。


 僕はもう何度がお参りしたお寺ばかりですが
 弟は比叡山以外は初めてです。

 今日はそれを少しお話させ下さい。

   石山寺をお参りする

 石山寺は京阪石山坂本線の南の最終駅「石山駅」
 で降りて10分程度瀬田川沿いを歩きます。

 747年聖武天皇の詔勅で建てられたお寺です。
 奈良時代の石切り場の上に建てられました。
 (境内にも大きなごつごつした石があります)


 紫式部が藤原道長に頼まれ源氏物語を書くために
 その着想を得るために滞在したことで有名です。

 また、江戸時代松尾芭蕉もひと夏滞在しました。


  あけぼのは まだむらさきに ほととぎす

                 芭蕉

 また西国観音霊場13番霊場です。

   後の世を 願う心は かろくとも 

    ほとけの誓い  おもき石山


 なかなか美しい境内の趣のあるお寺です。
 
 庭で休んでいたら狸が現れました。
 狸はなかなか愛嬌があります。

 お参りの後、門前のお店で瀬田川・びわこを眺め
 ボートの練習を眺めつつ「石餅」(300円)を
 いただきました。
 
 弟も「石山寺は気に入った」とのことです。
 皆さんも機会があれば一度お参りしてみて
 下さい。

  
   義仲寺(ぎちゅうじ)をお参りする


 不運の源氏の武将木曽義仲のお墓があるので
 義仲寺といいます。今は膳所の町中の小さな寺です。
 
 松尾芭蕉は木曽義仲が好きでした。
 それで生前も何度か訪れて滞在しています。

 芭蕉は51歳で大阪で亡くなりましたが
 遺言で義仲のそばに埋葬して欲しい
 ということで、遺体はここに運ばれ埋葬され
 今も義仲と並んでお墓があります。

 義仲・芭蕉共に本当に現に亡骸が埋葬された
 お墓です。その点は珍しいと言えます。


  からさきの 松は月より おぼろにて


  塚も動け わが泣く声は 秋の風

               芭蕉


 芭蕉の杖なども展示しています。
 今は町中の民家に囲まれた小さなお寺ですので
 単なる観光ならそれほどお薦めしませんが
 芭蕉ファンなら一度は訪ねてみたいお寺
 と言えます。


 膳所からびわ湖畔に出て、ボートや釣りを
 楽しむ人を眺めて、ぶらぶらと湖畔を
 散歩しました。

 
 それから、駅前のロイヤルホストでお昼をいただき
 京阪電車に乗り三井寺と近江神宮をお参りしました。


 この2つは僕個人はさほど好きなお寺、
 神社ではありません。

 ただ、三井寺も有名ですし、近江神宮もその昔
 天智天皇が大津京を定めたところでありますので
 弟にも参考のためにいいだろう。と思い
 お参りしました。

 もっとも、弟も「いまいち」との評価でした。


 まあそんなところで
 一日過ぎました。


 さて
 幸せのために、ブッダの言葉です。


 落ち着いて思慮ある人は身をつつしみ、
 言葉をつつしみ、心をつつしむ。
 あらゆることに慎んでいる。
 彼らは不死の境地におもむく。そこに達した
 ならば、悩むことがない。


 つまらないことに、喜んだり、落ち込んだり
 することは慎まないといけませぬ。
 
 「つつしみを知る」
 というのは人を幸せにします。


 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


この世で人の最上の生活とは何か?

2018/04/27 00:49
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
4・26(木)


  この世で人の最上の生活とは何か
                
                     
 姫野です。
 今日京都はさわやかな晴れの一日でした。
 雨上がりで、新緑もつつじの花も美しくて
 歩くのが楽しくなります。

  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 もうすぐゴールデンウイークですね。

 しかし、もうすぐ5月です。
 あっという間にもう今年も5月だなんて
 「早すぎるぞ!誰に断ってもう5月なんだ!」
 とクレームを入れたくなります。

 
 先日、Yさんという37歳の女性とお話しました。
 とても素敵な方で、考え方もとてもしっかりしていて
 「う〜ん、素晴らしい」と感じました。


 彼女は独身だというので
 「え〜、どうして?」と伺うと

 「私、人を結婚したいほど好きになるのが
  少し怖いんです。
  ですから好きにならないよう気を付けて
  いるんです」というお返事。


  僕もず〜と独身ですので、トホホ…
  その心はわかる気がします。

  結婚するかどうかは別にして
  また性的な関係も抜きにして
  「とっても好き」という関係をつくるのは
  男女間の場合は難しいところがありますね。

  あなたはいかがでしょうか。

  
 さて
 幸せのために、スッタニパータより
 ブッダの言葉を紹介しましょう。
 
 ブッダに問います
 「この世で最上の富は何か?」

 「如何なる善行が安楽をもたらすのか?」

 「実に味の中で美味は何か?」

 「どのように生きるのが最上の生活で
  あるのか?」


 さてあなたの答えは何でしょう。
 

 ブッダは答えます。

 「この世では信仰が最上の富である」
 「徳行にあついことは安楽をもたらす」
 「実に真実が最上の美味である」
 「智慧によって生きるのが最上の生活である」


 誰もがこの世で
 最上の生活をしたいと願います。

 そのためにはブッダは
 智慧によって生きなさいと説かれました。

 世間的な「知恵」では
 人や物の表面の利害損得を、その価値や優先順位を
 適切に計算する能力になります。

 しかし、仏教で「智慧」というときは
 人生や物の背後に宿されている意味を
 深く感得する能力といえます。


 自分の利害や損得の計算を離れ
 心静かに人の背後の真理を探究し
 智慧によってこの人生の荒波を渡りなさい

 最上の生活があなたに訪れますよ

 ブッダはそう説かれるのですね。


 今のあなたの人生の背後には
 どんな深い意味が宿されているのでしょう



 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人間の価値は何で決まるか

2018/04/19 22:07
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
4・19(木)


   人間の価値は何で決まるか
             
                     
 姫野です。
 今日京都はさわやかな晴れの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 藤棚のむらさきもきれいな季節になりました。


 素敵な女性と
 きれいな藤棚の下なんぞで、
 みっちり愛を語りあいたいものだと
 願いつつ、今日まで叶わない僕です。トホホ…
 (お前は女学生か!)

 まあでも
 美しい花の季節は楽しくなります。

   いつとても 君がこころに 咲く花は

    色も変わらず  初夏をまつかな

                修一郎


 いや〜、忙しい一週間で、まだ来週まで
 続きます。

 今僕は会社が休みの日は大学に通って
 勉強しています。
 
 それで今日、講義が終わり階段を下りてると
 前を女子大生2人が話しながら下りてました。

 「あ〜、なんか世の中をバインダーを通じて
  見ているみたい」

 「え〜、それってファインダーじゃない」

 「あ〜、ファインダーだ!」

 女性二人で(アハハハ・・・)

 すぐ後ろを歩いていた僕も大笑いしました。
 

 さて
 幸せに生きるためには
 自分が「人間の価値は何で決まるか」と思っている
 かを知って確認しておくことがとても役に立ちます。


 もちろん正解はありません。
 ただ
 自分が何に価値をおいているか
 それがいろんな判断に影響するのです。

 
 自分が学歴コンプレックスで大変苦しんだ人は
 自分の子供に
 「勉強しなさい。よい大学に行きなさい」
 と口うるさく叱り
 子供ときから遊びを禁じ、勉強を強制させ
 がちになります。


 また、貧乏でお金に苦しんでつらい思いを
 した人は「とにかくお金を稼ぎなさい」
 「無駄使いは一切ダメ」
 自分が無駄と思うことに子供がお金を使うと
 口を極めて非難したりします。


 そんな人は
 人間の価値は学歴で決まる
 人間の価値はお金で決まる

 そんな価値観が心の奥にしっかりと
 あるのです。
 
 でも、何でも行きすぎてしまうと
 周りの人間は人生が楽しくなくなります。

 子供には
 「これはあなたのためを思って言ってる。
  叱っている。」と言い、
  本人もそう思い込みます。

 行き過ぎると
 子供は逃げ場がなくなり
 おかしくなってしまいます。


 幸せな人生のためには
 本当に自分や周りの人を幸せにする価値観を
 心の奥にしっかりと持つということが大切に
 なってきます。


 あなたは人間の価値は何で決まると
 思っていますか。

 そして、それは本当に自分や周りの人をも
 幸せにする価値観でしょうか。


 一度じっくり確認してみるのも
 大切だと思います。



 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


病院の外に健康な日を3日ください。

2018/04/12 22:39
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
4・12(木)


   病院の外に健康な日を3日下さい。
  
   あなたに健康な日が3日あったら
   何をしますか。   
             
                     
 姫野です。
 今日京都は晴れであたたかな一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 今日はご存知の方も多いかとは思いますが
 大島みち子さんのお話をさせて下さい。

 「愛と死を見つめて」
 「若きいのちの日記」
 
 ということで過去映画・テレビ化もされました。

 この大島みち子さんが
 「病院の外に健康な日を3日下さい」という
 お願いをしました。


 あなたなら、何をしますか。
 
 ご存知ない方のために
 ごく概略の前提

 大島みち子さんは21歳で難病のためにこの世を
 去りました。
  兵庫県立西脇高等学校に通う大島みち子は、
 顔に軟骨肉腫ができる難病に冒されていた。
 阪大病院に入院した際、同じ病棟で長野県出身の浪人生
 河野実と出会い、互いに18歳のタイガース・ファン同士で
 意気投合し、退院してから文通を始める。

 その後、みち子が京都の同志社大学、河野実が東京の
 中央大学へ進学してからも文通は途切れなかったが、
 みち子の病気が再発して再入院。
 河野実との文通が闘病生活の大きな支えになっていく。
 しかしみち子は手術で顔の半分を失い、さらに病気は悪化していく。
 そして、1963年8月7日に21歳で逝去されました。

 亡くなる4か月前に
 大島みち子さんが書かれた願いです。

 「病院の外に健康な日を3日ください。
  一週間とは欲張りませんから。ただの3日でよろしいから。
  病院の外に健康な日がいただきたい」
 
 「一日目、私は飛んで故郷に帰りましょう。そして
  おじいちゃんの肩をたたいてあげたい。
  母と台所に立ちましょう。父に熱燗を一本つけて
  おいしいサラダを作って、楽しい食卓を囲みましょう。
   そのために一日いただきたい」

 「二日目、私は飛んであなたのところへ行きたい。
  あなたと遊びたいなんていいません。お部屋の掃除を
  してあげて、ワイシャツにアイロンをかけてあげて、
  おいしい料理を作ってあげたいの。
   そのかわりお別れのとき、やさしくキスしてね」

 「三日目、私は一人ぼっちで、想い出と遊びましょう。
  そして、静かに一日が過ぎたら、三日間の健康を
  ありがとうと笑って永遠の眠りにつくでしょう」


 ここを読むと
 僕は涙が出ます。

 大島みち子さんが私たちに
 人間の幸せとは何かを教えてくれている
 そう感じるのです。

 大島さんが望んでいるのは
 誰にでも可能な、ごくありふれた暮らしの一コマです。
 
 愛する人を想い、愛する人をそばに感じながら
 何気ないごくありふれた普通の暮らしをする。

 私たちは
 幸せになりたいと願いつつ
 人を愛するということを知りません。
 今の命に感謝するということをしません。
 幸せに気付かないまま暮らしているのです。


 しようとおもえば、すぐにもできる
 愛情にあふれて、感謝して暮らす。
 それができないのです。

 いかに自分が、健康に生きて感謝もせず、
 人を愛しもせずに
 おろかに暮らしているか。


 大島みち子さんは
 その愚かさを教えて下さるのです。
 僕の涙は、大島さんへの感謝と
 また自分の愚かさへの涙です。


 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本人の底流に流れる大乗の教え 最終回

2018/04/09 01:02
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
4・8(日)

  
   日本人の底流に流れる
   大乗の教えの最後です。

   心造諸如来 しんぞうしょにょらい
   (こころはもろもろの如来を創る)
   
             
                      
 姫野です。
 今日京都は晴れでしたが風が冷たくコートが
 必要なくらいの寒い一日でした。

 これを僕は「寒の戻り・花冷え」と名付けよう。
 (何、もうそう呼ばれている。しまった
  生まれてくるのが遅すぎた!)
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。


   うかれても 嘆いてもただ 散る花に

     春も心の  つくるものかな

                修一郎


 先日は京都大学の入学式で
 私共の会社では宣伝のためにパンフを配布します。
 朝7:45から会場のみやこめっせ前で配布しました。
 
 ほとんどの新入生が両親同伴でいらっしゃいます。
 なかにはおじいちゃん、おばあちゃんまで一緒です。

 
 僕の頃の感覚では
 もう大学生にもなって親がついてくるのは
 恥ずかしい。

 という感覚がありましたが
 今はむしろ当然という感じです。
 時代の感覚の変化のひとつですね。


 初々しい新入生を観ていると
 みなさん、これから豊かで実り多い人生を
 歩んで欲しいと願わずにいられません。

 まあでも、現実はなかなかそう思うようには
 いかないことも多いだろう…。
 でもそこを乗り超えるのが
 幸せに生きるために必要になります。


 
 さて
 幸せのために、
 日本人の底流に流れる教え
 大乗仏教の基本的な教えの流れを
 空・唯識・華厳とごく簡単に述べてきました。

 今日は華厳経のお話の最後です。
 最後は、華厳唯心偈(けごんゆいしんげ)
 で締めましょう。
 
 
 華厳唯心偈の僕の好きな一節です。

 心と仏と衆生との 
 この三に差別なし
 諸仏は悉(ことごと)く了知す
 一切は心より転ずると

 若しよくかくの如くにさとらば
 彼の人は真の仏を観ん

 もし人三世一切の諸仏を知らんと欲せば
 まさにかくのごとく観ずべし
 心は諸々の如来を創ると


 味わい深い教えです。
 
 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


重重無尽の縁起の世界

2018/04/05 23:42
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
4・5(木)


   重重無尽の縁起の世界
  (じゅうじゅうむじんのえんぎ)  
           
                      
 姫野です。
 今日京都はくもりで少し風のある
 一日でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 先日、仕事先の職場の方の一人が
 「私今日から名前が変わったんです。
  今朝届け出しました」

 てっきり結婚されたと思い
 「お〜、おめ・・・・」と言おうとしたら
 
 すかさず
 「離婚したんです」

 そうか、若い女性が名前が変わったと
 言えばつい結婚と考えてしましますが
 今は離婚も頭に置いておく必要もある
 ということに気付かされました。
 

 「結婚を続けるうえで大切なことは
  何だと感じましたか」と伺うと

 「う〜ん、相手への思いやりだと思うわ」

 「結婚前は気付かなかったのですか」

 「結婚前はちょっと2人でデートして、一緒に
  遊んだくらいだったので、それだけでは
  わからなかった」


  まあほんとに、僕も相手がどんな人か
  ちょっと会ったくらいではなかなか
  わかりません。

  少し一緒に仕事したりしていて、初めて
  「こんな人なんだ」とやっとわかって
  きます。


  もう大分昔の話になりますが
  外見はとても可愛くきれいな女性でした。
  でも少し一緒に仕事していて、その性格に驚きました。
  
  「視野が狭く、わがままで、自分のことしか考えない
   のに自分は無反省で、人の悪口ばかりを言う」
  という典型のような女性でした。
  でも外見からは一見そうは見えないのです。


  その方が、僕もお顔だけ知っている男性と
  結婚されると聞いて
  「あ〜、多分やめたほうがよいのにな〜」
  と男性にひそかに同情しました。


  やはり2年くらいで離婚されました。

  相手が本当に自分の方向性と合っている方か
  というのは、ちょっと会ったくらいでは
  本当にわからないものがあります。

  
  
 さて
 華厳の教えの続きです。

 1 「一入一切・一切入一」
  (いちにゅういっさい いっさいにゅういち)
   一粒の塵(ちり)の中にも、
   全宇宙が織り込まれている。

   あなたという、一個人の中にも
   全宇宙が織り込まれている
   と考えると分かり易いかと思います。


 2 あなたは「重重無尽の縁起の世界」にある
   という教えです。

   1つのものは、重なり合う無限の関係性の中で
   浮かび上がってくるもので、
   すべては繋がり合う関係性の中で存在している。


  あなたは父母・家族・先祖などだけではなく
  自然や社会すべてがつながり合っている。
  
    
  そして、そのことはさらに、苦しみの中でも
  輝く仏の大悲は十方世界すべてに及んでいる。
  
  あなたは意識していなくても
  仏の大悲はもらさずあなたにも及んでいる。


  ですから日々人間としての完成の道
  智慧の完成を目指して精進しなさい。
  という教えを説かれたものです。


  いかがでしょう。
  人間としてあなたは自分がこれでよいと
  思っていますか。


  一見取るに足りない、無視してもよいような
  芥子粒にもみたない存在の、あなたの生き方が
  重重無尽の縁起のなかで
  子供だけでなく、この世界に影響をもつのです。


  どう生きるかは自由ではありますが
  そうすると、少なくとも悪いことはしてはいけない
  もっと自分の人格を磨かなくては
  などと僕などは思ってしまいます。

 
  あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都の桜吹雪を観ながら・・・華厳の世界を考える

2018/04/02 02:13
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
4・1(日)


   京都の桜吹雪をみながら…
   華厳の世界を考える
  
           
                      
 姫野です。
 今京都はさくら吹雪の見事な
 晴れの一日でした。

 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 はや今年も今日から4月です。

 僕は小栗栖に移って醍醐にある
 コパンスポーツクラブに申し込みました。

 今日もいつものようにマシントレーニングのあと、
 プールで軽く泳いだ後、スーパー平和堂で
 アメリカンクラブハウスサンドと野菜の煮物
 きな粉のおはぎ1つ、たこ焼きを買って
 さくら舞う山科川の土手でいただきました。

 いや〜もう「美味しいの美味しくないの」
 (どっちだ!)


 土手に咲く
 さくら、モクレン、ユキヤナギを眺めて
 いただくと、もう、何でもおいしいです。

 醍醐山の緑の屏風、山科の川の流れ、晴れた空…
 「あ〜、ありがたいな〜」と感じます。

 
  うぐいすも 枝踏み外す さくらかな

               修一郎

 
 さて
 華やかさの中で、幸せのために
 華厳の教えについて少しお話ししましょう。


 大乗仏教はすべての民衆が幸せになるには
 どうしたらよいのか。

 そんな切実な願いから産まれました。

 それを基礎づける教えがどうしても
 必要になります。


 それで
 龍樹の空(くう)の教え
 唯識(ゆいしき)の教え

 についてみてきました。

 そして法華経が生まれます。
 法華経は 
 「一切衆生 悉有仏性」
 (いっさいしゅじょう しつうぶっしょう)
 「久遠実成の釈迦牟尼仏」
 (くおんじつじょうの しゃかむにぶつ)
 を説く教えです。

 それまでは、出家して修行したものだけが
 「さとれる」「仏になれる」という教えだったのを


 いや在家でも、すべての衆生は仏になれるのだ
 なぜなら、「仏性」を本来持っているからだ。

 お釈迦さまになるというのではなく
 お釈迦さまの産まれる前から存在した
 お釈迦さまの背後にある仏様になれるのである。

 そう解釈して
 大乗仏教のすべての民衆が仏になれるという
 根拠を説きました。

 
 そして、
 それをさらに理論面から基礎づけたのが
 「華厳経」になるわけです。

 ですから
 華厳経には、「縁起」「空」「唯識」などが
 ふまえられ、
 およそ日本仏教のすべての宗派の教えの
 底流に流れている教えが含まれています。


 法華経は比叡山延暦寺で最澄が教え
 華厳経は奈良東大寺で早くから教え
 そして弘法大師(空海)の密教は
 この華厳経の変形で真言宗として伝わりました。

 今の私たち日本人の考えにも影響を与えています。

 学者や僧侶の方からは批判されるかも知れませんが
 素人としては、そう大きく押さえておけば
 そう大きな齟齬はないと思います。


 華厳経の教えの根本は何か

 1 「一入一切 一切入一」

 2 「重重無尽の縁起」
 
  釈迦のさとりの世界と
  菩薩道とを説くのです。


 細かなことは難しくて素人には
 面倒で理解しにくいです。

 大きくここだけを押さえておけば
 よいと思います。

 
 法華経がすべての衆生は仏になれるのだ
 と教え

 華厳経が
 そのさとりの内容と菩薩になる道を
 教えている。

 そういうお経なのだという理解。

 ここが分かれば
 あなたも明日からブッダです。
 (そんなアホな!)


 いやまあ、この暮らしにくい人の世を
 平安に暮らすのに、とても参考になります。

 
 華厳の教えの具体的な内容については
 長くなりますので、次回にしましょう。

 
 つづく…


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都の満開の桜を見ながら・・・思うようにならないことを考える

2018/03/29 22:14
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
3・29(木)


   京都の満開の桜をみながら…
   思うようにならないことを考える
  
           
                      
 姫野です。
 今京都はさくらが満開を迎えて
 あたたかい絶好の花見日和の晴れの一日でした。

 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都はさくらが満開を迎えています。
 桜見物なんぞは
 「おめでたいミーちゃんハーちゃん」のやることです。

 で…、もちろん
 おめでたいミーちゃんハーちゃんの僕は
 桜見物に出かけました。
 

 今日は休みで平安神宮そばの細見美術館を
 訪ねました。江戸琳派の絵を楽しんだ後
 ぶらぶらと桜を眺めて散策いたしました。

 お昼は、美術館の隣の蕎麦屋で
 ざるそば(880円)をいただきました。

 満開のさくらが見事で
 見ているだけで嬉しくなります。
 木曜日ですが観光客であふれています。
 行きかう人もみんな楽しそうです。


  染めやすき 人の心や 花の径(みち)

               修一郎

 
 さて
 楽しそうに桜見物に行きかう人も
 みんな今生きています。(当たり前だ!)

 しかし、
「自分はこれからどう生きたらよいのだろう」
 という問題を誰もが心に抱えています。

 こうした問題の答えを
 学校でも、家庭でも誰も与えてくれません。
 
 しっかりした人生の意味や生き方をもって
 生まれてくるのではなく
 理屈より先に、自分という存在がまずあるのです。

 
 世の不公平・不合理・嫌で煩わしい人間関係
 生活の困窮、
 金や暴力を目にして、生き方に迷ったとき
 人生に疲れたとき
 頼るしっかりした教えがないことに
 はじめて戸惑います。


 かといって、合理的な理性人も多い現在
 既存の宗教や新興宗教や祈祷師などに
 頼る気もしない方も多いでしょう。

 どうしたら?

 手軽で安直な答えなどはないと思います。
 一瞬であなたをしあわせにしてくれる
 ものはありません。あれば危険です。


 ブッダはおっしゃいました。
 「人生は思うようにはならない」
 (一切皆苦)


 愛してはもらえない苦しみ
 貧困家庭に生まれた苦しみ
 老いの苦しみ
 病気の苦しみ
 嫌な人や仕事でも暮らしのためには
 しなければいけない苦しみ
 などなどキリがありません。

 思うようにはならないものを
 思うようにしようとするから苦しみが始まる


 思うようにはならない人生を
 思うようにはならない愚かな自分を
 受け入れる

 
 現在の自分を静かに受け入れるところから
 すべてが始まります。

 思うがままにはならないことは
 思うがままにはならない
 としっかり見つめて自覚して受け入れる。


 人は誰もまるっきりの馬鹿ではありません。
 冷静にしっかり見つめ、受け入れると
 そこから、また新たなよい方向性が
 出てきます。

 継続的で長い取り組みです。

 そうしてすごしていると、
 明るく前向きに物事を観る余裕も出てきます。


 あなたの悩み、不安、不快感など
 この世の一粒の塵(ちり)の大きさでもないのです。
 
 大きくこの地球に視点を移しましょう。

  
  花に舞う 塵やひとつの 悩みかな

              修一郎


  峰のいろ 谷の響きも 皆ながら

    わが釈迦牟尼の  声と姿と

              道元



 思うようにならないことは
 受け入れることによって解決するのです。


 今あなたはいかがでしょうか


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


氷がとけると何になりますか。

2018/03/21 22:20
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
3・21(水)春分の日


   氷がとけると何になる
        
                      
 姫野です。
 今日京都は細かい雨が降ったりやんだりの
 春らしい一日でした。

 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 なんだかんだと言っても春めいてきました。
 今日僕は焼きそばをいただきました。
 春は焼きそばです。(そんなアホな!)


  春の夜や 宵あけぼのの そのなかに

               蕪村

  (意)
  この句の意味は、中国では春は宵(よい)が
  日本では春はあけぼのがよいといわれる。
  しかし、春の夜もまたよいものだ。
  という蕪村らしい一句です。


 僕は春はやはり桜が待たれます。
 美しく満開になったと愛でているまに
 はらはらと散って行くのが、また
 何とも言えず風情があります。
  もうすぐですね。

 あなたはいかがでしょうか。


 さて
 今日は私の恩師、川添泰信先生の受け売りの
 お話になります。

 もうだいぶ以前の話ですが、先生が新聞の
 コラムで読んだ話をされて

 札幌の小学校低学年の理科の試験で
 「氷は溶けると何になりますか」という
 試験問題で「春になる」と答えた女の子が
 いて、正解にしたかった。という記事を読んで
 印象に残った。


 それで
 先生が「では、人は死ぬと何になりますか」
 と学生に問われたわけです。

 いかがでしょう。
 あなたは死ぬと何になりますか。

 また角度を変えると
 「あなたは自分が死んで何を残したいですか」
 とも問えます。


 「死んだら灰になるだけだ」というなら
 理科の試験の解答になります。
 自分とはこの身体(肉体)だと思っている
 とも言えます。


 すべての人の本質は身体ではなく
 その人のスピリットだと言えるでしょう。
 
 なかには
 「あの人が死んでくれてホッとした」
 などと言われる方もいるでしょう。
 
 また
 「あ〜、あの方はよい方だった」
 そう感じさせてくださる方もいます。
 その方を想うと生きる力も湧いてくる。

 そんな人になれると素敵だろう。
 まあそう思うのです。

 
 あなたは死んで何を残したいか
 それがその人のこの世での人柄をも決める
 と思います。

 さてどうでしょう
 
 あなたが死ぬと何が残りますか。
 あなたは死んで何を残したいですか。



 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる