ただあるがままに       姫野 修一郎

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜときに人生がむなしくなるのか?(2)

<<   作成日時 : 2018/06/28 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
6・28(木)


   なぜときに人生がむなしくなるのか(2)
   なぜまだ死にたくないのか
            

 姫野です。
 今日京都は蒸し暑い晴れの一日でした。

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや〜、もう蒸し暑くて、
 家に帰ってシャワーを浴びて
 さっぱりして、下着姿でコーヒーを飲んでいると

 「ふ〜、人間の幸せとはシャワーを浴びる
  ことかもしれない」などと感じます。
 (そんなアホな!)

 いやまあ、
 今日も特にどうということのない人生を
 特にどうということもなく過ごして
 「やれやれ、1日がとにかく無事に終えてよかった」
 などと感じている僕ですが

 あなたはいかがでしょうか。


 さて
 幸せのために、前回
 なぜ、私たちはときに人生がむなしくなるのだろう。
 なぜ、まだ死にたくないと思うのだろう。

 という話をしていました。

 そして一つの切り口として
 
 何か今の自分の人生が「むなしい」と感じるのは

 何かまだ「しっかりとした本物に出会っていない」
 深く自分で納得できる満足感を味わっていない。
 深い不滅の満足感・安心感が自分にない。


 そう感じることが
 一つ大きな原因としてあるのではないか。
 そうお話をしていました。

 私たちは人生を
 通常の分別で生きています。

 その人やものは自分にとって
 ・損か得か
 ・敵か味方か
 ・勝ちか負けか
 ・人や物が自分にとって利用価値があるか
 ・好きか嫌いか・・・などなど

 こんなことばかりを意識もせずに瞬時に判断し
 人生の勝ち組になって、幸せに気分よく暮らそうとして
 得意になったり、落ち込んだり、しています。


 若いときはそれでも済みます。
 しかし、誰もが老いや死をむかえます。

 老いや死は勝ち負けで見れば敗北です。
 美しさ、体力などもう若い人には負けてしまうのです。
 いくら金を積んでアンチェインジングなどと頑張っても
 もう勝てません。下手に若ぶるともう痛々しくなります。

 
 そう、今の先進国の文化の中では
 誰もが、深い満足感などなく老いて
 むなしく敗北で終わる人生を生きることになります。

 なかにはもう若いうちに先が見えて
 人生をむなしく生きる人も多くなります。


 何がそうさせるのでしょう。

 人生を観る視点が不足しているのです。

 人生を合理的分別のみで見てしまうのです。

 分別の眼だけでなく
 人生を仏の智慧の眼で見る
 神の眼で見る

 という視点を持たない限り
 人生は今一つ満足感のないまま
 「私の人生は何だったんだろう」

 という疑問のままで終わることになります。

 
 ですから、前回人生がむなしいと感じるのは
 「人が宗教的なものを求める叫びだ」といえる
 とお話したわけです。
 

 では
 自分の人生を、仏の智慧の眼で見るには
 「どうすれば」と疑問になります。
 
 
 ひとつ道元禅師の言葉が参考になります。 

 仏道をならふというふは、自己をならふなり。
 自己をならふといふは、自己を忘るるなり。

 自己を忘るるといふは、万法に証せらるるなり。
 万法に証せらるるといふは、
 自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。


 身心脱落  道元
 
 六大は無礙(むげ)にして、常に瑜伽(ゆが)なり
                 空海
 南無阿弥陀仏におまかせする
             法然・親鸞

 
 いろいろな道があります。
 別に特定の教団の信者になる必要はありません。
 その根本の意味を理解し体得すればよいと思うのです。
 
 この意味については
 長くなりますのでまた次回に

 さて
 あなたはいかがでしょうか。


 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
なぜときに人生がむなしくなるのか?(2) ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる