ただあるがままに       姫野 修一郎

アクセスカウンタ

zoom RSS DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第5回 あなたが不治の病になったとき

<<   作成日時 : 2018/10/19 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
10・18(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第5回
   あなたが不治の病になったとき
  
   
 姫野です。
 今日京都は晴れの秋らしい一日でした。
 
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都は名所・旧跡めぐりの季節になってきました。
 紅葉は毎年11月中旬から下旬が一番です。

 「きれいな紅葉ね〜」
 「いや君の方がきれいだよ」

 などと恋人同士が、
 甘く「ほざく」季節でありまする。

 東山の上に月がきれいな季節でもあります。
 僕は折々、夜会社の帰りなど
 鴨川べりでよく「ボ〜〜」と眺めて
 過ごします。これがなぜか楽しいのです。

 
  つひにゆく 道とはかねて 聞きしかど

    昨日今日とは   思はざりしを

               在原業平

  (意)
   まあ解説の必要はない、平易な分かり易い
   歌です。ただ、あたりまえだけに、ホントに
   そうだな〜と思わせます。


 つい半月前、僕の友人から聞いた話です。
 金曜日にその友人が
 知りあいと月曜日に会う約束をしていたのに
 その金曜日の夜にその友人は亡くなりました。

 アメリカ人の夫と結婚されたのですが、別れて
 日本に帰ってきて、英会話を教えてひとりで暮らして
 いました。英会話学校の職員が、土曜日出社せず
 電話してもでないので、訪ねて発見。

 不審死として警察から友人に、
 友人が最後のメール相手ということで
 電話があり、その死を知ったとのことです。

 「いや〜、ぞっとして鳥肌が立ったぜ」
 
 最近眠れず、悩んでいて
 睡眠薬を飲んでいたのを、飲みすぎて、
 それが引き金となった死だろうとのことです。
 
 資産家の女性で、暮らしには困りません。
 僕のような貧しい庶民からすれば
 「それなら、何の苦労もないだろう…」
 と思うのですが
 人生そうは出来ていないのですね。


 さて
 幸せのために
 
 題して DNAの声を聴け!第5回
 生老病死の捉え方
 今日は「あなたが不治の病になったとき」
 「病」を考えてみましょう。

 病といっても
 治る病気なら、苦しみはあっても
 人はさほど悩まずに済みます。

 今、問題なのは
 近代医学でも、治療法もなく
 「あと数年の命、半年の命」の方に対して
 どうするか。ということです。

 日本の医学では
 医師・看護師に対して
 とにかくいつまでも元気に若々しく暮らせる
 よう治すのが、医師の務めとして教えられる
 のみです。

 もう治らず、死を待つ人に対して
 どう対処するかということが
 日本の医療にはないのです。

 とにかく1日でも長く延命するという
 治療です。

 しかし、患者は、もう意識もないのに
 ただ延命だけされて
 本当に幸せでしょうか。

 あるいは、もう死ぬと分かっているのに
 無駄な治療らしきものをされて
 幸せでしょうか。

 医師自身が「自分はここまでして
 長生きしたくはない」と語る人が
 多いのにそうしているのです。


 ガンで後半年で死ぬという時
 意識のある患者は何をして暮らせば
 よいのでしょう。


 あなたは、あと一年、半年の命というとき
 何をして暮らしますか

 どう暮らせば幸せな人生と言えるでしょうか?


 私たち現代人にとっても
 こんなときに、命とは何か、生きるとは何か
 よい宗教心、よいこころの在り方の必要性が
 はじめて切迫したものとして現れてくるのです。


 特に特定の宗教の信者でない方でも
 (僕もそうですが)
 まだ健康な今
 深く考えておくとよい問題です。
 
 あなたはどう暮らしますか
 僕の考えは次回に 

 つづく…  
 
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
DNAの声を聴け!生老病死の捉え方第5回 あなたが不治の病になったとき ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる