ただあるがままに       姫野 修一郎

アクセスカウンタ

zoom RSS DNAの声を聴け! 生老病死の捉え方第9回 ブッダの教えの全体構造

<<   作成日時 : 2018/11/09 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2018年 平成30年 
11・08(木)


   DNAの声を聴け!
   生老病死の捉え方 第9回

   ブッダの教えの全体構造
    
   
 姫野です。
 今日京都は比較的あたたかな晴れの一日でした。
  
 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都の紅葉も見頃になりました。
 修学旅行生も目立つけふこの頃です。

 学生服やセーラー服姿の制服を着た中学生を
 みると、それだけで微笑ましくなります。
 

  懲りもせず うき世の闇に まがふかな

   身を想わぬは  心なりけり

               西行

  (意)
  こりもしないで、あれこれ悩むことだな〜。
  自分の幸せを願っていないのは、私の心
  といえることだよ。
   確かに、そうも言えますね。

  
 さて 
 題して DNAの声を聴け!第9回
 生老病死の捉え方です。

 
 あなたがこの世に生きる意味、
 また死をどう迎えたらよいのか
 
 幸せに生老病死の人生を送るためには
 どんな心で生きればよいのか


 僕は2通りの捉え方がよいと思っています。

 ひとつはブッダが説かれた道
 もう一つは、日本で生まれた浄土教・浄土真宗の
 絶対他力の捉え方です。

 基本はブッダの捉え方になります。

 お釈迦様、ゴータマ・ブッダの仏教の教えの
 全体を簡単に分かり易くかいている本が
 まだありません。

 宗教団体の出す本は
 その教団の教えの部分に関連して
 部分的にしか書かれていないのです。

 あるのかもしれませんが
 僕は出会っていません。

 ですから、多くの日本人は、
 お釈迦さまが実際には、どんなことを全体として
 言いたかったのかを知りません。

 まあそこで
 僭越ながら、「僕が書いてくれよう」
 というわけです。

 当然ながら、とても深く参考になります。
 その教えは、一般のイメージとは異なり
 理知的で、哲学的です。
 病気治しの奇跡や予言。大日如来、阿弥陀仏など
 日本でお馴染みの諸仏などの話は出てきません。


 すべての人が幸せに生きるための
 <ブッダの教えの全体構造>

1 結論
 
  生きているうちに、修養して
  一日も早く、自我への執着を離れ、
  自己の生老病死の苦しみを脱却し
  深い安穏を得て
  すべての生きとし生けるものの幸せのために
  ごく自然に無理なく働ける人となりなさい。

  そういう教えです。

2 そのためにどう自己を修養すればよいのか。
  そのための前提として基本になるもの

 1 慈悲のこころをもて(情的な面)
 2 智慧(叡智)をもて(知的な面)
 3 自己の心を律せよ、制禦せよ
 4 社会において倫理的行動をとれ

3 修養方法

  修養の基本は<中道を歩め>です。
  さとりにいたるためには

  1 極端な快楽主義
  2 極端な禁欲主義

 はとらない。それで悟りは得られない。
 中道を歩みなさい。

 <中道による八正道>
 
 1 正見  ものごとをあるがままに観なさい
 2 正思  正しく思考しなさい
 3 正語  正しく言葉を使いなさい
 4 正業  正しい行いをしなさい
 5 正命  正しい生活をしなさい
 6 正精進 正しい努力をしなさい
 7 正念  正しく注意をしなさい
 8 正定  正しく精神統一をしなさい
  
4 これにより一日も早く悟りを完成させなさい
  
5 そして悟りを完成させたら、
  やすらかな心で、自己の利害損得、欲望などはなしに
  ごく自然に無理なく利他行をおこなえる人に
  なります。またそうならないと、すべての人が
  幸せになることはできません

  
 ごく簡単に言うと
 こう教えられているわけです。

 全員が出家して僧侶になりなさい
 とは言っていません。
 
 また、さとって人里離れた林の中で
 ひとり暮らして人生を心穏やかに送れ
 とは言ってはいません。

 悟って自分一人が苦しみから脱した
 と喜ぶのではありません。
 
 むしろさとったら、生きとし生けるものの
 幸せのために社会で役立てる人となりなさい
 自然に行動して人の役に立てる人となりなさい
 と教えています。

 <難しい点>
 ブッダの教えは、とても素人にも分かりやすく
 そのとおりだと感じ、思います。

 ただ
 八正道を実践し悟りを完成させる。

 煩悩に執着せず 
 生きて、すでに生死を離れる
 
 というところが、私のような凡人には
 とても難しいところです。トホホ…

 あなたも多分そうだと思います。
 
 無我・空・縁起の理解のうえに
 その境地は禅の教えの言葉にあるように
 「不立文字」  言葉ではいい表せない
 「教外別伝」  経典の外でしか伝えられない
 「直指人心」  直接自分の心をつかめ
 「見性成仏」  そして本来の自分になる。自分が本来仏と知る
   
 という境地で
 自分でつかむしかありません。

 ぜひ子供にも早くから教え
 これに励むべきだとは感じます。
 
 ただそれにしても
 個人の理解能力差や、その方の生来の性質
 などもあり
 これは万人向けとは言えない 
 という面があると僕は思います。

 そこでもうひとつの
 「他力の教え」というのもとてもよい
 僕はそう思うのです。

 長くなります
 他力の教えについてはまた次回に…

  
 つづく…

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
DNAの声を聴け! 生老病死の捉え方第9回 ブッダの教えの全体構造 ただあるがままに       姫野 修一郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる