心とは何か?(2)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 令和元年(平成31年) 
5・25(土)


   心とは何か(2)

   
 姫野です。
 今日も京都は晴れて暑い一日でした。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都はもう陽ざしが強すぎて、
 観光の方も日陰を求めて歩いています。
 日なたの花もちょっぴりつらそうです。
 
  色見えで うつろふものは 世の中の

   人の心の  花にぞありける

              小野小町

  (意)
  あなたは心変わりをして
  もう私を好きではなくなったのですね。

  花の色の移ろいは目に見えるが…
  目には見えず、人の心は移ろいます。 

  素朴に人を好きになる心は
  とてもよいものだと感じます。
  でも、わずかなことで
  好きになったり、嫌いになったり
  有頂天になったり、心折れたり
  の人生です。


 さて
 あなたの幸せは
 あなたの心が創ります。
 
 あなたは自分の心を知っていますか?
 「心とは何か」の話をしていました。

 なぜ自分はそうするのか
 なぜ自分はそう感じるのか

 本当に自分はそうしたいのか
 私たちは分からずに人生を過ごします。

 なぜでしょう?

 無意識が心の大半を占めているからです。

 人は
 意識している自分、意識できる部分が
 人生と思って過ごしています。

 それが不幸と苦しみの原因です。

 あらゆる概念はそれを立てると
 必ず影に反対概念反対欲求が隠れています。

 幸せは不幸を生み
 善は悪を生み含みます

 自分の意識の世界が人生のすべて、
 自分の本性と考えて生きると
 常に不幸の影がついてまわります。

 表層の自分の意識
 それが自分の本性のすべて
 あなたの人生のすべて
 ではないのです。

 人の表層の意識は矛盾混乱しています。
 私は自分勝手な人間だ
 私は食い意地のはっている人間だ
 私は生来色好みの人間だ
 私は生来のなまけ者だ
 
 など、などを含み
 反対概念や欲求と戦いつつ

 自分は正しい、悪くない
 とプライドの維持に汲々として生きる
 器の小さな愚かな人生でしかなくなります。

 そのことは、ぼんやりとでは
 あっても多く人は自覚しています。

 それでは、普通の正常な人間なら
 心から幸せにはなれないでしょう。

 あなたの心の大半は
 無意識で出来ています。

 とすると
 幸せのカギは、無意識にあります。

 あなたの無意識を無視しては
 人生の深い歓びは得られないのです。

 でも
 無意識は
 自分では意識できないから無意識です。

 どうしたら
 矛盾混乱した表層意識。
 表層のすぐ変わる欲求と 
 欲求不満から抜け出して

 自分の無意識を味方に生きることが
 できるのでしょう?

 長くなります
 続きはまた次回

 つづく…
 
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。