ブッダの説く幸せの道(4) 正語

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2021年 令和3年
5・2(日)


   ブッダの説く幸せへの道(4)正語
  

 姫野です。
 今日京都は基本くもり時々陽が射し
 時々雨がパラつく冷たい風の一日でした。

 ど~も、
 GWをいかがお過ごしでしょうか。
 
 5月に入りいろんな花が美しく咲く
 季節になりました。
 清い水の流れと共に眺める
 つつじの花の白も「いいものだな~」
 と感じています。


  みなかみは 清き流れの 水間寺

    願ふ心の  底は濁らじ 


 仏教では人の苦しみの原因は
 「無明」にある。
 真理に暗い、すなわち
 自分の本質を知らず
 因果の道理に気付けない

 ただ、生活のためにあくせくして
 お金や性欲、
 自分や家族の生活の不安のなかで
 恨み、妬み、怒り、傲慢と後悔
 人間関係の軋轢の感情の波に
 漂って生きている人と観るのです。

 「ここから抜け出る道がある」
 ブッダはそう説かれたのです。
 
 
 さて、
 前回の話の続きで今回は「正語」です。
 人生は誰であっても
 思う通りにはなりません
 そうすると
 全員が深い幸せははじめから
 無理な話になります。

 でもそうした、一切皆苦の人生で
 変わることのない
「深く満ち足りたこころ」「幸せなこころ」
 を獲得する道がある。それが八正道です。

 ブッダは意外に簡明に説かれています。
 
  苦しみの世から  
  滅諦に至るための道が「八正道」の実践です。
  1 正見
  2 正思
  3 正語
  4 正業
  5 正命
  6 正精進
  7 正念
  8 正定

 1 正見とは
   
   あるがままに物事を見よ
   
   あるがままに事実を観て
   嫌なことであっても
   事実ならば
   事実は素直に認め、受け入れていく
   これが人の幸せの基礎です。

 2 正思とは

   我欲を離れ
   悪意をもたず
   危害を与えない
   正理と人の道(法)に従った
   正しい考えをもちなさい。

 3 正語とは

   よい言葉を口にし、汚い言葉を使わない
   偽りを言わない

   昨今の
   韓国や中国の政治家の発言を聴いていると
   自分を常に正当化し
   悪いことはすべて他人のせいにして
   なるべく相手の心が傷つくような悪口
   と嘘・偽りが多いです。

   正しい人の道に外れています。

   とても見苦しく愚かな人の姿です。
   でも、気を付けていないと
   誰であれ
   いつしかそうなってしまいがちです。

  あなたはいかがでしょうか?


 つづく…

 ではでは
 愛を込めて! Mahalo!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。
 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/
 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント